瑠璃のかなたに

大村雄治・古川清風・有田潤共著 やさしいラテン語読本 5

ケレスとペルポネ 2
ケレスはシシリー島にいなかったが、すぐに島に戻ってきた。
どこにもペルセポネはいなかった。髪を振り乱してあちこちと歩き回った。
女神は怒りおののきながら、髪を振り乱してあちこちと歩き回った。
高い丘、広い野、天と地をめぐって娘の名を呼んだ。
「私の娘はどこにいるの。」と農夫たちにいても、月や星に聞いても無駄だった。
農夫も月も星も女神に娘を示さなかった。
穀物はもはやあわれな女神の喜びとならず、もはや牧場には草がなく、ブドウ畑には紫のブドウの房もなく、畑には果実もなかった。怒った女神が草もブドウ畑も果実も世話しなかったからだ。
もはや彼らは食物を大きな車にのせて町へ運んでいなかった。
[PR]
# by pypiko | 2017-09-21 11:48 | その他

伊作文 やさしいラテン語読本 4

CERES ET PERSEPHONE 1
Ceres era la dea del grano. Cresceva grani nel campo, erbe nella fattoria.
Grano aveva colore oro. Anche la dea aveva capelli blondi.
L’abito della dea era azzurro.
Persefone era la figlia della dea.
Ceres amava molto sua figlia carina.
Ceres viveva con sua figlia in Sicilia.
Una volta Persefone vagava per fattoria.
Anche qualche raggazza vagavano con lei. Perché a loro piaceva questo luogo erboso. Loro erano qui felicissime.
In questo fattoria loro ballavano e cantavano.
Nella fattoria c’erano tanti rosi e gigli.
Il giglio bianco era piacevole per loro.
Ma quando suo zio Pluto aveva guardato la figlia della dea da lontano, si innamorò subito di lei.
Pluto improvvisamente giunse dalla ragazza spronando il cavallo azzurro e la portò spaventata.
Ceres gridò; “Persefone, dove sei tu.”
Persefone rispose; “Mio zio porta tua figlia nel mondo sotterraneo.”

Ceres: Cerere(italiano)
Persefone: Pirosepina(italiano)
Pluto: Plutone(italiano)
[PR]
# by pypiko | 2017-09-18 08:04 | 語学

大村雄治・古川清風・有田潤共著 やさしいラテン語読本 4

ケレスとペルセポネ 1
 ケレスは穀物の女神であった。畑で穀物を、牧場で草を育てた。穀物は黄金色であった。
 穀物は黄金色で、女神の髪も黄金色だった。
 女神の服は青かった。
 ペルセポネは女神の娘であった。
 ケレスは可愛い娘をことのほか愛していた。
 ケレスはシシリー島で娘と一緒に暮らしていた。
 ある時ペルセポネは牧場を歩き回っていた。
 彼女と一緒に少女たちも歩き回っていた。というのは彼女らは草深いそのあたりが好きで、大喜びだったからだ。
 草深い牧場で彼女らは踊ったり歌ったりした。
 牧場にはバラやユリがたくさんあった。
 白いユリは彼女らを喜ばせた。
 ところが彼女の叔父プルトが女神の娘を遠くから見て、たちまち彼女に思いをはせた。
 プルトはだしぬけに青い馬を駆けって牧場に急いでやってきておののく少女を連れ去った。
 そこでケレスは「ケレス、あなたはどこにいるの」と叫んだ。
 それにこたえてペルセポネは「私の叔父があなたの娘を黄泉に連れ去ります」と叫んだ。
[PR]
# by pypiko | 2017-09-11 10:17 | その他

伊作文 やさしいラテン語読本 3

Non tutti fiori del stesso genere non hanno ugualmente né lo stesso colore, né lo stesso pro, né la stessa forma.
Anche uno fiore non ha sempre né stesso colore, né lo stesso profume, né la stessa forma.
Quindi il fiore è campione della cambiamente della vita.
I fiori cambiano, tempi cambiano e noi stessi cambiamo.
I tempi cambiano ed anche noi cambiamo con i tempi.
Non voi sarete sempre uguali.
Il tuo corpo non sarà sempre della stessa dimensione.
Sempre non godrete della stessa cosa.
Vostra natura non sarà sempre stessa.
Ma apprezzate sempre una cosa, ragione.
[PR]
# by pypiko | 2017-09-11 10:09 | 語学

大村雄治・古川清風・有田潤共著 やさしいラテン語読本 3

1 同じ種類の花がみな同じ色、香り、形を持っているわけではない。
2 一つの花がいつも同じ色、香り、形を持っているわけでもない。
3 だから花は人生の移り変わりの見本である。
4 花は変わり、時代は変わり、我々自身も変わる。
5 時代は変わり、我々もまた時代とともに変わっていく。
6 諸君はいつも同じではあるまい。
7 諸君の身体はいつもおなじおおきさではあるまい。
8 いつも同じもので楽しみはしないであろう。
9 諸君の性質はいつも同じわけではないであろう。
10 けれども一つのものをいつも大切にしたまえ、道理を。
[PR]
# by pypiko | 2017-09-09 08:29