瑠璃のかなたに

<   2010年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

音楽家ヴェルディについて

イタリアオペラの作曲者の第一人者をあげるとすれば、ヴェルディかプッチー二でしょうか。
簡潔にいえば、ヴェルディのオペラはストーリーが複雑でメロディが重厚なため、少し取っつきにくい感じがしますが心の奧底から深い感動を呼ぶものが多いようです。対照的にプッチー二のオペラは庶民的な題材を扱ったものが多く、メロディが軽快で美しく聴かせどころで観客の涙を誘ったり、怒らせたり、笑わせたりします。

ヴェルディの代表的なオペラの傑作をあげれば「リゴレット」「椿姫」「アイーダ」「トロヴァトーレ」などが、プッチーニの代表作は「ラボエーム」「トスカ」「蝶々夫人」「ジャンニ・スキッキ」などが上げられます。

プッチーニーの浮気癖は有名でイタリアの街角で「一番好きなイタリア人の作曲家は?」と問えば、多くのイタリア人はウインクしながらプッチーニの名前を挙げるようです。それに対してウェルディはイタリアを代表する偉大なオペラの作曲家と考えられているようです。

NHKラジオの「まいにちイタリア語」で、週一回関孝弘先生と奥様のマリアンジェラ・ラーゴ先生の~イタリア音楽への招待~というのがありました。その番組の12月24日放送されたものの中で、ウェルディに関する良いお話がありました。

ヴェルディの創設した養老院
第12回の放送からの抜粋です。
世界で始めてで唯一という、音楽家のための養老院がミラノにあります。その名も「音楽家の憩いの家」。有名なイタリアの作曲家ヴェルディが人生の総決算として私財を投じて建設した施設で財産、作品の印税収入はこの施設維持のために使うと遺書に記されています。
パイプオルガン付きの小ホールや練習場、礼拝堂、食堂、病院などが完備された3階建ての美しい建物には、100人以上の引退した音楽家が今でも余生を送っています。
ここにはミラノの音楽学校に在籍する貧しい音楽学生も入居し、人生経験豊かな音楽家達との交流が行われています。
多くの傑作を世に送り出したヴェルディがみずから「あの家はまさに(私の生涯で)最もすばらしいオペラ(作品)!」と断言した「音楽家の憩いの家」。
その敷地内に設けられた地下聖堂でヴェルディは愛する妻のジュゼッピーナとともに眠っています。
まさにヴェルディとプッチーニの生き方の違いがオペラの作品に表れているのですね。
[PR]
by pypiko | 2010-12-28 11:12 | その他

年賀状 

年賀状が元旦に届くためには25日までに投函しなければならないとか・・・26日の今日大急ぎで作成しました。
年賀状にうさぎを使うにも良い写真がありませんのでイリアくんのご両親からお土産にいただいたダマボーイ(ロシアの守り神)の写真を使うことにしました。
ダマボーイは直訳すると家付き少年?、家の守り神としてロシアではポピュラーです。
家には沖縄のシーサーとかトルコの青い目玉のようなお守りがあります。
私は守られているなあと思うこの頃です。

c0173201_940995.jpg

[PR]
by pypiko | 2010-12-26 09:42 | その他

クリスマスイブ

昭和五十八年十二月二十四日は義父の亡くなった日です。
七十七才でした。
我が親族は仏教徒です。

二十七年前義父のお通夜に親族の皆が悲しみにうちひしがれている中、それとは知らず贈っていただいたデコレーションケーキを生前、先取りの気風の旺盛だった義父の許しを願ってみんなでいただいたあの夜のことは私たちの思い出の一こまとなって残っています。
本当のところは信心の不足にすぎないのでしょうが、理由はどうあれ、どんな宗教でも包含してしまう日本は世界平和の牽引車になるのにはうってつけではと思いました。

今年も義父のお命日にあたりクリスマス前日義弟夫婦と義父のお墓参りをした後、義弟妹の家で義妹の心づくしの手料理で夕食をいただいき、その後イブの街を見物するため、義妹と二人で夜の栄に出ました。義妹の案内でオアシス21を探検しました。若いカップルがスケートを楽しんでいたり、緑に照明されたテレビ塔や街並が人工の池に映り幻想的な雰囲気を醸し出していました。オアシスという名前にふさわしい憩いの場だと思いました。外は昨日とは打って変わって寒い夜でした。それでも街は賑わっていました。

c0173201_823240.jpg


c0173201_825521.jpg


c0173201_831534.jpg

[PR]
by pypiko | 2010-12-25 08:22 | その他

伊作文 キリストはエボリに止まりぬ

Nel corso di lingua italiana del professore Pino Miki su 2 ore si usa un’ora per lettura, altra ora per discorso.
Adesso noi leggiamo “La storia” di Elsa Morante in questo corso.
2 settimana fa signore Goto ha presentato un nuovo libro " Dopo avere letto Cristo si è fermato a Eboli " scritto da Tadao Uemura.
Una volta 15.6 anni fa quando prendevo il corso di lingua italiana di professore Pino Miki noi abbiamo comminciato a leggere “Cristo si è fermato a Eboli” di Carlo Levi. Ma per noi era troppo difficile , perciò non era possibile continuare a leggere questo libro fino alla fine.
Io ho subito comprato questo libro di commentario " Dopo avere letto Cristo si è fermato a Eboli " scritto da Tadao Uemura sull'Internet e l'ho letto.
Dopo che mio marito è morto io ho ripreso lo studio dell’italiano e ho fatto i due viaggi per Italia e ho letto molti libli sulla storia italiana o cultra italiana. Ho visitato qualche museo sulla cultura italiana, ho guardato i diversi programmi sul Italia sul TV.
Questo libro di commentario è scritto con giaponese molto semplice con gentilezza.
Dopo che io avevo letto questo libro di commentare , io ho cercato il libro tradotto di giaponese di Cristo si è fermato a Eboli” di Carlo Levi.
Non l’ho potuto travare sull'Internet. Io pensavo che questo libro andasse fuori di stampa , ma fortunatamente, io ho trovato in biblioteca di Tsurumai nella cità Nagoya il quale era uscito da Iwanami Shoten nel 1953. Questo libro è la edizione giaponese da Simizu Saburoji. Io l’ho preso in prestito e l'ho letto.
Questa volta io ho potuto leggere con interesse fino alla fine. Ma mi dispiace non in italiano ,ma in giaponese.
Sembra essere stato tratto un film da questo romanzo di Carlo Levi da regista Francesco Rosi. Io spero di leggeere il libro originale.
[PR]
by pypiko | 2010-12-23 11:32 | 語学

日本の風景 津和野

従姉の恵美ちゃんから故郷の写真をもらいました。
損なわれていない日本の原風景に心を奪われました。
恵美ちゃんの純真さもこんなところに育ったからこそ
育まれたのだと納得です。

写真と恵美ちゃんのコメント


1、お城ヤマの石垣の跡、紅葉がきれい。たかい山城です。授業をサボってよく登り昼寝をしました。

c0173201_8225187.jpg


2、津和野の町(お城ヤマ山頂から見たところ)箱庭のようでしょう。中学校が見えます。田舎でのんびりしていました。

c0173201_823191.jpg

[PR]
by pypiko | 2010-12-23 08:28 | その他

キリストはエボリに止まりぬ

私の通う、土曜日のピノ先生のイタリア語講座では2時間のうち、はじめの1時間ほど、本読みに、今はエルサ・モランテのLa storiaを読んでいます。後の1時間ほどは順番に、それぞれがイタリア語でフリートークをします。2週間前の、フリートークの時間、五藤さんから「『キリストはエボリで止まってしまった』」を読む(上村忠男著)」が新刊書として売り出されたとのご紹介がありました。20年ほど前、ピノ先生のイタリア語講座を受けていたとき、Cristo si è fermato a Eboli (キリストはエボリで止まりぬ)を読み始めたことがあったのですが、難しすぎて挫折してしまった本の解説書です。早速、インターネットで解説書「『キリストはエボリで止まってしまった』」を読む(上村忠男著)」を購入して読みました。その時はイタリア語だけでなくイタリアの歴史や地理をあまり知らなかったので、読んでいても内容が理解できそうにもありませんでした。夫が亡くなってからイタリア語の勉強を再開し、イタリア旅行もし、イタリア関係の本を読んだり、イタリアの文化や歴史に関する展覧会やテレビ番組を、たくさん見る機会をもったりしている中に、イタリアの国や人々にもだんだん馴染みになってきました。そんな矢先に以前難しすぎて読みこなす事が出来なかった本の解説書「『キリストはエボリで止まってしまった』を読む(上村忠男著)」に巡り会ったのは良い巡り合わせでした。とてもわかりやすい解説書です。この本を読んだあとカルロ・レーヴィの『キリストはエボリで止まりぬ』は岩波現代叢書から清水三郎治訳で出ていることを知って、インターネットで探しましたが見つからず、絶版かとあきらめかけていたところ、運良く、名古屋市立 鶴舞図書館で見つけて借りることが出来ました。あらたためて、今カルロ・レーヴィの『キリストはエボリで止まりぬ』を読むと、とても分かりやすく、最後まで興味をもって読むことが出来ました。 Cristo si è fermato a Eboli (キリストはエボリで止まりぬ)はフランチェスコ・ロージ監督によって映画化されたそうです。いつか原書で読むことを願っています。

c0173201_19445927.jpg

[PR]
by pypiko | 2010-12-22 12:59 | その他

喫茶店 珈蔵

家の近くに私のお気に入りの素敵な喫茶店があります。
家からの距離はほんの7,8百メートルといったところでしょうか、歩いてちょうど良い距離です。
殆ど毎日通って、1,2時間読書をして帰ります。
空間がほどよく、センスの良いインテリア、座り心地の良い椅子で長居をするのにもってこいです。
何よりも従業員の応対が礼儀正しく、親切で気持ちが良いのです。

素敵なコーヒーカップがいろいろとりそろえてあるのですが、時々寂しい感じのコーヒーカップに当たるのが嫌で、一点でも良いので、赤色の入ったカップにして下さいとお願いしてあります。
写真のコーヒーカップは私の一番のお気に入りで、これに当たった日は、お変わりのコーヒーもカップを変えないで、セットのサービス用のポットにコーヒーを入れてもらってコップはそのまま使います。このカップに当たった日は心が弾みます。
今日はそんな日です。幸せな気分です。

c0173201_1159482.jpg
c0173201_11592551.jpg

c0173201_11594980.jpg

c0173201_1201037.jpg
c0173201_1202648.jpg
c0173201_12038100.jpg

[PR]
by pypiko | 2010-12-16 12:23 | その他

伊作文 葉子さんのお父さまのこと

Sul padre di Yoko
La settimana scorsa io ho preso in prestito da Yoko un libro il quale è tratto dal diario di sua padre .
Suo padre sembra essere morto da cancro di stomaco a 58 anni.
Era un libro molto interessante.
A parte le Guerre galliche di Gaius Julius Cesare, io non ho mai letto un diario di altra persona con interesse.
Il padre di Yoko è nato nel 1905 e anche mio padre è nato nello stesso anno.
Nell’ anno quando la Guerra era finita, la mia famiglia è ritornata da Corea in Giappone senza cose eccetto solamente vestiti. Io pensavo fino adesso che noi fossiamo specialmente miserrimi. Ma dopo avere letto questo libro, io ho conoscuto che tutti i giapponesi erano non solo poveri ma anche in un stato di vita-o-morte.
Almeno noi nella terra straniera abbiamo finiti per non avere fatto un’esperienza di bombardamenti.
Il padre di Yoko era insegnante dii geologico in Liceo Shizuoka secondo vecchio sistema.
Pòi è diventato un professore di Shizuoka Università a cui Liceo Shizuoka è stato elevato dopo la guera. Si chiama Motizuki Katumi. Lui allora sembra essere famoso in Giappone.
Lui ha scritto molti libri di geologia e sembra avere molto contributo alla geologia giapponese.
Nel diario si sono scritti molte cose: sulla vita della scuola al tempo di Liceo Shizuoka secondo il vecchio sistema, come era la città di Shizuoka al tempo dei pesanti bombardamenti aerei, la vita di allora, come Liceo Shizuoka si è elevato a Università Shizuoka.
Conoscuto che il fratello maggiore di yoko ha questo diario, i rappresentanti dei membri della riunione di Liceo Shizuoka hanno pubblicato questo diario da un libro commemorativo per la 80 memoria di anniversario di Liceo Shizuoka secondo il vecchio sistema.
Io ho preso in prestito questo libro da Yoko e l’ho letto con molto interesse.
Il padre di Yoko e mio padre non solo sono nati al stesso anno ma anche Yoko e io abbiamo quasi i stessi anni.
Visto la date del diario, pensando alla propria storia e alla storia di mio padre, io l’ho letto .
La parte fatto nel libro era limitata alle cose successe nei giorni dal 1941 al 1949 . ma sembra essere stato ridotto a 400 pagine da 800 pagine .
Io ho ammirato che lui ha tenuto il diario in dettaglio in ogni giorno.
Quello che per me era interesante in particolare è che lui ha avuto l’animo pieno di amore per otto suoi bambini,nonnostante che abessi avuto la grande passione del’ insegnamento.
Yoko era molto eccellente in resaltati di scuole, e la figlia era un grande orgoglio per suo padre.
Yoko ha scritto due articoli sulle persone del Mochizuki e sulla storia personale di suo padre nella fine del libro.
Anche questi articoli sono meravigliosi. Io ho pensat che lei anche abbia talento per scrivere.
[PR]
by pypiko | 2010-12-16 08:20 | 語学

葉子さんのお父さまのこと

先週葉子さんから本になったお父さまの日記をお借りして読みました。とても興味深い読み物でした。シーザーのガリア戦記は別として、他人の日記にこれほど引き込まれて読んだことはありませんでした。葉子さんのお父さまは、1905年、明治38年生まれで私の父と同じ生年です。私の家族は引き揚げ者の家族で特別苦労が多かったと思っていたのは少し考え直す必要を感じました。少なくとも外地では空襲の怖さは感じないですみました。葉子さんのお父さまは終戦の前後、旧制静岡高等学校の地学の先生をしておられて、戦後大学に昇格となった静岡大学の教授となられた望月勝海教授で、とても有名な方のようです。多くの著書を世にだしておられ、日本の地質学の分野で偉大な功績を残された方だそうです。旧制静岡高校時代の学校の様子、戦時下での空襲の様子、困窮を極めた当時の生活の様子、戦後の復興の時期、地方に大学を設置する動きにともなって旧制静岡高校から静岡大学に昇格の経緯などが書かれた望月勝海先生の日記を葉子さんのお兄様が保管されておられることをお兄様から知らされた旧制静岡高校の同窓会の幹部の方々が、旧制静岡高校創立80周年の際し、記念の本にして出版されたそうです。
私はこの本を葉子さんからお借りし、大変興味深く読ませていただきました。
私と葉子さんはほぼ同年齢です。お父さまの日記の日付を見ながら父と自分自身の歴史を重ね合わせながら読みました。本になった部分は昭和16年から昭和24年の望月先生の日記の旧制静岡高校時代のものに限られた部分ですが、それでも800ページに及ぶところを約半分に縮めて400ページに収められたそうです。毎日欠かさず詳細な日記を付けておいでだったことに、とても感心しました。教育活動に多忙を極められた中で8人の子供さん達にいっぱいの愛情を注いでいらっしゃったことが特に印象に残りました。葉子さんがとても成績優秀でいつも全優だったこと、お父さまにはとても自慢な娘だったようです。巻末に葉子さんも「望月勝海略年譜」「朝靄靄の中で ―勝海の母を中心に、望月家の人々―」を執筆されておられ、文章力の非凡さを垣間見させていただきました。

本の表紙
c0173201_12482167.jpg


本の中表紙 自筆の日記の写し
c0173201_12483514.jpg


本の中身
c0173201_1253841.jpg

[PR]
by pypiko | 2010-12-14 19:57 | その他

葉子さんのこと

イタリア語教室上級クラスに実力が伴わないにもかかわらず背伸びをして受講するように
なって一年八ヶ月になります。予習が大変ですが、どうせ毎日が日曜日の身分です。余計な雑念に時間をとられるよりは良いかと思って人一倍予習に 時間をかけて続けています。このクラスで良かったことは葉子さんに会えたことです。
葉子さんは私と同年配、長年数学の先生だった方で今は退職なさっておられる方です。私が中学時代に習った数学の先生は棚田先生とおっしゃるうら若いまだ結婚前のお嬢様先生でした。運動会のダンスを全校の女生徒に指導して下さったのですが、その優雅な身のこなしにみんなが魅せられて、一生懸命本番に向けて練習したものでした。私が数学の先生になることを夢見たのは先生の影響でした。引き揚げ者で戦後の極貧生活を体験した父は生活の安定のために女性も資格をとることの大切さを解き医者のなることを勧めました。
したがって葉子さんは私のあこがれだった棚田先生を思い出させてくれます。お友達作りの下手な私はいつもあこがれの気持ちをもって葉子さんのことをちょっと離れた位置から観察していました。ところが一年半たったころから少しずつお話する機会がふえつつある今、週一回のイタリア語講座が待ち遠しくなって来たところです。これは私にとってイタリア語の上達以上に大きな収穫でした。
[PR]
by pypiko | 2010-12-14 11:04 | その他