瑠璃のかなたに

<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

マホメット

コーランはマホメットが神の啓示を受けて彼の生涯の晩年の22年間のいろいろの時に聴衆を前に語りかけた言葉の断片を後の時代になって、集めて書物としてまとめ上げられたものだそうです。集められた断片はいろいろの容器に入れられてあったものを主に文章の長いのものから後ろに行くほど短いものに順番に並べられてあるため初期のものほど後ろにおかれている傾向にあるそうです。コーランはアラビア語で書かれていてアラビア語で朗読されなければならないそうです。アラビア語で朗読して始めてすばらしい韻律や抑揚がなめらかに聞こえるように作られているそうです。
紀元565年に、東ローマ帝国の皇帝ユスティアヌスが死に、その5年後570年にマホメットは遊牧民がまばらに住む砂漠地帯の一家族に誕生します。その一世紀も経ないうちにこれらの遊牧民たちがアジア、ペルシャ、エジプト、北アフリカなおスペイン攻略に向かう事となるほどにイスラム教の広がり方はすさまじかったようです。
マホメットの父は彼の誕生前に死んでおり母も彼の幼少時に死亡。祖父、叔父に育てられマホメットは読み書きの教育を受けることなく成人し商人となります。隊商でシリアへ行った25才の時、40才の子持ちの金持ちの未亡人ハディーシャに求婚され結婚します。マホメットは40才の時何日も洞窟にこもって考える日が続き、あるとき洞窟にいた彼のところにジブリール(マリアにキリスト懐妊を伝えたガブリエルと同じ天使)があらわれ神の言葉を伝えます。これ以後マホメットが死ぬまでジブリールは次々と神の言葉を啓示します。妻のハディーシャが最初の信者となり神の言葉を人々に広めるよう励ましつづけます。
ユダヤ教は旧約聖書を、キリスト教は旧約聖書と福音書を、イスラム教は旧約聖書と福音書とコーランを聖典にしているそうです。従ってこれらの三つの宗教は同じ神を信じる一神教です。イスラム教では、イエスは神にあらず預言書の一人と考えられています。マホメットもまた神ではなく預言者とされています。
マホメットのむすめ婿のアリーは彼の容姿について次ぎように語っています。
中背で高くも低くもない。その顔色はバラ色がかった白で、目は黒く、頭髪は濃く、つやつやとして美しく肩にかかっていた。おびただしいあごひげは胸までたらさがっていた。―――彼の容貌には、ひとたび彼を目の当たりに接したすべての者を、彼から去りかねるようにしてしまう特殊なやさしさがあった。たとえ私がうえていたとしても、この預言者の顔をみただけで飢えは追い払われてしまう。かれのまえでは、すべての人が嘆きも苦痛も忘れた

註:ここでは「デュラントの世界史」(日本語訳)に書かれているようにマホメットに統一していますが最近はムハンマドが一般的な呼び方のようです
[PR]
by pypiko | 2012-07-30 13:33 | その他

伊作文 ガラ・プラキディア

Il corso radiofonico di lingua italiano del 19 luglio e 20 luglio era sulla storia di Galla Placidia.
Lei è la persona che è visuta nei anni vicini della cauda dell’ Impero Romano Occidentale.
Lei è la sorella del il’imperatore Onorio.
Nel 410 la città di Roma è stata caduta dai Visigoti. Allora Galla Placidia di 20 anni con molti altri romani come prigioniera è stata portata via dai Visigoti.
Ataulfo, fratello del re del Visigoto Alarico poteva parlare latino e aveva la grande ambizione di fare un impero nuovo.
Galla Placidia si è innamorata di Ataulfo. Poco dopo suo fratello Alarico è morto a causa di una malattia. Pòi Ataulfo è divenuto il re del Visigoto.
Quindi Galla Placidia è divenuto la regina del Visigoto.
Ma poco dopo Ataulfo è assassinato. Galla Placidia è divenuta di nuovo una schiava.
Pòi Galla Placidia è venuta rimandata a Ravenna. Pòi la hanno sposato a un generale, da cui lei ha avuto due figlie. Ma ha perso anche questo marito a causa di una malattia
Pòi per lei era la cosa incredebile che suo fratellastro Onorio le ha costretto a sposarsi con se stesso. Lei è fuggita da lui all'Impero Orientale.
Poco dopo anche l'imperatore Onorio è morto a causa di una malattia.
Il suo figlio di 7 anni è divenuto l'imperatore di Impero Romano Occidentale, e lei ha regnato bene l’Impero Romano Occidentale fino alla fine della sua vita come madre di imperatore.
Nel mausoleo di Galla Placidia di Ravenna si può vedere il capolavore di mosaico di fama mondiale.
[PR]
by pypiko | 2012-07-25 21:46 | 語学

ガラ・プラキディア

私は「デュラントの世界歴史」の二通り目を読書中ですがちょうど西ローマ帝国の末期に差し掛かっているところです。NHKイタリア語講座の7月19日と7月20日の講義もちょうど西ローマ帝国の末期に運命に翻弄されながら数奇な生涯をたどった、ガラ・プラキディアのお話でした。
476年(西ローマ死して南無阿弥陀仏)西ローマ帝国滅亡の年を私流にこのように暗記しています。
410年、西ゴート族によりローマ(の街)が陥落、ホノリウス帝の妹であるガラ・プラキディアは20才でしたが、この時多くの捕虜と一緒にとらえられて西ゴート族に連れ去られました。西ゴート族の王アラリックの弟アタウルフはラテン語を解し、あらたな帝国を打ち立てる野望に燃えていました。ガラ・プラキディアはアタウルフと恋に落ち、まもなく病死したアラリックに次いで西ゴート族の王となります。それにともなってガラ・プラキディアは西ゴート族の皇后となります。アタウルフが暗殺されたあと、再び奴隷の身分に落とされます。その後、ラベンダに送り返されたガラ・プラキディアはあらたに一将軍と結婚させられて2児をもうけます。その将軍も病死します。するとあろうことか異母兄弟のホノリウス帝に結婚を迫られ東ローマ帝国に逃亡します。やがてホノリウス帝も病死します。彼女の7才の息子が西ローマ帝国の皇帝になり彼女は帝母として、450年に生涯を終えるまで、末期の帝国を切り盛りします。ラヴェンナにはガラ・プラキディア廟を始め各所に今も多くのモザイクの傑作が残されています。
 
[PR]
by pypiko | 2012-07-19 23:11 | その他

伊作文 2人のイタリア人ガイドさん

Due locali guide
Uno dei due si chiama Philippo. Lui ci ha guidato sui resti del palazzo di Casale. Lui ha sembrato essere della personalità simpatica. Perchè ogni volta che lui incontrava qualche conoscente lo baciava sulle guance e si abbracciava l'un l'altro. Questo palazzo di Casale era una villa che l'imperatore Maximilien ha costuruito nell'approssimativamente 310 per godere cacciare. C' era una stanza per un bagno, una sala da pranzo, un salotto, la stanza del coppia imperiale, una stanza dei servitori ecc. Il mosaico del pavimento della ogni stanza era stato rimasto, sia più che meno.
Era ora quando osservamo il mosaico di pavimento. Una guida feminile del gruppo tedesco che andava avanti di noi spiegava sul mosaico al suo gruppo in tedesco con l'alte voce. Noi li ha dovuto aspetare per il lungo tempo. La sua spiegazione non ha finito per semple. Perciò noi ed anche il gruppo americano dopo di noi ha cominciato ad essere irritati.
Allora la nostra guida Philippo che si è arrabiato contro lei. Noi abbiamo lodato il suo atto nel cuore aspettando il sua spiegazione. Ma da qui se ne è andato avanti senza una parole. Lui ha voluto finire di lavolare presto. Dopo avere presto fatto finire di lavorare lui ha cercato i suoi amici e lo abbiamo visto parlare allegramente con loro.
Lui sembrava essere stato preoccupato di perdere un'opportunità di trovare degli amici.
L’altra guida italiana è dell’ antica città di Sirakusa nell’ isola di Ortegia. Si chiama Santos. Lui era di mezza età ma abastanza bello perchè magro ed alto ed si vestiva elegante. Lui può parlare Giapponese abbastanza bene. Lui guidava la Sirakusa senza interpretazione della guida giapponese.
Per studiare lui ha parlato attivamente in giaponese con noi.
Finora lui è spesso venuto in Giappone. Questo annno ha piano di venire in Giappone per qualche mese alla fine dell'anno.
[PR]
by pypiko | 2012-07-16 21:52 | 語学

現地の二人のイタリア人ガイドさん

310年頃皇帝マクシミリアンが狩猟を楽しむため建てたカザーレ荘跡を案内してくれた現地ガイドさんはフィリッポさんといいました。床モザイクを見学していたときの事です。私たちのグループの先を行くドイツ人グループのガイドさんが声を張り上げてドイツ語で説明をしていました。私たちはそのグループが先へ移動するのをおとなしく待っていました。でもいつまでも終わりません。私たちのグループも次のアメリカ人のグループも次第にイライラが募ります。しびれを切らした私たちのガイドさんのフィリッポさんがとうとう大声を上げて抗議をしました。私たちは内心、次のフィッリッポさんの説明を期待して、彼の行為を賞賛していました。ところが私たちの期待に反して彼は一言二言で説明を終えて、足早に次ぎに移動し彼の仕事を早々と終えてしまいました。それまで出会った同僚と挨拶をしたり、言葉をかわしたりで忙しそうにしていたのでなんとお友達が多いのかと思っていましたが、仕事を終えてお友達をつかまえるチャンスを逃さないかと心配していたようでした。知り合いに会う度に両ほほにキスを交わしたり、抱擁したりで、お友達づきあいに余念がないイタリア人でした。もう一人のイタリア人ガイドさんのサントさんはシラクーサの旧市街オルティジア島出身の人です。背の高いすらりとした中年男性です。中折れ帽子をかぶり、服装もそれらしく、アメリカの西部劇に出てくる俳優さんのような人でした。日本語が堪能で日本人のガイドさんの通訳を介さずに案内してくれました。日本に何度も来ているそうで今年も年末に日本で何ヶ月か過ごす予定だそうです。私たち日本人との会話することを日本語の勉強のチャンスとしているだけあって私たちに対して愛想が良よく、説明にもここは日本で言うと山手線のどこそこのようだとか日本のたとえが随所に出てきて笑わせてくれます。教会の牧師さんやお屋敷のオーナーとの交友もあって見学に当たって優遇してもらったりもして良い気分でした。とても誠実で知的な感じの人でした。
[PR]
by pypiko | 2012-07-11 20:11 | その他

伊作文 ドイツから里帰り

Io ha una amica tedesca il cui maglito è un giaponese. Noi già siamo amiche da più di 40 anni.
Lei ha due figlie. Una figlia si è sposata con giaponese ed abita nel Giapone, la altra si è sposata con tedesco ed abita nella Germania. Ogni figlia ha due bambini.
Questo lunedì la mia amica mi ha invitato a casa per il te, perchè la più giovane figlia che abita nella Germania con due bambini era ritornato da lei dopo lunga assenza.
Le due figlie avevano preparato della torta fatta a mano.
Le figlie le so fino da bambino. Perciò loro sembrano essre le proprie figlie per me. Mangiando la buona torta, abbiamo parlato di questo e di quallo.
I nipoti della mia amica da una quarta di sangue giapponese sembrano essere tedeschi puri.
Invece i nipoti da una quarta di sangue Tedesco sembrano essere quasi giaponesi.
Una nipote della mia amica che abita nella Germania sembra entrare nella scuola elementare questo anno. La cerimonia di ingresso sembra essere tenuta ad agosto.
La cartella per bambini in età scolastica è generalmente vistosa. Perciò alla madre non piace la cartella tedesca. Ma ha detto che era contenta perchè sua figlia ha scelto quelo del più modesto colore.
Il grande bambino è autismo.
Lui è entrato in scuola ma non può studiare come altri.
Questo è troppo sfortunato per loro.
[PR]
by pypiko | 2012-07-11 08:22 | 語学

ドイツから里帰り

私のお友達のMさんはドイツ人です。40年以上前からの私の親友です。彼女の夫は日本人です。彼女には二人のお嬢さんがあって上のお嬢さんは日本人の男性と下のお嬢さんはドイツ人の男性と結婚して、それぞれ二人づつのお子さんがあります。ドイツ人の男性と結婚した下のお嬢さんが里帰りされたのでご自宅へお茶にご招待していただきました。お嬢さんたちは赤ちゃんの時から知っています。今度お会いしたのは下のお嬢さんとそのお子さん達でしたが、ふたりのお嬢さんがそれぞれに手作りのケーキを用意しておいて下さいました。おいしいケーキでした。日本人の血が四分の一のお子さん達は二人ともドイツ人の風貌です。一方日本人男性と結婚された上のお嬢さんのお子さんたちは四分の一ドイツ人ですが日本人の風貌です。今年はMさんのお孫さんのうちで一番年少の四分の一日本人の女の子が小学校入学だそうです。八月に入学式があるそうです。ドイツのランドセルは色や柄がたくさんあってはでなのが多いので、子供のお母さんには気に入らなかったそうですが子供の方が少し地味目の紫色のランドセルを選んでくれてほっとしているのだそうです。上のお子さんは自閉症があって普通学級に入っているもののお勉強にはついて行けないお子さんだそうでお気の毒です。
[PR]
by pypiko | 2012-07-11 08:18 | その他

シチリア旅行回想記6

I due ultimi notti in Sicilia siamo stati a Taormina. Taormina si trova tra Messina e Catania.
Taormina è la città fatta a quota 200 metri a mezza costa del Monte Tauro.
Si è visto il Monte Etna verso il sud-ovest e si è visto il Mar Iònio verso l'est.
La Strada principale di Taormina si chiama la via Umbelto di cui alle due estremità si trova la porta Messina e la porta Catania. Le strade di taormina sono stretti e passano a zigzag. Per questo si possono usare altre che le machine locale. L’autista del nostro minibus locale era una donna. Lei lavorava anche come guida.
Perché il mio posto era il posto subito vicino al posto della conducente, ho potuto spesso parlare con lei.
Lei ha detto di dovere cercare l'altro lavoro per sei mesi perchè non si può servire questo lavoro solamente per sei mesi fra un anno.
A taormina abbiamo fatto le spese nella via Umbelto e siamo andati giù alla spiaggia con la funicolare e da qui abbiamo navigato vicino alla costa.
Il condutore della nave nostra era un giovane ragazzo. Lui ci cantava diversi canzoni per contentarci. Poì indicando qusti o quelli visti dalla nostra nave li ha spiegati. Per esempio questo è il scoglio che Cyclops gettò a Odysseus. Quello è l'albergo del più alta qualità a Taormina a cui vengono le persone ricce dal tutto mondo. Ecc.
Poi abbiamo osservato il Teatro greco di Taormina.
In questo teatro, l'opera e il concerto sembrano ancora oggi essere tenuti.
Da questo teatro si vedono il Monte Etna e la costa del Mar Iònio nello sfondo. Questo panolama è molto meraviglioso.
Taormina è una città sicura. Di notte la donna da sola può andare per la strada. Noi alcune donne siamo andate a cenare al restaurante. Certamente non solo io anche altre alcune abbiamo bevuto un po’ troppo vino.
Mangiando gelato noi siamo ritornate all’albergo per la strada di notte .
La notte ultima di sicilia era divenuta meravigliosa ed indimenticabile.
[PR]
by pypiko | 2012-07-03 21:55 | シチリア旅行回想記

ユリアンナ・アブデーエワ

今朝朝食時にテレビのチャンネルを回しながらユリアンナ・アブデーエワの演奏に出会って最後まで目を釘付けにさせられました。六時から七時までの放送で見始めたのが6時半過ぎでしたから三十分足らずの時間でしたがとてもうれしい出会いでした。前の演奏が終わって次の演奏に差し掛かる前に次の演目の説明に入るところでした。リストの編曲でワグナーのタンホイザーの序曲の演奏を始めるに当たってユリアンナ・アブデーエワ自身の解説を自分の言葉で聴衆に語りかけていました。最近ショパンコンクールで優勝した若干25才か26才の知性と美貌を兼ね備えた女性アーチストです。リストがワグナー作品タンホイザーに敬意を表してそこに自分の音楽を投入することなくいかにワグナーらしさを表現しているかを語りかけていました。音楽に対する一途なひたむきさを感じました。演奏に当たってその表現力、体の動き、表情に魅了されました。
先日ユリアンナ・アブデーエワが来日してN響と共演してた時の映像だそうです。


c0173201_7353640.jpg

[PR]
by pypiko | 2012-07-03 07:36 | その他

シチリア旅行回想記5

旅の最後の2泊はタオルミナでした。タオルミナはカターニャとメシーナの中間の海岸線にあり、タウロ山の中腹の標高約200メートルに作られた街です。東にイオニア海、南西にエトナ山がすぐ近くに見えます。街のメインストリートのウンベルト通りの両端にはメシーナに向かうメシーナ門とカターニアに向かうカターニア門があります。タオルミナは道が狭く曲がりくねっているため地元のミニバスでしか移動できません。地元のバスの運転手さんがガイドの役もこなしています。私達のバスは愛想の良い女の運転手さんで、私の座席は運転手さんのすぐ横の助手席でしたので、私の下手なイタリア語の相手になってもらえました。1年のうち仕事が出来るのは6ヶ月だけなのであとの6ヶ月は他の仕事をしているそうです。タオルミナではウンベルト通りで買い物をしたり、ロープウエーで船着き場のある海岸まで下りて船で近場を一巡りしたりしました。船頭さんは若い男の子で歌を歌ったり、あの岩はキュクロープスがオデッセウス達にむかって投げた岩だとかあれはすごい高級ホテルだとか説明してくれました。タオルミナのギリシャ劇場を見学しました。この劇場は今もオペラやコンサートが催されているそうです。背景にエトナ山と海岸線が見え絶景でした。治安がよく夜の女性の一人歩きも大丈夫だそうで、女性の添乗員さんと一緒に希望者数人だけで小さなレストランで夕食をしました。もちろんワインも少し多めにいただいて夜道をアイスクリームを食べながらホテルへ帰りました。シチリア最後の夜は名残惜しい素敵な夜でした。

タオルミナのお土産やさん
c0173201_20282292.jpg


タオルミナのギリシャ劇場
c0173201_20284339.jpg


タオルミナの船着き場
c0173201_2029039.jpg

[PR]
by pypiko | 2012-07-01 20:12 | シチリア旅行回想記