瑠璃のかなたに

<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

冬支度

明日から師走。
目下、落ち葉が見頃です。木枯らしが吹くと一気に木々も丸坊主、冬景色に早変わりすることでしょう。
家の近くの白金公園でも、銀杏の落ち葉の絨緞の上で数羽の鳩が、全員、日の光に向かって不動の姿勢で、ひなたぼっこをしていました。


c0173201_1841591.jpg

[PR]
by pypiko | 2010-11-30 19:12 | その他

こんなところにパスカルが・・・

私が中学校のころ、その地方の小都市の名士だった父は卒業式か何かの学校の行事の際に来賓として招かれてスピーチをしたことがありました。全校生徒が講堂に集まっての式典でした。私は父が大勢の人々を前にスピーチをするのを聴くのは始めてだったので恥ずかしくて身を縮めていました。父のスピーチの内容は覚えていませんが、話の中でパスカルの言葉「人間は考える葦である」を引用していました。パスカルで思い出すのはやはり中学生の頃、学校で習ったアルキメデスの原理と並んでパスカルの原理が思い出されます。 ですから私はパスカルはアルキメデスと同じように古代の人だとばかり思っていました。「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら、大地の全表面は変わっていただろう」といったのもパスカルだったとは・・・

私の得意科目は数学だったので、子供の頃はあまり読書の習慣もつけず成長したため文学、歴史に関しての教養が乏しいことに劣等感を持っていました。そのような事情から、語学や読書に時間を当て始めたのは働き盛りを過ぎた、50才ごろからです。 最近読み始めた、デュラントの「世界の歴史」全32巻は今、フランスの絶頂期ルイ14の頃を扱った23巻目に差し掛かっています。いきなり出くわした有名なパスカルの登場に驚きました。計算器を世に出したパスカル。真空状態を実験で作り出そうとしたり、高度が高くなるに従って気圧が低くなることを実験で証明したりしたのもパスカルでしたし、科学の限界を知り宗教家として死の直前まで思索し、多くの出版物を世に残したことで後世のフランスに影響を及ぼした天才だそうです。パスカルの話は私にとって一つの驚きでした。 先日、話のついでにキリスト教徒の友人にパスカルの話をしたところ、彼女が持っている田辺保 著の「パスカル著作集 別巻Ⅱ」を借してくれました。パスカルの著作全般を扱った全九巻の中の1巻でパスカル伝が書かれた巻です。 40年に満たない人生を人の何倍も生きた天才だということがわかりました。

イエスキリストが奇跡を起こしたことを弟子達が信じた如く、パスカルも奇跡を信じた一人です。パスカルの姪がどんな名医にも治すことの出来ない目の病気を患っていました。3年半も彼女を苦しめていたのは酷い涙嚢炎だったようです。抗生物質のない当時では治療が困難だったことでしょう。礼拝堂に置かれていた聖遺物、キリストを苦しめたと言われる荊の冠を傷口に当てたとたん、一瞬にして眼病が治ったそうです。 荊が化膿創に孔をあけ膿汁を排出させて傷が治ったと考えられますが、一瞬にしてというのが説明に窮します。現代医学教育を受けた者としては奇跡と結びつけることはどうしても受入れられません。しかしプラトンはこの時、奇跡を信じて疑わず普段用いている印形を変え、そこに「Scio qui crediti」(わたしは、だれを信じたか知っている)(パウロ)の文字が茨の冠にかこまれた目をあらわす浮き彫りの周りに刻み込まれていたそうです。

パスカルの印形
c0173201_16264033.jpg

[PR]
by pypiko | 2010-11-25 16:06 | その他

水墨画 いちご

この間、我が家に遊びに来てくれた従姉の恵美ちゃんからお礼のハガキをもらいました。自作のイチゴの水墨画の絵はがきです。真ん中のてっぺんに男の子が駆けているみたいに見えます。ほほえましい絵です。これは傑作だ!絵に素人の私が自信を持って保証します。

c0173201_930767.jpg

[PR]
by pypiko | 2010-11-19 09:32 | その他

紅葉するナンキンハゼ並木

家の前のナンキンハゼの並木通りのナンキンハゼはいま紅葉の真っ盛りです。並木は昭和34年に夫の両親の銀婚式を記念して夫の両親が市に贈った200本のナンキンハゼの苗木が50年の年月を経て大きく育った姿です。今や大きく育った大木は電線や電話線、コンピューターの光ファイバーの線の邪魔になり、一本また一本と切り倒され、ヤマボウシの木と植え替えられて行きつつあります。夫の両親にとってその経済的負担がどの程度であったかは知りませんが、ナンキンハゼを並木に選んだセンスを高く評価します。ナンキンハゼがひらひら風に舞う姿は優雅です。街の美観に大きな貢献です。一本でも多くナンキンハゼが生き延びることを願っています。

夫の両親がナンキンハゼの苗木を寄付 当時の街の景観
c0173201_13164956.jpg


紅葉するナンキンハゼ並木
c0173201_13172838.jpg


暗赤色、だいだい色、黄色、緑色のナンキンハゼの落ち葉
c0173201_1318044.jpg

[PR]
by pypiko | 2010-11-18 13:16 | その他

伊作文 中国人の反日感情について

Io ho lettto un libro "Perché io gettai via la Cina” da Seki Hei(石平) che si è naturalizzato giappone da Cina.
Lui è nato nel 1962. Quando era bambino, cresceva ricendo l'istruzione di lavaggio cerebrale fatto dal partito comunista cinese.
Loro chiudevano completamente le informazioni svantaggiose per il proprio paese dal paese straniero. Loro insegnavano ai bambini la grandezza del partito comunista cinese e la grandezza di Mao Zedong(毛沢東) ad ogni opportunità. Seki Hei che discorrva brabo e scriva brava era un scolaro modello.
Quando lui era studente dell'Università di Pechino, il fallimento della polizza di Mao Zedong cominciava a manifestirsi in pubblico nella varia forma..
Per questo qualche dieci millione di persone erano morti di fame.
Nondimeno Mao Zedong ha eliminato le ribelli uno dopo altro per proteggere un posto del proprio potere.
Lui facceva discussion vivace con dei insegnanti ed studenti di compani che cominciavano ad avere dubbio verso il regine di Mao Zedong in Università di Pechino. ed mandava questo argmento a persona altra sperando di rifare la sua paese a una nazione democratica.
Quando iui era insegnante di un università locale per due o tre anni dopo che lui si era laureato nell'Università di Pechino, è provocato dall'amico che studiava già in Giappone. .
Allora Giappone era ancora un paese dei sogni per loro. Lui ha intenso di studiare in Giappone solo per uno o due anni.
Ma ha saputo il processo dell'incidente di Piazza di Tiananmen (天安門広場) durante soggiorno di Giappone.
Molti amici sono morti al questo tempo.
Lui sperava ancora che il giorno quando la Cina rinascerà nella migliore Cina venisse
Lui è spesso ritornato a Cina ad ispezionare le condizioni presenti cinesi nella speranza di fare da intermediario fra il Giapponese e la Cina.
Comunque, lui sentva la relazione tra la Cina e il Giappone diventare peggiore ad ogni casa di ritorno. Lui non lo sapevo perchè ?
Era suo nipote adorato che ha dato a lui la riposta. Suo nipote era studente del primo anno di università.
Suo nipote ha detto che nel'incidente di TiananmenIl governo era corretto e zio eri sbagliato. Lui ha rifiutato di prendere i soldi del regaro che lui gli ha teso. Lui non voleva prendere i soldi da suo zio del traditore.
Suo nipote ha detto che lui colpirà completamente il Giappone da guerra.
Una maniera del nipote adorato gli ho datto un colpo da non essere capace recuperarsi per un tempo anche dopo essre tornato in Giappone
Perché non provoci tale caso come una lezione dall'incidente di Piazza di Tiananmen, il metodo che il Partito comunista cinese ha preso era ancola fare il lavaggio del cervello alla persone. Loro parole sono così:
Nelle altre parole il governo cinese ha maneggiato le notizie non beni per il proprio paese dai paesi stranieri completamente.
Loro dicono che i cinesi sono il ottimo nel mondo. Perciò noi possiamo conquistare il mondo come la primo l’nghilterra ed l’America.
I Giapponesi sono molto cattivi di natura che può provocare un caso come Massacro di Nanjing nel futuro.
Perciò noi dovremmo presto tagliare la radice cattiva.
In questo libro lui scrive perchè gli piacce il giapponese. Si capisce che lui consce il Giappone e il culture di Giappone piu bene di giapponesi generali.
[PR]
by pypiko | 2010-11-16 16:18 | 語学

中国はなぜあんなに理不尽なのか

中国から日本へ帰化した、石平(せき・へい)の「私はなぜ中国を捨てたか」を読みました。1962年生まれの彼はこどもの頃、毛沢東の率いる中国共産党の洗脳教育を受けて育ちました。外国からの自国の不利な情報を一切閉ざして、中国共産党の偉大さ、その中国を導く毛沢東の偉大さをたたき込まれ、その中で演説の上手な彼は何も疑うことなく模範生として成長しました。彼が北京大学に入学した頃は、毛沢東の政策の失敗がいろいろの形で表面化し始めていました。数千万人の餓死者を出しました。
それでもなお毛沢東は権力の座を守るために造反者を次々に粛清して行きました。
北京大学では彼は毛沢東の政策に疑問を持ち始めた先生や学友達の仲間達と議論を闘わせたり、その考えを人々に伝えたりして民主主義の国家を作ることを目指していました。
北京大学を卒業したあと2,3年地方大学で教鞭をとっていたころ、日本に留学していた友人に誘われ、まだ日本バッシングのない頃の憧れの国だった日本への留学を1,2年で終えるつもりだったそうですが、日本滞在中に天安門事件の経緯を知ります。大勢の仲間が犠牲となって亡くなってしまいました。それでも中国がより良い中国に生まれ変わる日が来ることを期待していました。日中の架け橋となることを願って中国の現状を視察するため中国へもたびたび帰国しました。年々中国人の対日関係が悪化して行くのを実感します。
なぜかと自問している中にその答えを突きつけたのは彼の愛する大学一年になる甥でした。甥は天安門事件を擁護し、日本にかた入れするする叔父を罵倒しながら、叔父の差し出す贈り物のお金を拒み、日本を戦争で徹底的にやっつけると言い放つのでした。愛する甥の態度に打ちのめされた彼はしばらく立ち直ることが出来にないほどのショックを受け日本に帰ります。天安門事件を教訓に、二度とこのような事件を起こさないために、中国共産党がとった方法はまたも人民を洗脳することでした。つまり、中国政府は外国からの自国に不都合なニュースが流れるのを徹底的に管理し、中国人は世界で一番優れた世界制覇をするにふさわしい人種である。日本は過去の南京大虐殺のような事件を将来にも起こし兼ねない性悪な攻撃的な人種である。だから悪の根は早く摘んでおくべきだ。と国民を洗脳しているのだそうです。
この本の中で石平さんは日本の良さを日本人以上に奥深く知り、だから私は日本人になりますと言っています。
[PR]
by pypiko | 2010-11-14 09:49 | その他

伊作文 思い出のパラダイス

La nostra famiglia è rimpatriata dalla Corea dopo la guerra.
Prima della guerra in Corea e anche dopo la guerra, in Giappone noi dovevamo spesso cambiare casa per i trasferimenti di mio padre.
Nel frattempo, la casa più impressionante per me è la casa in una prefettura Zenshu (Chonju) di Corea che io ho abitato per uno o due anni prima di entrare nella scuola elementare.
Da allora in poi io non ho visitato mai la terra, anche se io la visitassi non posso identificare il luogo perchè avrà cambiato l'aspetto della città
Questo casa di Zenshu mi sono ricordata come la scena nel sogno. La casa era stata circondata da un muro di pietra alto, e il giardino erà molto grande.
Il vialetto delle inghiaie del giardino davanti alla casa seguitava dalla porta all'ingresso, ai due lati di cui c’erano delle file di arbusti. C'era un grande ciliegio a fiore doppio di fronte all'ingresso. Una volta io ho trovato molti bruchi brulicanti sul albero. Dopo qualche giorno da allora ho visto che molte farfalle dai disegni affascinanti volavano via tutte insieme.
Nel cortile c’earo molti alberi e nella parte del cortile vicino alla Engawa(un veranda al pianoterra di una casa in stile giaponese) c’ era la terra coperta dal prato senza alberi. Qui facevamo Mocituki , giocavamo fuochi d’ artificiali, facevamo un falò raccogliendo foglie secche, giocavamo all’altalena, giocavamo con trampoli di bambù, e ... era già paradiso stesso per me.
Oltre alla terra vacante vicina al Engawa, nel giardino c’erano molti arbeli.
C'era un melo in fondo di fronte di Engawa vicino al muro di pietra alto.
L'aneddoto di Newton che vede una mela che cade da un melo, e capì sulla gravitazione universale mi ricorda questo albero.
Nell'angolo del giardino c'era il grande albero che fiorisce in primavera.
Quando ero scolara, ho letto "un uomo alto ed egoistico " di Oscar Wilde nel libro scolastico della quarto o quinta classe elementare. Allora mi sono ricorato di questo giardino.
Io non l’ho notato allora, ma la ferita che c'era su ambo le mani e su ambo le gambe del piccolo ragazzo erano le traccie dei chiodi a Crocifissione di Cristo. Cioè erano le stigmate
Sembra essere la storia che l'uomo alto secondo il suo buon atto ultimo è stato chiamato in cielo da Cristo..
La letteratura europea è densa di relazione con la fede cristiana
[PR]
by pypiko | 2010-11-10 08:27 | 語学

思い出のパラダイス

私たち家族は戦後、韓国から引き揚げて来た、いわゆる引き揚げ者の家族です。父の仕事の関係で戦前の韓国でも、引き揚げ後の日本でも再三、引っ越しがありましたので自分の故郷を特定することが出来ません。そんな中、私にとって最も印象深い家は私が小学校に入学する直前までの1,2年居住した韓国の全州の家です。その後一度もその土地を訪れたことはありませんし、たとえ訪れることができたとしても町並も変わってしまっていることでしょうから、その地を特定することは不可能でしょう。というわけで私の故郷は私の心の中に夢とも現実ともいえない形で残っている全州の家です。その家は高い石塀で囲まれていて、広い庭がありました。
門を入ると両脇に低木を植えられた石畳の小道に導かれ玄関にたどりつきます。玄関の前に大きな八重桜の木がありました。あるときその木に毛虫がいっぱい群がったかと思うとあでやかな模様の無数の蝶が飛び立ったのを目にしたこともありました。中庭は縁側の前に広がっていてそこで大勢で餅つきをしたり、花火をしたり、たき火で焼き芋を焼いてもらったり、ブランコにのったり、竹馬で遊んだり・・・そこはもうパラダイスそのものでした。
縁側近くの空き地を残して庭の奥の方にはたくさんの木々が植わっていました。
縁側からまっすぐ奥の石塀のそばにはリンゴの木がありました。ニュートンがリンゴの木からリンゴが落ちるのを見て万有引力を思いついたという逸話はこの木を思い出させます。もっともこの逸話はニュートンの家の近くにリンゴの木があったことから後世の人が作った作り話だそうです。
奥の角っこには大きな花の咲く木がありました。小学校の4、5年生のころの教科書にのっていたオスカー・ワイルドの「わがままな大男」に出会って思い出したのはこの庭の光景です。その時には気づかなかったのですが、大男が出会った小さな男の子の両手両足にあった傷はキリストが磔り付けにあったときの釘の跡、いわゆる聖痕を意味しているのですね。大男は最後に良い行いをしてキリストによって天に召されたというお話しのようです。オスカーワイルドは品行は良くなかったとはいえ、古いプロテスタントの家柄の出だそうです。ヨーロッパの文学とキリスト教の関わりが密のようですね。
[PR]
by pypiko | 2010-11-02 18:29 | 過去の思い出

オスカーワイルド作「わがままな大男」結城浩訳

わがままな大男
The Selfish Giant
オスカー・ワイルド作
結城浩訳
子どもたちは毎日、午後になって学校から帰ってくると、大男の庭に行って遊ぶのが常でした。
そこは、柔らかい緑の草が生えた、広くて素敵な庭でした。草むらのあちこちには、星に似た美しい花が立っておりました。その庭には十二本の桃の木があり、春になると薄桃色と真珠色の繊細な花があふれるように咲き、秋には豊かな果実が実ります。鳥たちは木々の上でたいそう甘い歌声を響かせるので、子どもたちは遊ぶのをやめて聞きいるのでした。「ここで遊ぶのはなんて楽しいんだろう!」と、くちぐちに声をあげました。
ある日、大男が帰ってきました。彼はコーンウォールに住む鬼の友人を訪問し、そこで7年間いっしょに過ごしていました。7年が過ぎ、話したいことは全部話したし、もう話題もなくなってきたので、自分の城に帰ろうと思ったのでした。大男が戻ると、子どもたちが庭で遊んでいるのが見えました。
「おまえたち、ここで何をしている?」大男が大きなどら声で叫んだので、子どもたちは逃げていきました。
「わしの庭はわしの庭だ」と大男はいいました。「誰だってそんなことはわかる。この庭ではわしの他、誰にも遊ばせんぞ」それで、大男は庭のまわりに高い壁をめぐらせ、立て札を立てました。
立ち入る者には罰を与える
大男はとてもわがままだったのです。
かわいそうなことに、子どもたちには遊ぶところがなくなってしまいました。道路で遊ぼうとしてみましたが、道路はとてもごみごみしていて、かたい石ころがいっぱいあって、好きになれませんでした。学校が終わると、子どもたちは高い壁のまわりをうろうろして、中の美しい庭のことを話し合いました。「あそこで遊ぶのはなんて楽しかったんだろう!」と、くちぐちに言いました。
やがて春が来ました。国中に小さな花が咲き、小鳥たちがあふれました。わがままな大男の庭だけが、まだ冬でした。子どもたちがいなかったので、鳥たちは歌いたいと思いませんでしたし、木々は花を咲かせるのを忘れておりました。あるとき、美しい花が一輪、草むらから頭をもたげましたが、立て札を見て、子どもたちがかわいそうになり、地面の中にまたもぐりこんで、眠ってしまいました。喜んだのは雪と霜だけでした。「春はこの庭のことを忘れちまったんだ」と二人は声をあげました。「だから一年中ここに住もうぜ」雪は大きな白い外套で草を覆い、霜は木々をすっかり銀色に塗りつぶしました。それから二人が北風にいっしょに住もうと言ったので、北風がやってきました。彼は毛皮をまとい、庭で一日中吠えたけり、煙突の煙出しを吹き飛ばしました。「ここは居心地がよい場所だ」彼は言いました。「霰にも来るように言わなくちゃな」そして霰もやってきました。毎日三時間、霰は城の屋根を がたがたいわせ、とうとう屋根をふいたスレートをほとんど壊してしまいました。それから霰は出来る限りの速さで庭のまわりをぐるぐる走りまわりました。霰は灰色の服で、吐く息は氷のようでした。
「どうして春が来るのがこんなに遅いのだ」と、窓際に座り、白く冷たい庭を見ながら、わがままな大男は言いました。「天気が変わってほしいものだ」
しかし春はまったくやって来ませんでした。夏も来ません。秋が来ると、どこの庭にも黄金の果実が実りましたが、大男の庭ではまったく実りがありませんでした。「この大男はわがまますぎるんですもの」と秋は言いました。ですからこの庭はいつでも冬で、北風と、霰と、霜と、雪が木々の間で舞い踊っておりました。
ある朝、大男がベッドで目を覚ますと、美しい音楽が聞こえてきました。それはあまりにも耳に甘い響きでしたので、これは王宮の楽団が通りかかったのに違いないと大男は思いました。実は小さなベニヒワが窓の外で歌っていただけなのですが、庭で鳥がさえずるのを大男が耳にしなくなってからあまりにも長い時間が過ぎたので、大男の耳には鳥の声が世界で最も美しい音楽のように聞こえたのです。やがて、霰は頭上で踊るのをやめ、北風も吠えるのをやめました、そして、開いた窓から かぐわしい香りが大男の方にやってきました。「やっと春が来たのに違いない」と大男は言いました。そしてベッドから飛び起きて外を見ました。
何が見えたでしょうか。
最高に素晴らしい眺めでした。子どもたちが、壁の小さな穴を通りぬけて入り込み、木の枝の上に座っているのでした。それぞれの木に小さな子どもが乗っているのが見えました。木々は子どもたちが戻ってきたので大喜びで、自分の体を覆い尽くすほど花を咲かせ、子どもたちの頭の上でやさしく腕を振っておりました。鳥たちは飛び交い、喜びにさえずり、花は緑の草むらから頭を出して笑っておりました。それはうるわしい情景でした。ただ一箇所だけがまだ冬でした。それは庭の一番向こうの角で、そこに小さな男の子が立っていました。その子はとても小さく、木の枝まで届きません。ひどく泣きながら、木のまわりをぐるぐると回っています。かわいそうな木は、まだ霜と雪ですっかり覆われ、北風はその上を吹き荒れておりました。「のぼって! ぼうや」とその木は言い、枝をできるだけ曲げて下ろしました。でも、その子は背が低くてどうしても届かないのです。
外を見ているうちに大男の心は雪が解けるように和らぎました。「わしはなんてわがままだったんだ!」と大男は言いました。「春がなぜここに来ようとしないのか、そのわけが今わかった。あのかわいそうな小さな男の子を木の上に上げよう、そして壁をたたきこわそう。そうすればわしの庭は永遠に子どもたちの遊び場所になるだろう」大男は自分のしてきたことを本当に後悔したのです。
そこで大男はそっと階段を降り、静かに正面の扉を開け、庭に入りました。しかし大男を見ると、子どもたちは恐くなって走って逃げてしまい、庭はまた冬に戻ってしまいました。小さな男の子だけが走りませんでした。目に涙がいっぱいで、大男が来るのが見えなかったからです。大男は忍び足でその子の後ろにまわり、抱き上げると木に乗せてあげました。すると、木にはいっぺんに花が咲き乱れ、鳥がやってきて歌を歌いました。小さな男の子は、伸ばした両腕を大男の首にまわし、キスしました。他の子どもたちも、大男がもう意地悪ではないとわかり、走って戻ってきました。子どもたちとともに春も戻ってきました。「この庭は、もうおまえたちのものだよ、かわいい子どもたち」と大男は言い、大きな斧を取ると、壁をたたきこわしました。人々が十二時に市場に行くとき、これまで誰も見たこともないほど美しい庭で、大男が子どもたちといっしょに遊んでいるのが見えました。
一日じゅう子どもたちは遊び、夕方になるとみんなは大男のところにさようならを言いにやってきました。
「でも、あの小さなお友達はどこにいるんだい」と大男は尋ねました。「わしが木に乗せてやった子は?」キスをしてくれたから、大男はあの子が一番好きだったのです。
「知らないよ」と子どもたちは答えました。「いなくなっちゃったんだ」
「明日、絶対ここにくるように言ってくれないか」と大男は言いました。しかし子どもたちは、その子がどこに住んでいるのか知らないし、これまで一度も会ったことがないんだ、と言いました。それで大男はとても悲しい気持ちになりました。
毎日、午後になって学校が終わると、子どもたちはやってきて大男と遊びました。でも、大男が一番好きだった小さな男の子は二度と現れませんでした。大男は子どもたちみんなにとても親切でした。しかし、大男は自分の初めての小さな友にとても会いたいと思い、あの子のことをたびたび口にしていました。「あの子に会いたいものだ!」と大男はよく言っておりました。
何年もたち、大男はたいへん年老い、体も弱くなりました。もう遊ぶことはできませんでしたから、大きな肱掛椅子に座り、子どもたちが遊んでいるのを見、庭を楽しんでおりました。「ここには美しい花がたくさん咲いている」大男は言いました。「しかし、子どもたちが何よりも美しい花だ」
ある冬の朝、大男は服を着ながら窓の外を見ました。いまでは大男は冬を憎んではいませんでした。春は眠っており、花は休んでいるだけだ、とわかったからです。
突然、大男は驚いて目をこすり、何度も何度も見なおしました。それはまことに素晴らしい眺めでした。庭の一番向こうの角に、愛らしく白い花ですっかり包まれた木が一本ありました。枝はすべて黄金で、銀色の果実が垂れ、その下に、大男が愛していた小さな男の子が立っていたのです。
大きな喜びに包まれ、大男は階段を駆け降り、庭へ飛び出しました。草むらを走り抜け、その子のそばへやって来ました。すぐ近くまで来ると、大男は怒りで顔を赤くして言いました。「いったい、誰がそなたに傷を負わせたのだ?」というのは、その子の両方の手のひらには釘の跡があり、小さな両足にも釘の跡があったからです。
「いったい、誰がそなたに傷を負わせたのだ?」と大男は叫びました。「教えてくれ。わしは大剣でそいつを殺してやるから」
「そうではない!」その子は答えました。「これは愛の傷なのだよ」
「あなたはどなたですか?」大男は言いました。すると大男は、不思議な畏怖の念に襲われ、その小さな子の前にひざまずきました。
その子は大男に微笑みかけ、こう言いました。「かつて、あなたは、この庭で私を遊ばせてくれた。今日は、あなたが、わたしの庭へいっしょに来るのだ。わたしの庭、パラダイスへ」
その日の午後、子どもたちが走ってくると、大男は木の下に体を横たえて死んでおり、なきがらは白い花にすっかり覆われておりました。

[PR]
by pypiko | 2010-11-01 21:17 | その他