瑠璃のかなたに

トングという道具

日頃名前を意識しないまま使っているものがあります。例えば砂糖壺から角砂糖を一つつまんでコーヒーに入れる時に使っている道具はトングと言うそうです。何となく日本語の響きがして始めて耳にしたとき○○具と漢字を当てはめようとしましたが思いつく漢字はありませんでした。10日ばかり悩まされたすえ、やっと英語から借用された言葉だとわかりました。
電子辞書のジーニアス英和辞典によると
tong (動)(他)
1(はさみ道具(tongs)で)・・・をつかむ、集める; (カキばさみで)<カキ>を集める。
2 (ヘアアイロン(curling tongs)で)<髪>をカール[整髪]する。―(自)はさみ道具を用いる。トングではさむ。
とありました。はさみ(scissors)やめがね(glasses)などようにトング(tongs)も複数形で使われるそうですが、複数単数を区別しない日本語では、トングが一般的に使われているようです。いわゆる和製英語です。
•万能トング
•スパゲッティトング
•サラダトング
•ブレッドトング
•バーベキュートング
•ケーキトング
•角砂糖トング
•アイストング
•アイスクリームトング
•レトルトトング
などがあるそうです。
昔、日本ではどこの家庭にもあった火ばさみもトングなのでしょうね。火鉢とともに昔懐かしい日本の家庭の一こまが思い出されました。
[PR]
by pypiko | 2012-09-11 10:02 | その他