瑠璃のかなたに

<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

伊作文 シチリア旅行

Io ho gia letto l’opera letteraria in quindici volumi di Nanami Shiono titolato “ La storia di romano “ cinque volta dall’ inizio alla fine. Dopo questo io sono stata completamente incantata dall’Italia. Le tre viaggi passate italiani sono stati da nord Itarlia a Napoli. Dopo il terzo viaggio ho cominciato a pensare a viaggiare in Sicillia.
Nella pubblicità di principali agenzie di viaggio non c’era buon progetto di viaggio di sicillia. Quindi io ho cercato il viaggio di sicillia attraverso internet. Il progetto di un viaggio di Sicillia dell’agenzia Eurasia mi è piacuto molto.
Li luoghi della visita sono Palermo, Cefalù, Monreale, Mozia, Erice, Traprni, Marsala, Mazara del Vallo. Selinunte, Agrigento, Piazza Armerinna, Caltagirone, Noto, Ragusa, Siracusa, Taormina, Catania.
La nostra accompagnatrice dell’agenzia Eurasia Ryokougaisha ha una carriera di nove anni in questo mestiere. Lei era intelligente e parlava chiaramento e ha semple fatto giusta decisione contro ogni caso imprevisto. Nel ogni luogo la guida tristica locale guida a noi con lei. Lei interpretava l'espretazione della quida con prciso. Il numero di partecipanti era 15. Questo numero non era troppo molto e non era troppo poco. Cioè: una coppia, una familia con una coppia e una figlia, una coppia di sirelle, una coppia di amiche, due uomini e quattro donne separati. A tutte tra quattro donne separate come me piaceva vino. Finora intorno a me non c’erano state donne chi possano bere alcol. In questo viaggio io ho potuto bere vino italiano che è buono liberamente. Questo era molto contento per me.
A proposito due settimane prima del viaggio io ho avuto mal della sinistra caviglia a cui aveva preso una storta. Io esitavo a participare a viaggio. Senza a me il viaggio non sarà fatto. Perchè per realizzarsi viaggio bisognano più di 15 partecipanti. Nonostante io avessi detto sulla storta alla caviglia, mi hanno recevuto con piacere. Con applicare delle compresse e cavigliera al tempo di partire la condizione della mia caviglia migliorava abbastanza.
Io ho pottuto continuare il viaggio fino al fine. Per me questo viaggio era il più meraviglioso nella mia vita. Anche l’anno prossimo vorrei visitare qualche luogo delle coste del mediterraneo.
[PR]
by pypiko | 2012-05-31 18:28 | 語学

ブラシノキ

ブラシノキ、カリステモンというそうです。
ブラシのような花を咲かせることからブラシノキとよばれるそうです。

中日新聞の記事
c0173201_7485116.jpg


旅行先のラグーサで、私の人生で私がはじめて見たブラシノキ。今朝の中日新聞に鶴舞公園のブラシノキの花が満開だとの記事が載っていました。早速徒歩で行って見て来ました。 人生二度目の遭遇は近所の鶴舞公園でした。奇遇です。

鶴舞公園のブラシノキ
c0173201_16144721.jpg
c0173201_16185848.jpg

[PR]
by pypiko | 2012-05-30 07:49 | イタリア旅行

シチリア旅行回想記1

塩野七生のローマ人の物語を5回通読し、その他の塩野作品読みあさって、すっかりイタリアに魅せられてしまいました。過去3回のイタリア旅行は北イタリアからナポリまでです。前回の旅行を終えて、次ぎにシチリア旅行をしてみたいという思いを強く持ち始めましたが、主な旅行会社の広告には適当なシチリア旅行が組み込まれていません。インターネットで見つけたユーラシア旅行会社の「シチリア島を極める」という企画が時期といい、コースといい私の望みにぴったりのものでした。
訪問の街はパレルモ、チェファルー、モンレアーレ、エリチェ、トラパーニ、モツィア、マルサラ、マザーラ・デル・ヴァッロ、セリヌンテ、アグリジェント、ピアッツァ・アルメリーナ、カルタジローネ、ラグーサ、ノート、シラクーサ、タオルミナ、カターニアです。同行の添乗員さんは9年の経験のあるベテラン女性添乗員さんで各訪問先で現地のガイドさんの通訳をしながら先導してくれました。参加者15名も多すぎず、少なすぎずの人数でした。夫婦1組、三人家族1組、姉妹1組、友達同士1組、一人参加は男2人、女4人、計15人でした。一人参加の女性4人はワインをたしなめる人ばかりでした。これまで私の周りにはあまりお酒の飲める女性はいなかったのでワインの本場で心置きなくワインが飲めたのはとてもうれしいことでした。旅の2週間前に以前何度か捻挫した右足首が腫れて痛み始めたので、旅行を中止すべきかどうか迷ったすえ参加を決断しました。参加者15人以下では旅行が催行されないという理由で旅行会社も足の悪い高齢の私を好意的に迎え入れてくれたようでした。湿布とサポーターで治療を続けたお陰で旅行の後半に入ってかなり足の状態が改善し最後まで旅を続けることができました。また来年も地中海沿岸のどこかに行こうという思いを強くているところです。

c0173201_623737.jpg

[PR]
by pypiko | 2012-05-29 15:07 | イタリア旅行

ユーラシア旅行会社のシチリア旅行「シチリア島を極める」 

出発前日 5月14日中部国際空港から成田国際空港          
     中部国際空港 発(1740)JL3086
     成田国際空港 着(1850)                        成田泊          
                                             
第一日目 5月15日成田国際空港  発 (0935)AZ 783
     ローマ・フィウミチーノ空港 着(1520)
     ローマ・フィウミチーノ空港 発(1715)AZ1795
     パレルモ          着(1825)                パレルモ泊

第二日目 5月16日パレルモ~チェファルー~パレルモ バスで移動 

     チェファルーの街並
c0173201_2110646.jpg
 
     チェファルーの大聖堂
c0173201_21305383.jpg

     チェファルーの遠景
c0173201_2054517.jpg

     パレルモ                                パレルモ泊

第三日目 5月17日パレルモ発~モンレアーレ~トラーパニ~モツィア島~エリチェ  
   バス 船 バスで移動

     モントアーレ大聖堂 ファサード
c0173201_21511464.jpg

     モントアーレ大聖堂 内部
c0173201_21532858.jpg

     モントアーレ大聖堂 内部の床面のモザイク
c0173201_21535046.jpg

     モントアーレ大聖堂 内部
c0173201_231548.jpg

     モントアーレ大聖堂 中庭
c0173201_2355382.jpg



     トラパーニ地方の塩田
c0173201_2371848.jpg

     トラパーニ地方の塩田の風車
c0173201_2383010.jpg

     モツィア島
     ホイターカー博物館 泣き笑いの面
c0173201_2310216.jpg

     モツィア島
     ウチワアサボテンの実
c0173201_23125539.jpg
 
     
     エリチェ 
     トラパニ門
c0173201_2316309.jpg
 
     エリチェ
     ノルマン城
c0173201_23164923.jpg

                                             エリチェ泊


第四日目 5月18日エリチェ~マルサラ~マザーラ・デル・ヴァッロ  バスで移動
 
     シチリア最先端  ボオエ岬よりの展望
c0173201_347593.jpg

     マルサラの町の地図
c0173201_3315522.jpg

     マルサラの町の門   
c0173201_3322082.jpg

     マザーラ・デル・ヴァッロ
     写真未掲載

     セリヌンテの聖域 カートに乗って
c0173201_3343051.jpg

     セリヌンテの聖域 ヘラ神殿
c0173201_3345275.jpg

                                         アグリジェント泊

第五日目 5月19日アグリジェント~カザーレ荘~カルタジローネ~ピアッツァ・アルメリーナ

     アグリジェントの神殿の谷
     オリーブの巨木
c0173201_4233634.jpg

     アカンサスの花       
c0173201_4243322.jpg

     竜舌蘭の花      
c0173201_4253472.jpg

     ウチワサボテンの花     
c0173201_4262981.jpg


 ピアッツァ・アルメリーナのガリバルディレストランで昼食のあと、カザーレ荘へ向かう
     ガリバルディレストラン
c0173201_1859929.jpg

     ピアッツァ・アルメリーナの街並
c0173201_18593894.jpg

     カザーレ荘
c0173201_19133588.jpg

c0173201_1914286.jpg

c0173201_1915234.jpg


     カルタジローネ
      陶器の街
c0173201_19233957.jpg

c0173201_1924457.jpg

c0173201_19243043.jpg


     ピアッツァ・アルメリーナ郊外  アグリーズモ ジリョット 
c0173201_19354592.jpg

c0173201_19361233.jpg
c0173201_19362966.jpg

c0173201_19472824.jpg

c0173201_22345078.jpg


 
                                ピアッツァ・アルメリーナ郊外泊 

第六日目 5月20日ピアッツァ・アルメリーナ郊外~シラクーサ~ノート~シラクーサ

      シラクーサの考古学地区
      ディオニソスの耳
c0173201_19572233.jpg

      アカンサス
c0173201_19573770.jpg
 
      ギリシャ劇場
c0173201_19575046.jpg

      地下墓地
c0173201_1958678.jpg

      オルティジア島の旧市街
      市庁舎
c0173201_202061.jpg

      ドゥオーモ
c0173201_20202466.jpg

      アルキメデ広場
c0173201_20291024.jpg

      アレトゥーザの泉
c0173201_202055100.jpg


      ノート
      インフィオラータ
c0173201_2051398.jpg

c0173201_20512928.jpg

c0173201_2051456.jpg

c0173201_20525412.jpg

c0173201_20565366.jpg

c0173201_20533647.jpg

c0173201_20544297.jpg


                                           シラクーサ泊 
  
第七日目 5月21日シラクーサ~ラグーサ~タオルミナ
     ラグーサ 
  ラグーサスペリオールからラグーサイブラを望む
c0173201_757567.jpg
 
     ラグーサで見つけたブラシの木
c0173201_805072.jpg

c0173201_824690.jpg
 
c0173201_83565.jpg

c0173201_832467.jpg
 
c0173201_834217.jpg
  
c0173201_84794.jpg

c0173201_842672.jpg
 
c0173201_844547.jpg


                                          タオルミナ泊  

  
第八日目 5月22日タオルミナ滞在
      タオルミナからエトナ山を望む
c0173201_953261.jpg
 
      インベルト通りのメッシーナ門
c0173201_9534255.jpg

      インベルト通りのおみやげ店
c0173201_9535661.jpg

      タオルミナよりカステルモーラを望む
c0173201_9541444.jpg

      タオルミナのギリシャ劇場
c0173201_954287.jpg

      船の出航決定を待つ(波やや高し)
c0173201_9544486.jpg

      ユーカリの木
c0173201_9573837.jpg
  
                                           タオルミナ泊
第九日目 5月23日タオルミナ発  (午前)バス
     カターニャ空港発 (1220)AZ1732
     ローマ・フィウミチーノ空港 着(1340)
     ローマ・フィウミチーノ空港 発(1510)AZ784
     成田国際空港着  (1020)  
成田国際空港より中部国際空港へ
     成田国際空港  発(1550)JL3085
     中部国際空港  着(1700) 
 
帰りの飛行機から   
c0173201_2224868.jpg

     旅行の同行者 鈴木映子さんの作品です。
     あまりきれいな写真なので、ご本人に許可をいただいて掲載させていただき
     ました。
[PR]
by pypiko | 2012-05-25 21:13 | イタリア旅行

シチリア旅行日程表

いよいよシチリアへ出発の日が間近です。日程は下記の通りです。

シチリア旅行日程
5月14日中部国際空港から成田国際空港    成田で一泊
5月15日成田国際空港  発 (0935)AZ 783
     ローマ・フィウミチーノ空港 着(1520)
     ローマ・フィウミチーノ空港 発(1715)AZ1795
     パレルモ          着(1825)   パレルモ泊
5月16日パレルモ バスで移動
     チェファルー 
     パレルモ                    パレルモ泊
5月17日パレルモ発 (0800)バス
     モントアーレ
     トラパーニ地方
     モツィア 
     エリチェ着 (午後)               エリチェ泊
5月18日エリチェ バスで移動 
     マルサラ発  (0830)バス
     マザーラ・デル・ヴァッロ
     セリヌンテ
     アグリジェント着 (1800)      アグリジェント泊
5月19日アグリジェント発 (0830)バス 
     カザーレ荘
     カルタジローネ
     ピアッツァ・アルメリーナ郊外    着(夕刻)  
                  ピアッツァ・アルメリーナ郊外泊 
5月20日ピアッツァ・アルメリーナ郊外 発 (午前)バス 
     シラクーサ
      ノート
     シラクーサ着 (1900)           シラクーサ泊   
5月21日シラクーサ発 (午前)バス
     ラグーサ  
     シラクーサ着(夕刻)             シラクーサ泊    
5月22日タオルミナ滞在               タオルミナ泊
5月23日タオルミナ発  (午前)バス
     カターニャ空港発 (1220)AZ1732
     ローマ・フィウミチーノ空港 着(1340)
     ローマ・フィウミチーノ空港 発(1510)AZ784
     成田国際空港着  (1020)  
成田国際空港より中部国際空港へ
[PR]
by pypiko | 2012-05-09 18:00 | その他

伊作文 小山由美

La matina del venerdì scorso prendendo la colazione, mi ho fermato la mano con cui giravo canale senza uno scopo preciso per vedere la TV. Perchè la voce di una mezzosoppana nella TV era meravigliosa.
Io non l’ho conosciuta fino allora.
Appena quando avevo sentito la sua voce per poco, dimenticato di girare canale in più ho continuato a guardare questo programma fino a fine.
Lei non ha la voce meravigliosa ma ha la figura graziosa.
In questo concerto lei ha cantato qualche aria famosa dalle opere liriche e qualche canzone dalla musica classica in tedesche, in francese e in italiano, oltre a quelle, una opera originale di un compositore moderne.
Questa opera è composta basata su sette haiku del Basho dal compositore moderno chiamato Franz Yohem Herfelto. Koyama Yumi stava a cantarla senza accompagnamento di pianoforte.
La opera esprime il mondo del Basho attraverso la musica. Faccendo melodìa opera dai fischi, i schiocchi della lingua, le fuse della gola ecc, senza parole usando la bocca come strumento musicale, si esprime il suono dell’acqa, il fruscio dell’albero, il canto di insetti.
La sua abilità con cui può soddisfare la richiesta tale difficile del compositore è meravigliosa.
Ora lei sembra svolgere una grande attività in Germania. Pòi recentamente lei sembra avere ricevuto un certo grande premio.
[PR]
by pypiko | 2012-05-06 14:05