瑠璃のかなたに

<   2011年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ローマでの二日目

Agosto 31.
Io sono partita dall’albergo alle otto.
Io ho cominciato a camminare secondo la seconda parte della guida di Nanami Shiono.
Per prima io sono andata alla Piazza della Repubblica.
Io ho camminato facendomi avanti fra la folla che andava a lavorare, perchè era l'ora del lavoro.
Io sono entrata la chiesa della Santa Maria delli Angeri che era disegnata da Michelangelo alla traccia di resti della Terme di Diocleziano.
Sicome questo edificio si era costruito sui resti della Terme di Diocleziano di cui qualche muro era stato usato per pareti o mura di chiesa, il soffitto è alto , una volta sembra che si usava come un planetario. Io mi sono covinta.
Dopo io sono uscita , passando per Via 20 Settembre e Via del Quirinale io sono arrivata alla Piazza Quirinale.
Ora il Parazzo Quirinale si usa come residenza di ufficio del primo ministro, perciò si è trovato qualche guardia alla fronte del edificio. Ho visto più poliziotti qui vicino che nei altri luoghi.
Da quì passato per Via Dataria, sono andata alla Fontana di Trevi.
Io mi sono soddisfatta solamente di essre arrivata alla Fontana Trevi guardando la mappa e ho dimenticato di gettarci una moneta perchè io ci venga anche l'anno prossimo.
Io sono passata da quì per Via delle Muratte e ho attraversato Via del Corso. Allora c' era subito la Piazza di Pietra e da li' sono andata alla piazza Colona in cui c'e la Colonna di Marco Aurelio. Dopo questo sono tornata alla Via del Corso e sono andata un po' diritto verso nordo. Al Largo Carlo Gordoni in cui se si gira a destro si va alla Piazza Spagna, senza girare a destra io ho girato a sinisra per prendere Via Tomaccelli. Da qui un po' avanti c'era il Mausoleo di Augusto e Ara Patis. Ma non ho pottuto osservarlo bene perché era sotto ricostruzione.
Dopo avere cercato una pizzeria di cui io avevo ricevuto il biglietto gratis da servizio di JTB , io ho trovato il negozio e ci ho preso il pranzo.
Dopo pranzo io ho camminato lungo il Fiume Tevere poi ho attraversato il Ponte Sant’Angelo. Là c'era il Castel Sant’Angelo.
C’era la fermata dell’autobus alla Piazza Pia a fianco del Castel Sant’Angelo. Da lì io sono andata con l’autobus alla stanzione Termini. Da lì io sono tornata a piedi al’albergo. Per la strada io ho cercato la tratteria Monte che intendevo di cenare questo sena. Io ho appena trovato questa tratteria. Era chiusa. Io ho pensato pechè il tempo fosse presto. Ma anche la sera era chiusa. Loro non lavoravano per le vacanze esteve.
Questa sera io sono andata in tassi alla via dei serpenti in cui ci sono molti ristoranti.
Io sono entrata a una tratteria a caso.
Io ho preso una bicchiere di vino bianco, un piatto di fritto della sepia e il gamberetto, un caffe e una torta. Il conto erano 20 euro. Io ho pagato 22 euro con 2 euro come mancia. Non ero contenta. Alla fine io ho scelto un non buon ristorante per me.

La chiesa della Santa Maria delli angeri
c0173201_11534248.jpg


La Piazza Quirinale
c0173201_11561817.jpg


La Via Dataria
c0173201_1158567.jpg


La Fontana Trevi
c0173201_121318.jpg


Lingo Tevere
c0173201_1224625.jpg

[PR]
by pypiko | 2011-09-25 22:59 | イタリア旅行

ローマでの一日目

Il primo giorno
Io sono partita dall’arbergo alle otto. Primo io ho comprato il biglietto per una settimana in un chiosco vicino alla stazione Repubblica. Io ho preso il metropolitana dalla stazione Repubblica alla stazione Vittorio Emanuele. Poi camminando verso Colosseo, sono passata per Via Leopardi, Via Mecenate e Via Domus Aurea. Via Domus Aurea attraversa il giardino di Domusu Aurea in cui restano ruderi di parazzo di Nerone. Qui alcuni uomini passaggiavano o si sedevano su panchino.
Io ho domandato a una donna dove è l’ngresso di Domus Aurea. Lei me l'ha insegnato e ha aggunto che adesso Domus Aurea è chiuso.
Io sono andata all’ ingresso. C’era l’affisso di chiuso. Io intendevo di andare di nuovo l’ altro giorno per una settimana. Io ho trovato un vecchio impiegato e gli ho domandato quando aprirà. Lui ha resposto forse tra circa 2 anni.
Appena ero uscita dalla altra porta del giardino di Domus Aurea c’era il Colosseo davantiai miei occhi.
Io avevo gia visitato il Colosseo 2 volte. Perchiò io non sono entrata questa volta.
Vedendo il Colosseo a destra, io sono andata verso sud per Via Claudea e davanti a Arco di Dolabella ho girato a destra e sono passata per Via S. Paolo della Croce e Clivo di Scauro. In questo quartire le case degli appartamenti anticchi sembrano essere allora state addossate le une alle altro. .
Poi io sono tornata di nuovo vicino al Colosseo per Via S.Gregorio. Poi io mi sono dirietta verso la piazza Venezia per Via dei Fori Imperiali. Per la strada io ho visto la Colonna Traiano. Alla fine di Via di Fori Imperiali c’ è Monumento Vitorio Emanuelle (Milite ignosto).
Poi io sono andata alla chieza S.Maria in Aracoeli salita le scale sul lato opposto del Monumento Vitorio Emanuelle (Milite ignosto).
Io mi sono riposata un po’ alla chesa e sono usita per prendere pranzo nella caffetteria del luogo.
Io ho scelto um pannino al prosciutto e mozzarella, e una spremuta d’arancia per pranzo.
Io doveva risalire sui gradini accanto di nuovo per andare alla piazza del Campidoglio disegnato da Michelangelo. Dopo l'avere visto io sono entrata al Musei Capitolini.
Musei Capitolini consistente in due edifizi sono uno di fronte all’altro alla piazza e tra loro c’è il passaggio sottoterraneo a due corsie.
La Statua Equestre dell’Imperatore Marco Aurelio e la Statua di Constatinus erano impressionanti per me.

Io avrei voluto fare una passeggiata attraverso il Foro Romano secodo la guida di Nanami Shiono. Ma allora ero troppo stanca. Io ho preso l’autobus dalla piazza Venezia alla stazione Termini , poi sono tornata a piedi all’arbergo.

Il Colosseo visto da Domus Aurea
c0173201_5443778.jpg


l’ngresso di Domus Aurea
c0173201_5474824.jpg


La Via S. Paolo della Croce
c0173201_5325723.jpg


Il Clivo di Scauro
c0173201_5352530.jpg


La Colonna Traiano
c0173201_5365968.jpg


La piazza del Campidoglio
c0173201_5382438.jpg

[PR]
by pypiko | 2011-09-20 20:24 | イタリア旅行

ローマの街道の敷石

多くのローマ街道は一辺が十数センチほどの立方体の黒っぽい石で覆われていました。靴底がぺたんこのウオーキングシューズで歩いていた私はなるべく石の真ん中を踏むようにしていました。変化と趣があって面白いと感じていました。
この石はどこで産出されるのかこんなにたくさんの石の補給がいつまでも可能なのかなどと疑問が湧きます。インターネットをまさぐってみました。
日本語のサイトでは見つけることが出来なかったので英語のサイトで次のようなものを見つけました。
http://www.amoretravelguides.com/blog/cobblestone-roads-in-rome-the-end-of-a-very-long-era.php
グーグルの翻訳で
ローマの石畳の道:非常に長い時代の終わり何がこの変化を推し進めている?
石は、甌穴になりやすいです
代替品が製造することが困難であり、既存の石は
修復するには高価な(わずか8人が石畳を交換するように訓練されています)
バスや車などからの振動は、古い道路の損傷で運転
歴史的なモニュメントや宮殿。 石はまたに危険をもたらす
彼らは濡れているとなって、特にスクーターとハイヒール、
滑りやすい。

ローマの街道の敷石
c0173201_628373.jpg


翻訳機にかけた、不完全な日本語ですがやはり時代の流れには逆らえない現実は確かに読み取れます。
[PR]
by pypiko | 2011-09-15 06:30 | イタリア旅行

伊作文 ローマ旅行の最後の日

Settembre 3, questo giorno era il mio compleanno e l’ultimo giorno a Roma.
Il giorno dopo sono dovuto partire per Giappone.
Mi hanno ditto "Buon Compleanno" ed mi hanno dato una cartina di buon compleanno a colazione nel'albergo.
Loro hanno saputo il giorno di mio compleanno, perchè io gli ho mostrato il mio passaprto al tempo di check-in. Questo è secondo il manuale di politica commerciale.
Ma mi ho fatto sentire felice , perchè io provavo un senso di solitudine.
Dopo la colazione io sono andata a visitare il Museo di civiltà romana alla città E.U.R..
Shiono Nanami anche consiglia questo museo nella sua guida.
Dopo io ho visto tutto per circa 2 ore , io sono stata contenta.
Al ritorno io ho preso la linea B della metropolitana alla stazione E.U.R fermi , l' ho cambiata alla linea A alla stazione Termini e l' ho scesa alla stazione Barberini.
Intedevo prendere il pranzo e cercavo il susi-ristrante “Rokkou” a circa 3 minuti a piedi vicino della stazione Berberini che io avevo trovato sul' interneto il giorno precedente.
Io ho domandato la strada alla giovane commessa del negozio di vestito vicino alla stazione. Lei ripeteva gentilmente le parole per me, perchè non posso sentire bene l'italiano.
Quando io ho cominciato a camminare verso l’ indirizzo di ristaurante , un uomo si è avvicinato a me. Lui forse sentiva il nostoro discorso. Lui mi ha offerto aiuto.
Lui ha detto.
"Lei sarà una giapponese? Mia nonna è giapponese. Io sono canadese. Mi chiamo Antonio. "
Dopo questo lui mi ha chiamato questo e quello su me.
Dopo un po’ c'era il palazzo Barberini, davanti a cui lui mi ha fatto scattare una foto con la sua macchina fotografica. E lui ha offerto che se io gli darà la mia macchina , anche lui me lo avrà fatto. Io lo ho rifiutato. Perchè io ho cominciato ad avere paura per essre allontanata dalla mia meta.
Il palazzo Barberini sembra essere stati uno dei luoghi celebri di Roma. Allora io non lo sapevo. Questo edificio era il parazzo in cui la principessa Anna interpretata da Hepburn nel film " Vacanze di Roma" si fermava durante il soggiorno a Roma, l' ho saputo quando ho visto il film nell aereo per Giapone il giorno dopo.

Io ho ditto. " Il ristarante dovrebbe essere più vicino dalla stazione. Io lo cerco da sola. Poi andando verso una stazione ho lasciato lui.
Lui con il viso dubbio ha teso una mano del salute, io ho dato la mano ci siamo divisi.

Io non ho saputo se lui sia impiccione o truffatore.
Comunque ho evitato l'avventura di compleanno.
Al fine ho trovato l’indirizzo di Susi- restaurante via Rasella 138. Ma la non c’era "Rokko" ma un’ altro negozio.
"Rokko" sembra essere stato chiuso recentemente, perchè le lettere pallide rimaste sul muro del frontale della casa era appena lette "ristorante ...".
[PR]
by pypiko | 2011-09-14 14:19 | イタリア旅行

旅の思い出 その2

9月3日は私のお誕生日、ホテルの朝ご飯の時ウエイトレスさんから「お誕生日おめでとう」といわれお誕生カードをもらいました。ホテルのチェックインの時にパスポートを見せていますのでお誕生日ぐらいはチェックできています。これがホテルの方針なのでしょう。それでも思いがけなく異国でお誕生日を祝ってもらって良い気分でした。この日はローマ滞在最後の日、翌日は早朝に日本へ向けて出発です。ローマ散策の最後はエウルE.U.R.の文明博物館の訪問でした。帰りには、地下鉄B線のエウル・フェルミ駅から乗車、テルミニ駅で地下鉄A線に乗り換えて、二駅目の地下鉄バルベリーニ駅で下車。駅から徒歩3分ほどのところにあるというお寿司屋「六甲」に行くことにしました。前日インターネットで調べたところ、住所はラッセーラ通り138とありました。地下鉄の駅の近くの洋服店の若い女店員さんはイタリア語がよく聞き取れない私のために何度も親切に繰り返し教えてくれました。その方向へ歩き始めますと、そばで私たちの会話を聞いていたらしい年配の男の人が「一緒に探して上げましょう」と言って近づいて来ました。「あなたは日本人でしょう。僕のおばあさんは日本人です。僕はカナダ人です。アントニオと言います。年は64才」とざっと自己紹介した後で、私についてもその程度の事を聞き出しました。駅から大分離れたところ、少なくとも3分以上は離れたところに、バルベリーニ宮殿がありました。私は勉強不足で、その時は知らなかったのですが、ローマの休日のロケ地の一つでヘップバーンが演じたアン王女のローマでの滞在先で有名になったローマの名所の一つだったようです(実は帰りの飛行機の中で映画「ローマの休日」を見て知ったのです)。その門の中に入ったところで、そのおじさんが自分のカメラのシャッターを押してくれと言うのです。私にシャッターを押させた後で、あなたも写してあげるからカメラを渡しなさいというのです。私は写真は良いですと断りました。「もう駅から3分の距離はとっくに過ぎています。駅からもっと近いはずです。私は一人で探しますから」と言ってその人を振り切って駅の方へ戻ろうとしました。その人は怪訝な顔をして、さよならの手をさしのべてきたのでそれに応じて握手をして別れました。単なるお節介なのか悪巧みの下心があったのか・・・ともかくお誕生日のアバンチュールは避けておきました。結局ラッセーラ通り138の住所は見つかりましたがお寿司屋さんの「六甲」は他の店になっていました。「六甲」は最近、廃業したらしく「レストラン・・・」と言う文字か薄く残って居るのが読み取れました。 
[PR]
by pypiko | 2011-09-09 19:24 | イタリア旅行

旅の思い出 その1

ホテルからテルミニ駅に向かう途中、大通りを通らずにちょっと近道をしようと一筋奥まった通りを通っていると向こうから4,5人の東南アジア風の女の子の一団とすれ違いそうになりました。一人が段ボールの箱を開いて板状にしたものを体の前に掲げ持っていました。私とすれ違いざまにその紙板で私の前を覆い、4、5人で私を取り囲んで何か言っているようでした。「テルミニ駅の周辺は危ないよ」とイタリア通(つう)の何人かに聞いていたので用心していたのですが、こんな明るい早朝に犯行が行われるとは予想もしていませんでしたが、とっさに段ボール板をたたき落として「なにするのよ」と大声を出している自分にわれながら驚きました。4人組みは何にも出来ないで立ちすくんでいました。
[PR]
by pypiko | 2011-09-06 19:32 | イタリア旅行

ローマ漫遊記その5

9月3日。今日は1942年に開かれるはずであったローマ万博のために作られたローマでは珍しい新興都市エウルE.U.R.の文明博物館へ行きことにしました。塩野七生さんのガイドブックでもお薦めのスポットです。地下鉄B線のエウル・フェルミ駅で下車。文明会館は広々とした大通りを歩いて20分ぐらいのところにありました。塩野七生さんも特に力を入れて書いていたカエサルとヴェルチンジェトリックスを総大将としたガリア連合軍との包囲戦が繰り広げられ、どのように武器や戦闘具が工夫され実戦に使われたかを模型を使って説明がされていました。古代の皇帝や英雄たちの像からはそれぞれの人物の個性が読み取れるほどに写し取られているのには感心させられました。カエサルもアウグストゥスもポンペイウスも血の通った人間として歩いている様子が読み取れるごとくです。トライアヌスの石柱に描かれたレリーフの模型が一部屋に展開して展示されていましたがその精巧さは驚くばかりです。上の方はどうせ見えないのに下の方と同じように精巧に浮き彫りがなされているのです。帰りは地下鉄B線でテルミニまで行き、テルミニ駅で地下鉄A線に乗り換えて、バルベリーニ駅まで行きました。昨日下調べをしておいたバルベリーニ駅の近くにある「六甲」というお寿司屋さんを目指したのですが、その住所には別の店が入っていて、入り口あたりにレストラン・・・の文字が消されたらしく薄く残っていました。どうも最近廃業に追いやられたらしく思われました。近くのピッツェリアでピッツァ・マルガリータと白ワインを頼みお昼にしました。ワイン少しだけグラスでくださいというと、ワイン4分の一本入りの例の陶器で持ってきてくれました。帰りはバルベリーニから歩いてホテルへ帰ってきました。途中トリトーネの噴水、クワットロ・フォンターネ(4っつの噴水)のある交差点を越えてクワットロ・フォンターネフォンターネ通りを、途中から同じ道が名前が変わってデプレティス通りをまっすぐに、サンタマリアマッジョーレ近くまでくればホテルはすぐです。

[PR]
by pypiko | 2011-09-03 22:14 | ローマ

ローマ漫遊記その4

9月2日。今日は昨日予定を半分で切り上げて、ホテルに戻ってしまった続きのコースをたどることにしました。8時半頃ホテルを出て、テルミニ駅から170番のバスに乗り真実の口で下車。真実の口のあるサンタ・マリア・イン・コスメディン教会の前に長い列ができていました。まだ時間が早いのか教会の入り口が開くのを待っている人の列のようです。嘘つきかどうか試す人たちでしょうか。そこを素通りしてすぐ裏手のチルコマッシモ通りの入り口付近でチルコマッシモ通りをそれてプブリチ坂を登って、アヴェンティーノの丘を目指しました。途中でプブリチ坂を右に折れサンタ・サビーナ通りを通り、サンタ・サビーナ聖堂を通り過ごし、サンタ・アレッシオ聖堂まで行き着くと、それに続く建物の扉に有名な鍵穴がありました。そこからのぞくと本当にサンピエトロ大聖堂の丸屋根が真ん真ん中にきれいに見えたのには感心させられました。帰り道にサンタ・アレッシオとサンタ・サビーナ聖堂の中へ入り涼みがてら聖堂の内部を観察しました。ザヴェッロ公園から見下ろすテヴェレ河と対岸のヴァチカン側の景色のすばらしさに感心させられました。チルコマッシモに降りるため、サンタ・ザビーナ通りに続くムルチア谷通りを通りました。そこは両側にバラ園が広がりバラの香りが漂っていました。チルコマッシモ通りに降りたところは広場になっていてベンチでチルコマッシモの競技場とメッサリーナが娼婦をしていたという観客席の下に軒を並べていたという建物の遺跡をしばらくベンチに座って眺めた後、チルコマッシモの競技場の反対側の端まで歩いて行きました。そのあたりでカプチーノと肉と野菜のパンニーノで昼食を済ませました。その後すぐそばにある地下鉄B線のチルコマッシモ駅から3駅目のテルミニ駅で下車、ホテルに帰り着いたのは12時頃でした。ホテルに帰ると部屋の掃除がまだなので、ホテル近くのサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂とその先のサン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂を訪れた後、地下鉄A線サン・ジョバンニ駅から3駅目のテルミニ駅で下車、2時ころホテルに戻りました。夜にはホテルの人に紹介してもらった、ホテル近くのイタリア料理のおいしいというレストランに予約をしてもらいました。
予約済みのレストラン「アンティカ・ボエーム」はホテルから歩いて2分ほどのところにあって入り口は狭いものの中は広々としてデラックスな感じの空間でたくさんのウエーターがサービスよく働いていました。まずはじめに飲み物の注文を聞かれ白ワインを頼みました、白か赤かと聞かれ白と答えると大きな陶器の器に入ったワインが運ばれてきました。しまったワイングラス一杯と注文すべきだったと思いましたが、今更とあきらめました。あとでレシートを見るとたった3ユーロでした。ワインの量はボトル半分ぐらいです。ワインは水のようにがぶがぶ飲むのがイタリア式なのでしょうか。ほかの客のテーブルにも陶器の器がでんと構えているようでした。中にはボトル一本は入りそうな器を前にしている客もいました。次にプリモピアットはラザーニア。おいしかったけれど分量が多すぎ半分で切り上げ、セコンドピアットに子牛肉のステーキを注文。これも半分だけいただいて、後は残しました。デザートにピラミス。合計27ユーロ50セントとは安いのに驚きました。「おつりはいいよ」と30ユーロ払って店を出ました。満足のいく夕食でした。私には多すぎる量も近くの馬鹿でかいガリバー一家には少なすぎるのではと思いました。やっぱり最後の夜となる明日の夕食は日本食にしようかと考えています。

鍵穴を通して写真機のレンズを突っ込んで写す
肉眼では真ん中にサンピエトロ大聖堂の丸屋根がはっきりと見えたのだけれど・・・
c0173201_13495685.jpg


アヴェンティーノの丘から見た対岸の景色
c0173201_1352216.jpg


ムルチア谷通り
c0173201_13532728.jpg


ムルチア谷通りの両側はバラ園
c0173201_13545891.jpg


チルコマッシモ競技場と観客席
c0173201_1356450.jpg

[PR]
by pypiko | 2011-09-03 00:18 | ローマ

ローマ漫遊記その3

9月1日。今日もホテルを8時半に出発しました。塩野七生さんのガイドブックによる3日目のコースをたどる予定でした。マルス広場からチルコマッシモへ至るコースです。出発点のアルテンプス宮へ行くのに共和国広場から40番のバスにのってサンタンジェロ城のそばのピア広場まで行き、そこから徒歩で河岸通りを通り最高裁判所の重厚な建物の前のまで歩き、その前にかかるウンベルト一世橋を渡って出発点にたどり着きました。そこからナボーナ広場へ、ネプチューンの噴水、4大河の噴水、ムーア人の噴水とアングルを求めて写真をとっている間にかなりエネルギーを消耗してしまいました。近くのサン・ルイジ・ディ・フランチェジ聖堂のカバラッジョの絵は私の個人的な興味でどうしても立ち寄りたかったので見ることができ本望でした。それからパンテオンに入りラファエロの石棺も見ることができました。それから塩野七生さんのガイドブックにあるウスタチオ広場にあるカフェ「サンテウスタキオ」でカプチーノと板状のパン生地の上に干しリンゴを乗せて焼いたパンを注文。さあこれから半分以上も残したコースを午後の時間にたどるつもりで歩きは始めたところ右の股関節の痛みを感じました。今までになかったことです。大事をとって今日はここまでにしてホテルに帰ることにしました。最寄りのトッレ・アルジェンティーナのバス停に来た64番のバスでテルミニ駅まで帰ることができました。
夜は「支倉」というお寿司やさんに電話がやっと通じ予約が取れました。毎日電話をしても通じなかったのは8月中は夏休みで今日から開店だそうす。  
日本料理店「支倉」へ行ってきました。冷酒をコップ一杯、まぐろの刺身、酢の物(たこ、さけ、わかめ、きゅうり)漬け物盛り合わせ、味噌汁、ご飯でしめて50ユーロ50セントのところチップを含めて55ユーロ支払いました。やっと夕食らしい夕食にありつけた感じです。お客は日本人と外国人が半々、接待係の従業員のイタリア人二人も日本語が上手でアットホームな雰囲気でした。

共和国広場
c0173201_9363327.jpg



最高裁判所
c0173201_14141820.jpg


ナボーナ広場の噴水
 1 ネプチューンの噴水
c0173201_14155819.jpg


 2 4大河の噴水
c0173201_14163822.jpg


 3 ムーア人の噴水
c0173201_14171357.jpg


カラバッジョの絵のあるサン・ルイジ・ディ・フランチェジ聖堂
c0173201_14303218.jpg


カラバッジョの絵3点
c0173201_14344091.jpg


中でも有名な聖マタイの召命
c0173201_1433338.jpg


パンテオン内部の丸天井頂点部
c0173201_9173959.jpg


パンテオン内部のラファエロの石棺前
c0173201_9281519.jpg


ラファエロの石棺
c0173201_9181373.jpg

[PR]
by pypiko | 2011-09-01 20:55 | ローマ

ローマ漫遊記その2

8月31日。朝8時30分ごろホテルを出発。塩野七生さんのガイドブックのその2にしたがって歩き始めました。まず共和国広場に向かいました。朝の出勤時に重なり人の波を縫いながら歩くことになりました。共和国広場ではディオクラティアヌス帝の浴場跡を残して、ミケランジェロが設計した、サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会に入りました。天井が高くかってはプラネタリウムとして使われたことも納得のいくものに思われました。9月20日通りに出て、それに続くクイリナーレ通りへと進みクイリナーレ広場に出ました。クイリナーレ宮は現在首相官邸として使われているそうで正面入り口には衛兵の姿も見え、近辺は警察官の姿が多くみられました。ダタりア坂を下るとトレビの泉、そこからマラッテ通りを突き抜けコルソ通りを横切ってピエトラ広場に出るとマルクス・アウレウスの記念柱が高々とそびえ立っていました。そこからコルソ通りに戻って北に進み右に行くとスペイン広場に行き着くコンドティ通りと交わるところで右に向かわず、左に折れるとトマチェリ通りです。皇帝廟、アラパティスの所在地に向かう通りです。工事中のせいかあまり詳しく観察できずに通り抜けることになってしまいました。途中でJTBのサービスでピッツァテリアの無料券をもらっていたのでその店を探して昼食をとりました。その後、テベレ河の河岸通りを通り、カブール橋を対岸にわたってサンタンジェロ城のそばのピア広場でテルミニ駅へ向かうバスに乗ってテルミニ駅から地下鉄で一つ目の駅、ヴィットリア・エマヌエーレ駅まで行き昨日行きそびれた「トラットリア・モンティ」を探しあてた後ホテルに帰りました。ホテルからトラットリアまではタクシーを頼むほどではなくほんのの少しの距離だとわかりました。8時に開店なので、今、5時半。時間待ちです。
せっかく場所を確かめておいたトラッテリアは9月5日まで夏休み中でした。セルペンテ通りまでタクシーで行ってホテルで教えてもらったレストランが見つからず、歩いて探し求めているうちに行き当たりばったりに見つけたレストランに入りました。白ワインと前菜、烏賊と小エビの揚げ物、コーヒーにケーキ。すべて半分ぐらい残して食べ終えた後、レストランで呼んでもらったタクシーでホテルへ帰ってきました。行きのタクシーが7ユーロ、帰りのタクシーが6ユーロ、レストランでの食事代が20ユーロプラスチップに2ユーロ。計35ユーロでした。工夫の足りないお料理でした。明日の夕食はどうしようか考えてしまいました。

ディオクラティアヌス帝の浴場跡にミケランジェロの設計で建てられたサンタ・マリア・デッリ・アンジェリの教会
c0173201_16215047.jpg


サンタ・マリア・デッリ・アンジェリの教会内部
c0173201_9434294.jpg


クイリナーレ広場
c0173201_16263571.jpg


クイリナーレ広場からトレヴィの泉に向かうダタリア坂
c0173201_16294328.jpg


トレヴィの泉
c0173201_16311222.jpg

[PR]
by pypiko | 2011-09-01 00:31 | ローマ