瑠璃のかなたに

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本 19ー2

19-2 カエサルの部下 コンシディウス
カエサルは同じ日に偵察隊から敵は自分たちの陣営から数千マイルというところに陣営を張っているとの情報を受けると山の形状や周辺の勾配などを調べさせために兵士たちを送った。
第三夜警時に司令官代理のラビエヌスに二個軍団を複数の道に精通した案内人とともに山の頂上へ上るように命じた。彼はラビネウスに自分の計画について説明した。彼自身は第四夜警時に入ったすぐ後で敵の通った同じ道を敵のもとへ向かう。そして全騎兵隊を自分の前へ行かせる。彼は軍事に精通していて、スッラの配下で、次いでクラッススの軍隊で勤務していたコンシディウスを偵察隊とともに先に出発させていた。
夜明けと同時にラビエヌスによって山に頂が占拠されたときカエサルは敵陣から1.5マイル以上離れていた。そして捕虜から確かめたところでは敵はカエサルの接近もラビエムスの接近も知らなかった。ところがコンシディウスは馬を走らせてカエサルのもとへ駆けつけるとラビエヌスが占拠するはずの山は敵によって占拠されてしまった。そのことを自分はガリアの武器と軍旗で確認したといった。カエサルは軍勢を近くの丘へ連れて行き隊列を敷く。ラビエヌスはカエサルにより、いたるところから一斉に敵軍へ攻撃できるように、自分たちの部隊が近くに現れるまで戦闘を始めないように指示されていた。山を占拠したままカエサルの部隊の到着を待った。真昼になってやっとカエサルは偵察隊を通して真相をつかむ。つまり山の頂はは味方によって占拠されている。コンシディウスは恐怖のあまり動転して見ていなかったものを見えたかのようにカエサルに知らせていた。その日はこれまで通りの間隔で敵の後を追った。彼らの陣営より3マイルほど離れたところに味方の陣営を構築した。(1ー21-22)
[PR]
# by pypiko | 2017-07-20 08:29 | その他

伊作文 ラテン語読本 19-1

19 De bello Gallico di Cesare
1 Gallia
Tutta la Gallia era divisa in tre parti. Tra loro una parte era abitata dai Belgae, una altra parte era abitata dai Aquitani. Nella terza parte era abitata da una tribù che si chiamava Celtae, noi loro chiavamo Gallia.
Ogni tribù era tutto diversa in lingua, istituzioni e leggi.
Gallia era divisa dagli Aqitani dal fiume Garumna, dai Bergae dal fiume Matrona e Seqana.
La tribù di Bergae era la più forte nelle tre tribù.
Perchè era isolata dalla provincia dell’istruito con lo stile raffinato di vita, era raro essere portato merci da fare molle spirito.
Più perchè loro luogo di residenza era il più vocino alla residenza della tribù di Germania che abitava nella riva opposta di Rhenu, doveva sempre fare guerra con loro.
Anvhe per il motivo stesso la tribù di Helvetti sorpassavano altri Galli in punto di coraggio militare.
Perchè avevano quasi ogni giorno battaglia con le tribù germaniche.
La tribù di Hervetii faceva guerra in territorio nemico, evitandola nel loro territorio.

Tra queste tribù la parte che la tribù di gallia occupava era circondata dal fiume Garumna il cui inizia è fiume Rhodanus, l’oceano e il territorio della tribù di Bergae.
Anche toccando il fiume Rhenus presso il territorio di Segani e Helvettii si volgeva verso il nord.
Il terittorio di Bergae inziava alla periferia del territorio di Gallia, raggiungendo la parte inferiore del fiume Rhenus si volgeva verso il nord-est.
Il territorio di Aqutani era circondato dal fiume Garmuna, l’oceano e la parte di Spagna, si volgeva verso il nord-est. (1―ⅰ)

Garumna: 今のGanonneガロンナ川
Matrona: 今のMarneマルヌ川
Seqana: 今のSeineセーヌ川
Rhodanus: 今のRhoneローヌ川
Rhenus: 今のRhine川
[PR]
# by pypiko | 2017-07-16 12:51 | 語学

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本 19-1

19 カエサルのガリア戦争
(1)ガリア 1-ⅰ
ガリア全体は三つの部分に分けられ、その一つにベルガエ人が住み、他の一つにアクタニ人が住み、彼ら自身の言葉ではケルタエ人、我々の言葉ではガリア人と呼ばれる人々によって住まわれている。これらは全部、言語、制度、法律の点で異なっている。ガッリア族をアクタニア族からガルンナ川(今のガロンナ川)がベルガエ族からはマドロナ川(今のマルヌ川)とセクアナ川(今のセーヌ川)が分けている。これら部族すべてのうちでベルガエ族が最も強い。何故なら教養ある属州の洗練された生活様式から最も離れていて、精神を軟弱にする物品をもちこむことは稀であった。その上レーヌス川(今のライン川)の対岸に住むゲルマニア族にもっとも近くに居住し彼らと絶えず戦争をしていたからである。同じ理由からヘルヴェティ族は残りのガリア族に武勇の点で優っている。それは彼らがほとんど毎日、ゲルマン族と戦闘を行っていたからである。ヘルヴェティ族は彼らの領土で敵と戦うことを避けて、敵地で戦争を行っている。

これらの部族のうちガリア人が占拠していると述べた部分はロダヌス川の始まりガルムナ川、大洋、ベルガエ族の領土に囲まれている。さらにセクアニ族とヘルウェーティー族のところでレーヌス川に接しており北へ向かって傾いている。
べルガエ族はガリアの領土のはずれに始まり、レーヌス川の下流に達し北東に向いている。アクィーターニアはガルムナ川からピレネー山脈並びに大洋のヒスパニアにつづく部分に達しており西北に向いている。

c0173201_10563687.gif

[PR]
# by pypiko | 2017-07-13 10:38 | その他

伊作文 ラテン語読本 18

18 massime di Publiliusf Syrus
(1) Il corraggio che sa paura può andare avanti in modo sicuro.
(2) La propria miseria si porta sino mangiatore.
(3) Il amore cade sul petto come le lacrime traboccano dai suoi occhi.
(4) Se si fà fare la virtù volentieri si cresce invece la paura fà rallentare la crescita.
(5) Non si può comprare la cosa megliore di un amico fedele.
(6) ricevere gentilezza è vendere libertà.
(7) Il recordo di rabbia dovrebbe essere il più breve.
(8) Non c’è nessuno uomo che sia eccelente in tutto.
(9)Chi avrebbe pottuto morire quando vuò morire, vivrà bene.
(10)Guarda bene perchè non inizi una cosa da pentire in futuro.
(11) La gente non è ragionevole quando si ama, quando è ragionevole non si ama.
(12) I saggi, a vista i diffetti degli altri, correggono i loro diffetti.
(13) la buona fortuna è fragile. Quando splende è rotta.
(14)Oh, che molti pentimenti generano per vivere più a lungo.
(15) Sotto la maschera di pianto dell’erede c’è un riso.
(16) La gelosia parla su che cosa è visibile e che cosa rimane in mano.
(17) Essere costretto a tacere quello che vuole parlare è patetico.
(18) Chi pensa di vivere sempre vive nella miseria.
(19) La morte di bambino è felice, la morte di giovane è triste, la morte di vecchio è troppo lenta.
(20) Quando il uomo adeguato ordine, gli altri seguono con una mente calma.
(21) Timidezza non è insegnata. È nata da solo.
(22) Chi apprende quello che Dio dà sono pocchi.
(23) La vita passata senza odio è che felice vita!
[PR]
# by pypiko | 2017-07-08 19:15 | 語学

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本 18

18 プブリリウス シィルスの格言
プブリシウスは紀元前一世紀の人黙劇作家、彼の死後、彼の作品の中から、劇中の人物の吐いた名文句(約730)が抜粋され編纂された。
① 恐れることを知っている勇気は、安全に前進することが出来る。
② 貪欲漢にいたるはわが身の悲惨さが原因である。
③ 他の人々に属することが我々にとって好ましいと我々に属することは他の人々にとってはより好ましい。
④ 目からあふれ出るように愛は胸に落ちる。
⑤ 名ばかりの友人を持つことは不幸である。
⑥ 美徳は進んで行うと成長し、恐怖は成長を遅らせる。
⑦ 誠実な友人よりも良いものは何も買うことはできない。
⑧ 親切を受け取ることは自由を売ることである。
⑨ 怒りの記憶は最短であれ。
⑩ あらゆることに秀でた男はいない。
⑪ 死を望むときに死ぬことの出来たものはよく生きたことになる。
⑫ 将来後悔するようなことを始めないように気を付けろ。
⑬ 残忍なるものは涙で養われ壊されることはない。
⑭ 人は愛するときには分別がないが分別があるときには愛さない。
⑮ 賢者は他人の欠点を見て自分の欠点を直す。
⑯ 幸運はもろい。輝くとき壊される。
⑰ あゝ、長く生きることはなんと多くの後悔することが起きることか。
⑱ 遺産相続人の泣きの仮面の下に笑いあり。
⑲ 嫉妬心は何が見えるか、何が手元に残るかを話す。
⑳ 話したいと思うことを黙っていること強いられるのは哀れである。
㉑ 常に自分が生きようと考えるものは不幸に生きる。
㉒ 子供の死は幸福である。若者の死は痛ましい。老人の死はあまりにも遅い。
㉓ ふさわしいものが命令するときはいつも平静な心で従う。
㉔ 恥じらいは教えられることはできない。自ら生まれるものである。
㉕ 神が与えるを知るものは少数者のものである。
㉖ 憎しみなしにすぎる人生はなんと幸せなことか。
[PR]
# by pypiko | 2017-07-07 19:32 | その他