瑠璃のかなたに

大村雄治・ 古川晴風・有田潤共著 やさしいラテン語読本16

アッピウス クラウディウス
高名なアッピウス クラウディウスは古代ローマ人であった。
ローマには十分な上水がなかったので、アッピウスは長い水道を建設した。
この著名な水道アクワ・アッピアは高い地域からローマ市民のもとへ静を運んできた。
アッピウスはまたローマ市からカプアにいたる長い道路を建設した。これがヴィア・ アッピアである。
アッピウス クラウディウスの名はこの水道と道路によって顕著であったがローマの元老院のおいてもアッピウスは有名であった。
しかし晩年にはすでに盲目だったので元老院にそうたびたび主席しなかった。
[PR]
# by pypiko | 2017-12-11 10:51 | その他

伊作文 やさしいラテン語読本 15

Romolo e Mars 2
Il cielo si rischiarì di nuova.
Romani stavano nuovamente camminando per il campo Marcio. Ma nessuno trovò il re.
Tra poco un giovane di Roma Giuliano procedeva nella strada di Roma.
Lui improvissamente vide Romolo grande e sereno sul brodo sinistro della strada.
Tremava come una foglia ed i suoi capelli drizzavano per paura.
Ma Romolo disse con le parole dolci. "Giuliano! Non hai niente da temere.
D’ora in poi voi i Romani adorate la volontà divina e Romolo chiamate Quirinus.
E costruite il tempio e l’altare e offrite i doni sull’altare.
Sempre pensate alla tattica ed i armi e tempratesi il corpo e la mente diligentemente.
Se così fate, Quirinus custodirà il popolo romano“.
Ecco Giuliano comunicò le parole di Romolo ai Romani. Pòi i romani costruirono un tempio circolare. Adrarono la volontà di Quirinus nel tempio circolare.
[PR]
# by pypiko | 2017-12-11 10:21 | 語学

大村雄治・ 古川晴風・有田潤共著 やさしいラテン語読本15

ロムルスとレムス2
空は再び晴れた。ローマ人はカンプス・マルチウスを再び歩いていた。
けれども王はどこにも見当たらなかった。
やがてローマの青年ユリウスがローマの道を進んでいった。
彼は左手の道端に突然、偉大な晴れ晴れとした様子のロムルスを見た。
彼はひどく恐れおののき、髪は逆立った。
しかしロムルスは優しい言葉で言った。「ユリウスよ、恐れることはない。
これからはローマ人は我が神意を崇め、ロムルスをクイリヌス(昇天以後のロムルスの神名)
と呼ぶがよい。神殿と祭壇を建てて、祭壇には贈り物を運ぶがよい。常に戦術と武器を心掛け
武装して熱心に身を鍛えるがよい。かくすればクイリヌスはローマの人民を守るであろう。」
そこでユリウスはロムルスの言葉を人民に伝えて、ローマ人は円形の神殿を建てた。
彼は円形神殿でクイリヌスの神意を崇めた。
[PR]
# by pypiko | 2017-12-11 10:07 | その他

伊作文 やさしいラテン語読本 14

Romolo e Mars 1
Nella parte di curve del fiume Tevere si trova il campo Marzio(Piazza d'armi).
I giovani di Roma fortificavano il corpo intensamente nel campo Marzio.
Per questo i giovani di Roma avevano il corpo robusto.
Dopo l’esercizio nuotavano nelle onde dorato del fiume Tevere.
Il fiume Tevere dava vigore ai corpi stanchi.
Allora Romolo lì aveva il tribunale civile per caso. Lui lodava il buon cittadino, puniva il cittadino cativo.
Improvvisamente, il tuono sorprese il popolo. Una pioggia torrenziale dal cielo eliminò gli uomini e le donne.
Ma solo Romlus rimase con perfetta calma senza paura e stava guardando suo padre in cielo Mars.
E Mars chiamò Romulus con le parole dolci e disse a suo figlio.
"Hai completamente dominato la terra. D'ora in poi dovrebbe diventare governante con tuo padre e gli altri dèi nel cielo e le stelle.
Toglierò mio figlio in cielo”. Poi Mars corse in cielo con il cavallo meraviglioso.
Romolo salì alle stelle con suo padre.
[PR]
# by pypiko | 2017-12-03 13:21 | 語学

大村雄治・ 古川晴風・有田潤共著 やさしいラテン語読本14

ロムルスとマルス1
ティべリス河の湾曲部にカンプス・マルチウス(練兵場)がある。
ローマの青年たちはカンプス・マルチウスで熱心に身体を鍛えた。
だから彼らは頑丈な身体をしていた。
競技の後で彼らはティベリス河の金色の波間で泳いだ。
ティベリス河は疲れた体を元気づけた。
たまたまここでロムスは市民の裁判をしていた。彼はよい市民をほめ悪い市民を罰した。
突然、雷鳴が人々を驚かせた。天から降ってきた大雨が男と女を追い払った。
けれどもロムスだけは落ち着いて恐れを見せずにじっとしていた。彼は天の父なるマルスを見つめていた。
するとマルスは優しい言葉で息子を呼んで彼に言った。
「おまえも充分地上を支配した。今からは天と星の中でお前の父とその他の神々とともに支配者となるがよい。
余はわが息子を天に連れ去るであろう。」それから彼は素晴らしい馬を天に駆けった。
ロムルスは父とともに星まで登った。
[PR]
# by pypiko | 2017-12-03 13:20 | その他