瑠璃のかなたに

<   2011年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

モスクワのお正月

ナターシャさんより 
 こんにちはpypikoさん!
 モスクワのお正月の写真をおくります。
 私たちのところでは今、ー20℃です。
 そちらはいかがですか。

 Здравствуйте Рурико-сан.
 Посылаю Вам фотографии Новогодней Москвы.
 У нас холодно 20 градусов мороза.
 Как Вы себя чувствуете?
 До свиданья Наташа.

私の返信メール
 こんにちはナターシャさん
 メールありがとう。
 写真の上であなた方にお目にかかれてうれしいです。
 こちらは15℃ぐらいです。
 私にとってはまだ寒いです。
 もう少し暖かくなって欲しいです。
 
 Здравствуйте Наташа-сан.
 Спасибо за послание.
 Я очень рада видеть Вас на фото.
 У нас для меня еще холодно.
 Градусов 15.
 Я хочу чтобы температура стала выще.
 Спасибо еще раз!

c0173201_19224865.jpg



c0173201_19231863.jpg



c0173201_19234749.jpg

[PR]
by pypiko | 2011-02-27 19:41 | 語学

魔王 ゲーテ

多国語勉強が私の趣味です。
ラジオの語学番組では、今は、時間的に都合の良い、イタリア語、ドイツ語、フランス語、ロシア語を聴いています。 
ドイツ語では昔、若かりし頃の威勢の良かった小塩節先生を知っている私には一瞬の戸惑いがありましたが、昔とはまたひと味違った、円熟味を増された先生の応用編「ドイツ語うるわし」懐かしく聴いています。
今週はテーマはゲーテの詞にシューベルトが作曲した魔王です。歌は往年のバリトンの名歌手フィッシャー・ディースカウが歌っていました。
学生時代、私が始めて第二外国語として習い始めた頃は、ドイツ語文字はくねくね曲がった亀の子文字でした。とうとうマスター出来ませんでした。担当の若いドイツ語の先生が私たち学生を前にして、いきなり魔王を歌いだされたのです。当時は亀の子文字も魔王も私たちには高級過ぎて、消化不良を起こしてしまったようでした。ドイツ語は難しいの先入観を植え付けられた要因でした。
魔王も今ではその良さがわかります。長生きして良かったことの一つです。

魔王

詞:ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
曲:フランツ・シューベルト

誰だろう こんなにおそく闇と風を衝いてゆく人は。
駆けるのは こどもをつれた父、
やさしく我が子をいだいて
しっかとふかくかかえて進む。

「坊や、なにをそんなに怖がって、顔をかくすのだ」
「お父さん、魔王が見えないの、
冠つけて尾裾の長い魔王がいるのに」
「坊や、あれはたなびく霧だよ」

「かわいい子、さあわたしとおいで。
うんとたのしい遊びをしよう。
岸べには きれいな花がたくさん咲いているよ。
うちの母さん、金のきものをたんと持っているよ」

「お父さん、お父さんてば、あれが聞こえないの?
魔王が小声で約束するのが」
「大丈夫、坊や、怖がるな、
枯れ葉に風のざわめく音だよ」

「かわいい坊や、いっしょに行くね?
うちの娘たち たんとおもてなしするよ。
夜の踊りを輪になって踊り
坊やをゆすり、踊って歌って寝かしてくれるよ」

「お父さん、お父さん、これで見みえないの、
あの暗がりの魔王の娘たち」
「坊や、坊や、お父さんにははっきり見える、
「灰色の老いぼれ柳の影なのだよ」

「お前が好きだ、きれいな姿がたまらない。
いやだというな力ずくだぞ」
「お父さん、お父さん、魔王がぼくをつかまえる、
ぼくに痛いことしたんだよ」

父は総身おぞけだち、馬を早足にかけさせる
喘ぐ子どもを両手にかかえ、
やっとの思いで邸に着くと、
腕にだかれて 子は息たえていた。
 
小塩 節訳 


„ Erlkönig „

Text: Johann Wolfgang von Goethe
Musik: Franz Schubert

Wer reitet so spät durch Nacht und Wind?
Es ist der Vater mit seinem Kind;
Er hat den Knaben wohl in dem Arm,
er faßt ihn sicher, er hält ihn warm.

„ Mein Sohn, was birgst du so bang dein Gesicht?
„ Siehhst, Vater, du den Erklönig nicht?
Den Erlenkönig mit Kron und Schweif?
„ Mein Sohn, es ist ein Nebelstreif.“

„ Du liebes Kind, komm, geh mit mir!
Gar schöne Spiele spiel ich mit dir;
Manch bunte Blumen sind an dem Strand,
meine Mutter hat manch gülden Gewand.“

„ Mein Vater, mein Vater, und hörest du nicht,
was Erlenkönig mir leise verspricht?
„ Sei ruhig, bleibe ruhig, mein Kind:
In dürren Blättern säuselt der Wind.“

„ Willst, feiner Knabe, du mit mir gehn?
Meine Töchter sollen dich warten schön;
meine Töchter führen den nächtlichen Reihn
und wiegen und tanzen und singen dich ein.“

„ Mein Vater, mein Vater, und siehst du nicht dort
Erlkönigs Töchter am döstern Ort?“
„ Mein Sohn, mein Sohn, ich seh es genau:
Es scheinen die alten Weiden so grau,

„ Ich liebe dich, mich reizt deine schäne Gestalt;
Und bist nicht du willig, so brach ich Gewalt.“
„ Mein Vater, mein Vater, jetzt faßt er mich an!
Erlkönig hat mir ein Leids getan!

Dem Vater grauset’s, er reitet geschwind,
er hält in Armen das ächzende Kind,
erreicht den Hof mit Möh’ und Not;
in seinen Aren das Kind war tot.
[PR]
by pypiko | 2011-02-25 12:31 | 語学

伊作文 千住真理子

Io sono andata a Osaka a guardare l’esposizione di fotografia di mio fratello..
Lui si sorprendeva perchè lui non si aspettava di vedermi.
Noi abbiamo mangiato il pranzo insieme vicino.
Lui mi ha detto come è buono CD di Marico Senjyu con un violino di Stradivarius.
Io ho comprato 3 CD di Mariko Senju e il libro di sua madre "il giorno in cui comprò quando Stradivarius venne a casa" al ritorno da Osaka.
Stradivarius duranty che lei ha comprato è stato fatto nel 1716. Al’ inizio questo violin fu dato a 249 Papa Clement XIV da Stradivarius. Dopo che il Papa morì, il suo aiutante è succeduto al Papa. Poi un francese nobile l’ ha comprato. Dopo questo uno svizzero ricco l’aveva. Nel frattempo, il violin non è stato suonato da nessuno per 300 anni.
Duranty di Stradivarius duranty è preso dal nome del nobile a cui un tempo questo violin apparteneva.
Si dice che Stradivarius ha fatto un poco più di 1,000 dei violino per 93 anni di sua vita ed oggi ancola ce ne sono circa 600 al mondo. Ora tutti questi costano più di cento milione di yen. Soprattutto, quelli che hanno il nome sono più valutati. Perciò piu alto prezzo è richiesto per comprarli.
Quando Mariko Senju ha comprato il violin, c'era sforzo doloroso degli due suoi fratelli, Hirosi Senjyue e Akira Senju. Il primo è famoso profesore di pittora gaponese. L'altro è ancola famoso come compositore.
Nel libro di sua madre lei ha scritto come molti diversi circostanze fortunate e gli sforzi di famiglia sono stati necessari a fino che loro fossero riusiti a comprare il violine.
Io l’ho letto piangendo.
Adesso io ascorto CD di Mariko Senju con piacere.
Mi piacce molto CD di Bach in particolare. Perchè io ho appena letto la parte scritta sulla vita di Bach nel libro “La storia del mondo”di Durant.
[PR]
by pypiko | 2011-02-23 13:42 | 語学

バイオリンニスト 千住真理子

弟の写真展を見た大阪からの帰り、弟に勧められた千住真理子の弾くストラディバリウスのバイオリン演奏の入ったCD3枚を買って帰りました。
帰宅後早速彼女のお母さんの著書「千住家にストラディバァリウスが来た日」をインターネットで注文しました。
ストラディバリウスの作ったバイオリンについては、デュラント の世界の歴史 全32巻の中26巻目に詳しい記述がありそれを読んだばかりでした。
その中でストラディバリウスの作ったバイオリンがすばらしいのはバイオリンの木製の部分に木の材質はもちろん、そこに塗られたうるしの塗り方に秘密があると書かれています。それ故、ストラディバリウスのバイオリンからとられた木片を他のバイオリンに継ぎ足された部分的なストラディバリウスもかなり出回っているそうです。

「千住家にストラディバァリウスが来た日」より
千住真理子さんのストラディヴァリウス・デュランティは1716年製。249代ローマ教皇クレメンス14世に捧げられていた・教皇が亡くなった後は、その側近が引き継ぎ、フランスの貴族のもとをを経て、スイスの大富豪のもとに渡っていました。その間誰に弾かれることもなく、300年が経過していました。そして、以前に所有していた貴族の名前にちなんで「デュランティ」の称号が与えられています。持ち主の死去に当たり、遺書どうり、バイオリンはこの楽器を弾きこなしてもらえる音楽家に購入してもらいたいという条件が付けられていました。いろいろの滅多にあり得ないような、幸運が重なり、運良く千住真理子さんの手に渡った経緯が書かれています。
ストラディバリウスは、93年の生涯で1000丁強のバイオリンを作ったとされていますがその後、戦争や天災、事故などで多くが失われ、現在、この世に残って居るのは600丁前後といわれていて、今ではそのどれもが「億」単位の値打ちがあるそうです。中でも名器といわれているものには名前が付けられていてさらに高い金額が見積もられているそうです。彼女の長兄は高名な日本画家、次兄は作曲家です。兄たちが保証人になって千住真理子さんの莫大な借金という形で購入にいたったそうです。母の愛、兄妹の愛、愛情の絆で結束された、千住家のチームワークがなければ今のバイオリンニスト千住真理子の誕生はあり得なかったということがよく分かりました。涙を誘われるものがたりです。

先だった夫の残していった、東芝デジタルオーディオプレーヤーgigabeatに千住真理子のバッハの曲を入れました。心が波立つ日のため、眠れぬ夜のために安らぎの気持ちを引き出してくれそうです。

c0173201_14192725.jpg

[PR]
by pypiko | 2011-02-21 14:20 | その他

写真展 七人七色のまち

弟が写真仲間7人で写真展を開いた。
7人が一人12枚ずつ出展して、それぞれの作品を一固まりに展示してあった。
とてもすっきりまとめられた良い展示の仕方だと思った。
二枚目の赤い矢印の作品が弟の作品。縁側のある家、踏み石の上にお行儀良く並んだ靴、ガラス戸が良く磨かれていてその中に、外の風景をくっきりと映し込んでる。住人もきっとこの家を大事に扱っているだろうと想像される。郷愁を誘われる今時珍しい風景がまだ残っているところがあるのだそうだ。 私の一番の印象深い作品だった。 この作品に私からの金メダル072.gifを捧げたい。

070.gif写真展は東京と大阪で開催
c0173201_9124868.jpg


071.gif赤い矢印の作品に注目
c0173201_913924.jpg

[PR]
by pypiko | 2011-02-18 09:47 | その他

伊作文 マノンレスコー

Io sto leggendo il 27 volume della storia di mondo di Durant. Oggi io parlo dei due temi in cui io sono stato interessata in questo volume.

Si dice che le donne hanno fatto la cultura francese.

Le donne di grande cultura, come la amante pubblica di Luigi XV, Segnora Pompadour, hanno avuto un ruolo per sviluppare il mondo della bellezza . Loro spesso avevano la festa nel proprio palazzo in cui invitavano la gente di grande cultura e ci facevano discutere. Questo ha fatto sviluppare non solo l’arte rococo, ma anche totalmente la cultura francese.
Invece Grecia, Roma è società fatto dai uomini. Che la Santa Madre sia riaspetato è un'eccezione, perchè la Santa Madre è vergine. Ma nella Francia le donne sono rispetate come donne normale. Cioè nella Francia c'era l'ambiente dove la donna potesse mostrare l'abilità.
Si dice che non ci sarebbe la prosperità della cultura francese senza la donna.


Manon Lescaut
"Manon Lescaut" di opera di Puccini è fatto di una storia che è una parte del romanzo "La storia del cavaliere Des Grieux e Manon Lescaut” da Abbé Prévost pubblicato al 1731.
All’inizio il governo francese ha proibito la vendita di questo romanzo.
Ma si dice che "Parigi divenne mezza arrabbiata tanto che correvano verso la libreria cercando il libro come per andare alla scena di un fuoco.
Des Grieux è un giovane dotato d'ingegno che si è inamorato di Manon al primo vista.
Mentre Manon può fare la vita ricco, lei resta da lui ed è fedele per amore di lui. Ma lei non può sopportare la vita di povertà.
Ogni volta quando loro mancano i soldi, lei scappa da lui per diventare la amante del vecchio gentiluomo.
E dopo un tempo lei ritorna da lui con la scuza che lei è diventato la amante del uomo per riguadagnare la vita con lui.
Loro ripetono un delitto per amore. Finalmente quando Manon è morta durante una fuga nella terra americana dell'esilio, lui ha scavato la sua tomba volendo morire insieme. Allora lui non è potuto morire
Nel romanzo Des Grieux da solo racconta su loro amore.
Manon Lescaut è un primo melodrammo in Francia.
L'influenza di Abbé Prévost era estremamente grande.

Dopo questo ”La Dame aux camelias(椿の花の貴婦人)”di Alessandro Dumas Fils, ”Madame Bovary ”di Gustave Flaubert ecc.sono venuti.
[PR]
by pypiko | 2011-02-15 22:04 | 語学

ワシーリー・ペトレンコ

今朝、テレビでN響と共演している若手指揮者 ワシーリー・ペトレンコを始めて見た。

プログラムの前半には、小菅優をソリストに迎えての、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番。後半はチャイコフスキーの「マンフレッド交響曲」。

ワシリー・ペトレンコ(Vasily Petrenko)。今、注目の1976年生まれ。
音楽に疎い私が最後まで見入ってしまった。指揮棒を振る時の動作、容姿の端麗さ、演奏後観客の拍手に答えたり、団員の労をねぎらって観客にアピールする時の仕草、顔の表情, 全てに謙虚さが垣間見られて好感度大。観客を見方に引き寄せる魅力をそなえた指揮者だと思った。これからの活躍見守りたい。
[PR]
by pypiko | 2011-02-13 09:33 | その他

伊作文 ダークエイジ ・ ロマン 大聖堂

Il sabato scorso, io ho guardato la prima puntata del drama "La cattedrale". E’ molto interessante per me. Io sono impaziente di guardare la seguente. Io guarderò questo drama che è diviso in otto volte fino alla fine .
I protagonisti principali sono Tom, Ellen, Jack e Aliena.
Tom è un maestro muratore che ha un sogno per costruire una volta una cattedrale. 
Ellen non è sposata , ma ha un figlio Jack. Lei semple aiuta a Tom accanto di lui . In futuro lei sarà la moglie di Tom.
Jack è il figlio di Ellen. Lui è taciturno, anzì non parla per niente come un muto. Questo è a causa di un certo shock avuto da piccolo. Lui avrebbe fatto una brutta esperienza. Ma Tom ha trovato che Jack è un ragazzo di dotato. Più tardi diventerà un allievo di Tom.
Aliena è una figlia nobile. Ma suo padre è morto a causa della trama del nemico.
Forse al prossimo punto Tom e Ellen si innamoranno e Jack e Aliena si innamoranno.
Il luogo della storia è Inghilterra. Il period è dodicesimo secolo e di Henry.
Principe ereditario è morto per un incidente marittimo. Alcuni dicono per un trama della chiesa per il prossimo trono.
Io non ho letto il libro di questa storia, ma io penso che sia meglio così.
Possibilmente il Principe di Corona vive in qualche luogo in segreto?
Padre di Jack sembra una persona importante della storia?
Per me questo drama é divertente come drama di giallo.
[PR]
by pypiko | 2011-02-11 13:55 | イタリア旅行

建国記念日に今期二度目の降雪  

今期二度目の雪、読書と運動をかねて、いつもの喫茶店へ出かける。
休日はいつも待たされる人気の喫茶店だけど、今日は雪日なのでお客が少ないのでは
と予想。ところが予想に反して満席。いつもの休日のように行列が出来ていなかったのは
幸いだった。二時間ほど読書をしてかえる。

子供達が通っていた白金小学校。
c0173201_129259.jpg


昔ながらの家族経営のおとうふやさん。私の知る限り他では見られない貴重な存在。
秋には紅葉の美しいナンキンハゼの並木道も木々は丸坊主。

c0173201_1294049.jpg


秋に銀杏の葉っぱが黄色く色づいていてその下で鳩がひなたぼっこをしていた、白金公園。
c0173201_12295837.jpg

[PR]
by pypiko | 2011-02-11 13:00 | その他

デュラントの世界史から

デュラントの世界史27巻を読書中です。私が興味を持った話題を二つばかり。

フランス文化は女性が作った。
フランスにはルイ15世の交妾ポンパドール夫人をはじめとする教養のある女性が中心となって宮廷文化を花開かせ美の世界を究極にまで発展させていったロココ芸術がある。ギリシャ、ローマでは女性は劣性であった。そのため未だ女人禁制のところがある。聖母マリアは処女であるため例外である。ギリシャ、ローマ聖母マリアがあがめられているのに対し、フランスはその傾向があまり見られないのにはその辺の事情が関わっているそうだ。女性の性を劣等視する文化を脇へ押しやって、むしろ女性が尊敬されているのがフランス文化である。女性無くしてはフランス文化の繁栄はなかったと言っても過言ではない。

マノンレスコー
プッチーニのオペラ「マノンレスコー」の元になった小説。
マノンレスコーはアベ・プレボーの小説。1731年刊。「ある貴族の回想と冒険」の第7巻でパリで「D氏による騎士デ・グリューとマノンレスコーの物語」として1731年に発行された。当初それはフランス政府に寄って発禁になったが、「パリはそれをめぐって半狂乱になった。―――人々は火事場へ行くようにその本を求めて殺到した」といわれている。
デ・グリューは将来を嘱望されるほどの才能豊かな青年。美貌の女性マノンに一目惚れ。全てを犠牲にしてマノンに夢中になる。マノンは裕福な生活が出来る間はデ・グリューの愛に忠実であるが、窮乏生活に耐えることは出来ない。お金がなくなると老紳士の愛人におさまる。そしてデ・グリューとの生活を取り戻す度にデ・グリューとの生活を取り戻すためにお金持ちの愛人になったのだという。二人は何度も罪を犯しながら紆余屈曲の経過をとった末、流刑先のアメリカの地で逃走中に死亡したマノンに墓をほりデ・グリューも一緒に死にたいと願う。小説はデ・グリューが自分の恋愛事件を後日、自ら語っている。

マノンレスコーはメロドラマの先駆け。
アベ・プレボーの影響力はきわめて大きかった。小デュマの「椿姫」、フロベールの「ボヴァリー夫人」などを世に出させた。そしていまなおオペラでマノンが生きつづけている。
プッチーニの目の付け所はさすがだと感心する。 
[PR]
by pypiko | 2011-02-10 20:42 | その他