瑠璃のかなたに

<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

伊作文 日食と清少納言

Nel periodico di informazioni per membro di una società di carta di credito“ Tenntoumusi”c'era un articolo di Shunnichi Takebe titolato " Seishonagon guardò una corona solare?".
Di solito io abbandonavo tale periodico senza leggere. Ma attirato l’interesse dal titolo ho provato di leggere questo articolo.
Si sembra essere capace indicare con calculare il tempo e il luogo in cui ogni eclisse totale è successo nel passato e succederà nel futuro.
Fin ora molti eclissi totali sono stati osservati in giapone ma tra cui ecceto l’eclisse totale nel 975 non c'era quella così grande in Giapone durante 2000 anni di passato. Tale grande eclisse non succederà in 1000 anni di future. Cioè l’elisse che è successo il 10 di agosto nel 975 era una grande eclise di una volta in 3000 anni.
Nel Giapone l’eclise totale dell'epoca di Heian nel 975 anni , se si intendeva di vederlo, si sarebbe potuto guardarla a Tokio, Yokohama, Nagoya, Kyoto, Osaka, Kobe cioè 6 grandi città di oggi.
Allora Seishounagonn forse aveva circa 10 anni.
Se si, al quel tempo Seishounagonn viveva in qualche luogo di Kyoto e ce sarà stato un'opportunità di vedere questa eclisse totale.
Secondo Takebe in "Il Libro di Makurnosousi c' è una parte scritta così “Stelle sono Suaru, Hikobosi, e Yuzutu etc”, per questo si pensa che lei aveva interesse per i corpi celesti. Perchè lei non sarebbe stata scritta sull'eclisse solare se lei l’aveva guardato da ragazza?
Forse anche lei, chiusa alla stanza, avrebbe avuto pregato co altri, perchè non sia sucesso sfortuna.
Un tempo o in occidente o in orieante l’eclisse solare era pensato come un segnare sfortunato, per questo si non poteva quardarla dettariamento per paura.
C’è anche un’ opinione che l’eclisse solare è successo al giorno quando Gesù stato giustiziato a Gerusalemme. Se questa cosa è vero o falso, non si può sicramente dirlo. Perchè non si può identificare il gorno dell'esecuzione di pena di Gesù.
Ma nel Nuovo testamente sembra essere scritto così.
Al giorno, dall' ora del mezzagiorno alle 3 ore del pomeriggio su tutta la superficiale della terra c’era un buio.
[PR]
by pypiko | 2012-04-27 21:49

メゾソプラノ 小山由美

今日は金曜日。テレビのチャンネルを回しながらBS放送で声楽家メゾソプラノの小山由美の一声を聞いて圧倒的な声量と凛としたたたずまいに魂を揺すぶられたかのような衝撃を受けました。テレビのチャンネルを回し続けるのを止めて、最後までこのコンサートを鑑賞しました。この間、日本の野球選手、ダルビッシュ投手がニューヨークヤンキースをきりきり舞いさせた勇姿が重なります。日本人にも、こんなに頼もしい人材がきら星の如く現れた始めた事を頼もしく思わずにはいられません。もちろん世界に向けて恥ずかしい事も多い日本の現状を憂いますが、とりあえずはプラス面に焦点を合わせて心穏やかに暮らそうと考えいる今日この頃です。


c0173201_7284139.jpg

[PR]
by pypiko | 2012-04-27 07:22 | その他

日食と清少納言

クレジットカード会社のUCカード会員情報誌「てんとう虫」5月号に「清少納言はコロナを見たか」という題で武部俊一(文)の掲載がありました。こういった雑誌はあまり読まないで廃棄してしまうのですが興味深い題名に惹かれて読んでみました。日食に関しては過去にも未来にも起こった時期と場所を計算上特定することが出来るそうです。
おなじ皆既日食でも日本でほんの局所的にしか観察されないものと日本の広範囲で観察されるものがあるそうです。
日本での皆既日食は平安時代、975年8月10日現代の東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸の6大都市を通る皆既日食で、これほどの規模のものは2000年間でこれしかなく今後1000年以内にもないそうです。即ち3000年に一度のめずらしい皆既日食だったそうです。これは漢文で書かれた「日本気略」に記述が見られるそうです。即ち清少納言はこの時10才くらいだったと考えられるそうです。そうだとすればこの時期、清少納言は都のどこかに住んでいて、この日食を見る機会があったはずだそうです。武部氏に寄れば、「枕草子には、星はすばる、ひこぼし。ゆうづつ(金星)などと綴られ、天体に関心を寄せていることが伺われる清少納言が、少女時代に日食を見ていたら日食に関する記載があってもよさそうなものです。にもかかわらず日食に関しては何も語られていないのは、室内にこもって災い除けの読経をしていたのかも知れません」だそうです。
なるほど、洋の東西、特に古代には日食は不吉な兆候と考えられていましたから大人も子供も怯えて、太陽をつぶさに見ることなど出来なかったことでしょう。イエスがエルサレムで処刑された日に日食がおきたのではないかという説もあるそうです。処刑の日が定かでない以上、推定の域を出ませんが「新約聖書」のキリスト最後の場面の描写に「昼の十二時から地上の全面が暗くなって、三時に及んだ」との記載があるそうです。
[PR]
by pypiko | 2012-04-24 20:53 | その他

伊作文 コレリ大尉のマンドリン

Recentamento ho guardato il film titolato “ Capitain Corelli’s Mandolin” che arcuni giorni fa avevo registrato.
Questo è una storia negli ultimi anni di Guerra mondiale II nella Grecia all’isola Kefaronia.
Fino allora all’ isola in cui non ci erano tanti contatti con stranieri sono arrivati una armata italiana e pòi una armata tedesca. Questa cosa ha portato una gran confusione nella vita dell’isola.
Una raggaza del paese Pergia aveva un fidanzato che è stato chiamato per la leva.
Lui gli mandava lettere più di 100. Ma lei non ha ricevuto nulla da lui. Durante la sua assenza lei ha conosciuto Capitain Corelli. Al primo lei l’ odiava ma a poco a poco tra loro due era crescerendo l’amore.
Il fidanzato che è tornato dal servizio millitare era chi non sa leggere e scrivere. Perciò non aveva potuto rispondere alle sue lettere.
Un giorno il genocidio di tutta l’armata italiana era fatto dall’ armata tedesca. Era l’ ex fidanzato ha salvato che ai artri è sembrato quasi essere morto.
Il capitano che è tornato in conscienza ha saputo chi l’aveva salvato.
Sapendo questa cosa Capitain Corelli ha pensato che non dovessi amarla ed è tornato alla Italia.
Dopo poco il grande teremoto è accaduto all’ isola.
Dopo qualche anno la casa di Pergiaveniva è stata riconstruita da sua padre ed lei è diventata medico senza sposarsi. Dopo qualche anni uno giorno lui è venuto da lei non dimenticando lei. Al fine loro si sono sposati.
[PR]
by pypiko | 2012-04-18 20:52 | 語学

コレリ大尉のマンドリン

ギリシャ・ケファロニア島での第二次世界大戦末期に於ける物語です。
ペネロペ・クルスが演じるケファロニア島の医者の娘ペラギアとイタリア占領軍ニコラス・ケイジの演じるコレリ大尉、二人の険悪な出会いから愛が生まれるまでの物語です。
今回見たのは以前夫と映画館で見た映画ですが懐かしく最近テレビで放映されたものを録画してあったものです。当時ギリシャに魅せられていて何度もギリシャに行ったり、古代ギリシャの勉強のために名古屋大学や南山大学に通っていたのでギリシャ関係の映画には興味がありました。ペネロペ・クルスがとても魅力的でした。オデッセウスの奥さんの名前がペネロペなので親近感があったためでもあります。ドイツ軍がイタリア軍を大量虐殺するシーンがあって、それに先だってイタリア人大尉とほのかな友情が育まれていたチロル出身の純朴なドイツ人大尉との出会いがありました。虐殺の任務を与えられたドイツ人大尉の苦悩する姿が映し出され、虐殺の後まだ息の根がかすかに残っていたイタリア人大尉に同僚の目を盗んで、とどめの一発を与えることなく見逃したり、ペラギアの以前の恋人で恋がたきであったはずのギリシャ人が瀕死の彼を見つけてペラギアのいる医師の父の家へ運び込んだりして助けるなど男同士の友情と人間愛を絡ませたり、相次ぐ不幸に見舞われた小島に地震が襲う場面があったりで内容の濃いストーリー性のある映画です。また地震のシーンはその起こり初めから災害後の状況に至るまでまざまざと映像化されていて迫力満点です。
私がこの映画に愛着を覚えるのは物語の舞台がケファロニアで夫と最後に行ったギリシャ旅行の際に立ち寄った島であること。
主演女優ペネロペ・クルスがオデセウスの奥さんのペネロペを連想させること。
主演男優ニコラス・ケイジの演じるコレリ大尉の一見軽率そうなイメージを与えていながら、本当は思いやりの深い男性をいかにもイタリア人らしい好感の持てる人物像に見せていた演技が光っていたこと。また彼の奏でるマンドリンの美しいメロディが物語の進行にマッチして、印象的であったこと。等々でした。
物語の中の重要な出来事となる地震の場面は東日本大震災を経験したあとなので一層生々しさが伝わってきました。
私が見たのは2度目ですが今後何度でも見たくなりそうな映画のひとつです。
[PR]
by pypiko | 2012-04-17 10:11 | その他

お花見 名古屋城

今日は歯医者さんの受診日で午前中のほとんどの時間を使ってしまったので午後の時間を読書に当てるにも家事に当てるにも中途半端になってしまいました。図書館は月曜日閉館なので近所の喫茶店で一時間ほど読書して帰りました。午後二時過ぎに家路に向かいながら風はなく空は晴れわたり道沿いのサクラの木はまばらながらどれも満開。午後の残り時間をお花見に使う事にしました。目的地は名古屋城にしました。敬老パスで交通費は無料ですし、名古屋城への入場料は500円が敬老手帳で100円で入場できました。サクラは満開で、とってもお値打ちなお花見でした。


c0173201_18154452.jpg



c0173201_18162542.jpg



c0173201_18171747.jpg



c0173201_18173881.jpg

[PR]
by pypiko | 2012-04-09 18:18 | その他

そよ風

台風のような春の嵐が通り過ぎてようやく春らしい春がやって来ました。
図書館へ向かう大通りに飾られた彫像、愛らしい少女の像「そよ風」が何ともその場にふさわしく立っていました。これにピントを合わせて写真におさめようと夢中になっていると一人の少女が話しかけてきました。今時、人なつっこいこんな子供は始めてです。鶴舞公園を通って図書館に行き着くまで私に同行してついてきました。名前は「はなちゃん」、今度3年生になる8才の女の子です。彫像の女の子が息を吹き込まれたかのような、まるで「そよ風」のような女の子でした。



c0173201_1517996.jpg



c0173201_15172971.jpg



c0173201_1517563.jpg

[PR]
by pypiko | 2012-04-05 15:18 | その他

伊作文 ダーチャ マライーニ

Quando cercavo il libro sul Sicilia prima di viaggia Sicilia, ho trovato il libro “Bagheria” da Dacia Maraini , titolato “ 帰郷 シチリアへ” in Giappone nella sorita bibrioteca. Non conosceva mai affatto Dacia Maraini fino allora. Per primo ho letto la spiegazione della traduttore della fine del volume ed l’ho avuto interesse
Perché Dacia Maraini è nata nel 1936, è della quasi stessa eta con me.
Suo padre che era recentamente morto, era uno studioso di antropologia, particolarmente nipponologia.
All'ultimo stadio della seconda guerra mondiale vivevano con sua moglie e sua figlia Dacia Maraini per due anni.
Suo padre è stato costretto la firma di lealtà al'governo di fascismo ed l’ha rifiutato.
Allora è stato cociderato come offensore politico, e ha dovuto con la famiglia passare per due anni nel campo di concentramento di Nagoya. Dacia Maraini che allora era dai 7 anni ai 9 anni sembra avere fatto esperienza di fame terribile.
In questo libro è scritto sulla vita del’infanzia di Dacia Maraini per alcuni anni dopo che è liberato dal asilo nella Giappone ed è ritornata a casa a Sicilia.
Sua Madre era di sangue nobile , ma i costumi della società nobile gli erano dispiaciuti. Da giovane lei è uscita da casa ed è andata a Firenze. Al Firenze si è incontrata con suo Padre e si è sposata con suo padre. Cioè la Sicilia è il paese natio di sua Madre.
Per suo padre sembre essere più difficile vivere nel mezzo di società di nobile che sua madre.
Un giorno lui era scappato da casa.
Negli ultimi anni Dacia Maraini era riuscito come romanziere, poeta, drammaturgo.
Un'altra mia interessa è la vita privata di Dacia Maraini.
La autore di la storia, Elsa Morante era la moglie di Alberto Moravia.
Dopo che aveva divorziato dalla moglie, Alberto Maravia ha scelto Dacia Maraini come compagna di vita che aveva 29 anni più giovane di lui. Dopo questo Alberto Maravia si è sposato un’altra donna che aveva 45 anni più giovane di lui.
Cioè Alberto Maravia lui ha sviluppato queste due grande scrittori Elsa Morante e Dacia Maraini o è stato sviluppato da loro. Io non lo so.
[PR]
by pypiko | 2012-04-04 06:51 | 語学

ダーチャ・マライーニ

シチリア旅行を目前にして、図書館でシチリア関係の本を書棚から取り出してはつまみ食していました。そんなときに見つけたのがダーチャ・マライーニの「帰郷 シチリアへ」でした。
ダーチャ・マライーニについては全く知りませんでした。先ず巻末の訳者の解説を読んで興味を覚えました。
彼女は1936年生まれですから、私とほぼ同年輩です。つい最近亡くなった彼女の父は文化人類学者で日本研究家フォスコ・マライーニ。自国イタリアのファシズムを逃れて、妻と娘ダーチャを伴って日本に留学したそうです。アイヌ文化を研究しつつ北海道大学、京都大学で教鞭をとり、多くの日本人と交流していたそうです。父はファシズム政権への忠誠を誓うための書類に署名することを強要され、それを拒否して政治犯となり、一家は2年間、名古屋の強制収容所に隔離されたそうです。官憲の厳しい監視のもと、他のイタリア人政治犯と共に、ダーチャはおよそ7歳から9歳までの2年間を収容所で過ごし、東海大地震、名古屋の大空襲を体験し、すさまじい飢えを経験したそうです。日本人の外地からの引き揚げ者の私たち家族も同時期、同じような飢餓の苦しみを体験しています。「帰郷 シチリアへ」は収容所暮らしから解放されシチリアへ帰郷したダーチャ・マライーニの子供時代を描いたものです。帰郷したシチリアは結婚前の母が、貴族社会のしがらみを嫌って家を飛び出し、フィレンツェで父と結婚した母の故郷ですが、ダーチャが一番愛した父は母以上にシチリアの没落貴族の社会になじめなかったのかダーチャの子供時代に、子供のダーチャには分からなかった理由で、ある日、忽然と家を出たきりだそうです。ダーチャは成人して小説家、詩人、劇作家として成功しています。
もう一つ私が興味を引かれた理由は、ダーチャ・マライーニの私生活です。私のイタリア語講座で読み終えた「ラ・ストーリア」の著者エルサ・モランテとの関わりでした。エルサ モランテの夫であったアルベルト・ モラヴィア(イタリアを代表する小説家の一人)がモランテと離婚後、同棲したのが29才年下のダーチャ・マライーニ。モラヴィアはダーチャ・マライーニとの同棲生活の終止符を打った後、1985年に45才年下のカルメン・イェラと結婚。80歳を過ぎても現役の作家として旺盛な執筆活動を続け1990年に死亡しています。アルベルト・ モラーヴィア、エルサ・モランテ、ダーチャ・マライーニと名前を列挙するだけでイタリアを代表する大作家の名を目にするが如くです。アルベルト・ モラヴィアは二人の偉大な女流作家を育てたのでしょうか、それともアルベルト・ モラヴィアが二人の才能ある女流作家の影響を受けたのでしょうか興味のあるところです。
[PR]
by pypiko | 2012-04-03 09:24 | その他

お墓参り

今年は春の訪れが遅いようです。冬がいつまでも居座って春を寄せ付けないようでした。雨だったり風がひどかったりで、お墓参りをのばしのばしにして何か宿題をやり残したようで落ち着かない気分でした。今日は4月1日。日曜日。名古屋のサクラもやっと開花宣言がなされました。久しぶりの青空が窓いっぱいに広がっているのを見て、お墓参りを思い立って、夫の両親と夫が眠る名古屋の八事霊園へ出かけました。ここは見渡す限りのお墓が建ち並んだ巨大な集合墓地です。


c0173201_2150514.jpg

[PR]
by pypiko | 2012-04-01 22:19 | その他