瑠璃のかなたに

カテゴリ:シチリア旅行回想記( 7 )

シチリア旅行回想記6

I due ultimi notti in Sicilia siamo stati a Taormina. Taormina si trova tra Messina e Catania.
Taormina è la città fatta a quota 200 metri a mezza costa del Monte Tauro.
Si è visto il Monte Etna verso il sud-ovest e si è visto il Mar Iònio verso l'est.
La Strada principale di Taormina si chiama la via Umbelto di cui alle due estremità si trova la porta Messina e la porta Catania. Le strade di taormina sono stretti e passano a zigzag. Per questo si possono usare altre che le machine locale. L’autista del nostro minibus locale era una donna. Lei lavorava anche come guida.
Perché il mio posto era il posto subito vicino al posto della conducente, ho potuto spesso parlare con lei.
Lei ha detto di dovere cercare l'altro lavoro per sei mesi perchè non si può servire questo lavoro solamente per sei mesi fra un anno.
A taormina abbiamo fatto le spese nella via Umbelto e siamo andati giù alla spiaggia con la funicolare e da qui abbiamo navigato vicino alla costa.
Il condutore della nave nostra era un giovane ragazzo. Lui ci cantava diversi canzoni per contentarci. Poì indicando qusti o quelli visti dalla nostra nave li ha spiegati. Per esempio questo è il scoglio che Cyclops gettò a Odysseus. Quello è l'albergo del più alta qualità a Taormina a cui vengono le persone ricce dal tutto mondo. Ecc.
Poi abbiamo osservato il Teatro greco di Taormina.
In questo teatro, l'opera e il concerto sembrano ancora oggi essere tenuti.
Da questo teatro si vedono il Monte Etna e la costa del Mar Iònio nello sfondo. Questo panolama è molto meraviglioso.
Taormina è una città sicura. Di notte la donna da sola può andare per la strada. Noi alcune donne siamo andate a cenare al restaurante. Certamente non solo io anche altre alcune abbiamo bevuto un po’ troppo vino.
Mangiando gelato noi siamo ritornate all’albergo per la strada di notte .
La notte ultima di sicilia era divenuta meravigliosa ed indimenticabile.
[PR]
by pypiko | 2012-07-03 21:55 | シチリア旅行回想記

シチリア旅行回想記5

旅の最後の2泊はタオルミナでした。タオルミナはカターニャとメシーナの中間の海岸線にあり、タウロ山の中腹の標高約200メートルに作られた街です。東にイオニア海、南西にエトナ山がすぐ近くに見えます。街のメインストリートのウンベルト通りの両端にはメシーナに向かうメシーナ門とカターニアに向かうカターニア門があります。タオルミナは道が狭く曲がりくねっているため地元のミニバスでしか移動できません。地元のバスの運転手さんがガイドの役もこなしています。私達のバスは愛想の良い女の運転手さんで、私の座席は運転手さんのすぐ横の助手席でしたので、私の下手なイタリア語の相手になってもらえました。1年のうち仕事が出来るのは6ヶ月だけなのであとの6ヶ月は他の仕事をしているそうです。タオルミナではウンベルト通りで買い物をしたり、ロープウエーで船着き場のある海岸まで下りて船で近場を一巡りしたりしました。船頭さんは若い男の子で歌を歌ったり、あの岩はキュクロープスがオデッセウス達にむかって投げた岩だとかあれはすごい高級ホテルだとか説明してくれました。タオルミナのギリシャ劇場を見学しました。この劇場は今もオペラやコンサートが催されているそうです。背景にエトナ山と海岸線が見え絶景でした。治安がよく夜の女性の一人歩きも大丈夫だそうで、女性の添乗員さんと一緒に希望者数人だけで小さなレストランで夕食をしました。もちろんワインも少し多めにいただいて夜道をアイスクリームを食べながらホテルへ帰りました。シチリア最後の夜は名残惜しい素敵な夜でした。

タオルミナのお土産やさん
c0173201_20282292.jpg


タオルミナのギリシャ劇場
c0173201_20284339.jpg


タオルミナの船着き場
c0173201_2029039.jpg

[PR]
by pypiko | 2012-07-01 20:12 | シチリア旅行回想記

シチリア南部

シチリア島西部のあとは南部の都市です。5日目から7日目にかけてイタリア南部を訪れました。即ち、ピアッツァ・アルメリーナ、カルタジローネ、ラグーサ、ノート、シラクーサです。
ピアッツァ・アルメリーナ郊外の修道院を改築したアグリツールズモのジリョットホテルに宿泊しました。周囲には広大なオリーブ畑、ブドウ畑、ウチワサボテン畑が広がっていました。池にはアヒルが飼われていました。ホテルのすぐそばにワイナリーもありましたが、今は廃屋になっていました。
カルタジローネはアラブ人によって始められた陶器作りが盛んでお土産にタイル、食器、置物などが売られていました。私は古代の戦争に使われた像の置物を買いました。サンタ・マリア・デル・モンテの大階段には植木鉢がたくさん並べられてありました。綺麗でした。
ラグーサは標高502メートル。二つの丘からなります。高台に広がるラグーサ・スペリオーレ(新市街)と下のラグーサ・イラブ(旧市街)からなっています。1693年に大地震で破壊され見事なバロック建築として再建されました。
ノートはシチリアでもっともバロックが見事な街と言われているそうです。私たちの訪れた日は、ちょうど一年に一度のお祭りの日でした。インフォラータという花の絨毯が敷き詰められた石の階段は見事でした。両側の建物はバロック様式で、お土産屋さんも並んでいました。大変な人出でしたが人混みに押し流されるようにして花の絨毯を間近に見ながら石の階段を登りました。お祭りの民族衣装がかわいい子供達の行列にも出会いました。
シラクーサは紀元前8世紀コリントからやって来たギリシャ人によって植民されたそうです。考古学地区を見学したり、オルティジア島の旧市街見学したりしました。聖ルチア教会でカラバッジョの絵にも会いました。
どこかでアカンサスの葉っぱと花、サボテンの実と花、リュウゼツランの花(七十年に一回の開花だそうでたいへんラッキーでした)などを見ることが出来ました。 次はシチリア西部に移りますが、エトナ山を見ながらバスで移動しました。
[PR]
by pypiko | 2012-06-17 17:54 | シチリア旅行回想記

シチリア西部

Al terzo giorno del viaggio, abbiamo visitato Duomo di Monreale vicino a Palermo, Trapani, Isola Mozia, Erice. Questa notte siamo stati a Erice .
Erice si trova nella cima della montagna di 750 metri e siamo saliti sul monte a piedi dalla Trapani fino alla città Erice con l'albergo. Per la strada siamo passati nel Castello normanno da cui abbiamo potuto vedere la splendida panorama del Mare mediteranneo.
Al quarto giorno abbiamo visitato Marsara, Mazara del Vello, Selinunte, Agrigento.
Marsala sembra essere la città a cui Galibaldi con 1,000 soldati da Genova è sbarcato.
Marsara sembra essere famosa anche come città del vino. 
A Mazara del Vello abbiamo incontrato la statua di Satiro che era venuto in Japone per l'Esposizione Internazionale di Aichi. Allora io sono andata a vederlo nella padiglione italiana qualche volta. Per questo guardandola mi sono sentita la nostalgia.
Satiro è lo spirito del bosco e uno inserviente di Bacco nella mitologia greca . Satiro è meta uomo e meta cavallo.
La statura di Satiro è stata valutata come una capolavolo. La statura di Satiro mostra il momento in cui Stiro ubriaco è danzando in estasi.
Questa statura sembra essre fatta in Grecia nel 340 BC e si è pensato di un lavoro di Praxiteles a cui piaceva i soggetti di Satiro.
In questi ultimi anni un pescatore sembra avere ritirato questa statura sepapatamente dal fondo del Mare mediterraneo tra Sicilia e Tunisia a caso, perciò per restaurarla sembre esserci stati molte difficaltà.
Ma oggi sembra essere vietato di portarla all’estro come tesoro primario italiano.
Dal 734 BC al 581 BC le città di colonizzazione greca : cioè Naxos Taormina Catania Siracusa Gela Agrigento Segesta Serinunte erano nati.
Sopratutto tra Segesta e Serinunte c’era uno antagonismo per lungo tempo. Nel 409 BC Segesta insieme con Cartago hanno distrutto Serinunte. Nel 241 BC Cartago hanno complettamente distrutto per timore di Roma. Dopo questo la cità di Serinunte colpita da un grande terremoto è divenuta la montagna del frammenti.
A Selinunte e Agrigento abbiamo visto molte rovini dei templi, per questo abbiamo dovuto camminare molto. Soprattuto, mi sono trovata in situazione dificile perchè io avevo una storta alla caviglia.
[PR]
by pypiko | 2012-06-11 19:54 | シチリア旅行回想記

シチリア旅行回想記3

旅の3日目はパレルモ近郷のモンレアーレ大聖堂を見た後トラパニ地方、モツィア島、エリチェを訪れ、エリチェでⅠ泊しました。
エリチェは750メートルの山の頂上にありトラパニの街から徒歩でホテルのある街まで登りました。途中ノルマン城に立ち寄りそこから見える地中海の景色はすばらしく綺麗でした。 
4日目にはマルサラ、マザーラ・デル・ヴァッロ、セリヌンテ、アグリジェントを訪れました。
マルサラはジェノヴァを出発したガリバルディ率いる千人隊が上陸した街だそうです。
ワインの街としても有名だそうです。 
マザーラ・デル・ヴァッロではサテュロス博物館で愛知万博で見たサティロス像に再会しました。
ギリシャ・ローマ神話に登場する「森の精」で、葡萄酒と享楽の神デュオニソス(バッカス)の半身半馬の従者とされています。 
お酒で陶酔状態となって踊っている躍動感あふれる見事な彫刻作品の傑作だそうです。 
この像はおそらく紀元前4世紀,より厳密には紀元前340年頃のギリシア製,それも,サテュロスの題材を好んでいたプラクシテレスの作品ではないかとか考えられているそうです。
この青銅像が,シチリアとテュニジアにはさまれた海の底から漁師たちによって「水揚げ」されたそうです。
この踊るサテュロス像は,愛知万博でイタリア館で展示されその後イタリア第一級の宝とされ持ち出しを禁止されているそうです。
紀元前734~581年にかけてギリシャの植民都市ナクソス、タオルミナ、カターニア、シラクーサ、ジェーラ、アグリジェント、セジェスタ、セリヌンテが誕生しています。
セリヌンテは長年にわたって敵対関係にあり紀元前409年カルタゴ軍同盟を結んだセジェスタとによって街は破壊された後、紀元前241年にはローマに占領さるのを恐れたカルタゴ軍が徹底的に街を破壊し尽くした後、大地震によって瓦礫の山となってしまった。というわけで広大な瓦礫の原を電気カートにのって移動しました。
セリヌンテとアグリジェントではおなじような神殿の遺跡をたくさん見ました。これでシチリア島の西部は終わりました。次はシチリア島の南部に移りたいと思います。
[PR]
by pypiko | 2012-06-11 14:20 | シチリア旅行回想記

パレルモとチェファルー

Il nome del progetto del viaggio di Sicilia a cui ho partecipato era “I Dieci giorni per conoscere tutto la Sicilia”.
Il giorno prima della partenza io sono dovuto andare da il Centrale Aeroporto Internazionale al Narita Aeroporto in aereo JAL, e sono stata all’albergo di Narita perchè la partenza del nostro viaggio era alle 9 ore 30 il giorno dopo.
Al partire da Narita non abbiamo potuto prendere l’aereo progettato che perta alle 9:35 a Roma e arriva alle 15:20, ma abbiamo preso l’aereo della partenza alle 12:10. Per questo siamo arrivati notte tardi alle 23 al’albergo di Palermo.
Questa natte non ho potuto dormire abbastanza. Avrò dormito 3 o 4 ore?
A palermo al stesso albergo siamo stati per 2 notte. Questo era molto comodo, perchè abbiamo lasciato la vagligia all’albergo.
La matina siamo partiti dall'albergo in autobus alle 9 per fare giro di Palermo.
A Palermo abbiamo visitato Galleria Regionale della Sicilia, Cappella Paratina e ci siamo fermati al mercato e per un po’ ci siamo divertiti a fare le spese.
Davanti alla piazza di Cappella Paratina abbiamo incontrato uno sciopero di giovanti che domandano il lavoro.
Durante il nostro viaggio non abbiamo mai incontrato altro sciopero ecceto questo.
Nel pomeriggio siamo andati a Cefarù. Cefarù si trova al capo che si protende nel mare Tirreno. A cefarù c’era una montagna rocciosa la quale si può vedere da lontano, sia dalla parte di mare sia dalla parte di terra.
Si dice che quando Ruggero secondo si era metto in un pericolo alla tempesta c'è sbarcato e si è salvato.
Ringraziato a Dio per questo lui ha costruito un duomo e questa città. Si dice che il duomo è capo lavolo dell’epoca di norman.
[PR]
by pypiko | 2012-06-06 19:10 | シチリア旅行回想記

シチリア旅行回想記2

ユーラシア旅行会社企画の私が参加したシチリア旅行のキャッチフレーズは「シチリア島を極める 10日間」でした。
前日と第一日目往路
成田空港出発のため私は前日に中部国際空港より成田行きの日本航空JALで成田へ行き成田で一泊しなければなりませんでした。翌日成田発九時三十五分発ローマ着十五時二十分のアリタリア航空の便は機体整備の遅れのため二時間出発が遅れました。そのため予定のローマ発十七時十五分発パレルモ着十八時二十五分の予定の便に乗れず、ローマ発二十一時十五分の便でパレルモに向かったためホテル着が23時頃となってしまいました。それから添乗員さんによるホテルの部屋の割り当て、明日の予定の説明などを聴いて、入浴、荷物の整理などをしてベットに入ったのが夜中の三時過ぎでした。
翌日の出発九時でしたので寝付きの悪い私の場合、初日の睡眠時間は3,4時間でした。
第二日目
パレルモは二連泊なのでスーツケースはホテルにおいておいての観光でした。
朝食後バスで観光。
午前中はペレルモ市内観光、パラティーナ礼拝堂とシチリア州立美術館の見学。市場での少しの自由時間内での買い物を楽しみました。礼拝堂の前の広場では職を求める若者のストライキがありました。旅行中ストライキにあったのはこの時だけでした。午後はティレニア海に突き出た岬にあるチェファルーを訪れました。巨大な岩山が海側からも陸側からも遠方からの目印となり、歴史的にもその特長を生かした街作りの伝説が刻まれてきた土地のようです。また映画ニューパラダイスのロケ地としても有名です。またルッジェーロ二世が建てたチェファルーの大聖堂はノルマン時代の傑作と言われているそうです。
ホテル到着十七時五十分
ホテル内レストランで夕食十九時三十分
[PR]
by pypiko | 2012-06-02 21:13 | シチリア旅行回想記