瑠璃のかなたに

<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

藻塩について

古事記入門の2度目の授業を受けました。2時間の授業が物足りないほどあっと言う間に過ぎてしまいました。次は一ヶ月後です。次回の授業が待ち遠しい程です。
スサノウノミコトがイザナギノオオミカミの怒りに触れ、神の国を追放されることになったあと、別れを告げるため姉のアマテラスのもとへ行き乱暴者のスサノウノミコト故、誤解を招き、一悶着となる下りです。先生の流暢な朗読が古代にタイムスリップして、稗田阿礼が語りかけているのかと錯覚に陥るほどで聞き惚れてしまいました。
この授業には授業の合間に古のエピソードが入りそれも魅力です。今回は日本独自の製法による藻塩のついてのお話でした。日本書記にも古事記にもそれを暗に語っている個所が垣間見られるとか。神武天皇から仁徳天皇の時代付近まで食されていたようです。最近NHKでも藻塩についての放送があったそうです。
この方法での塩の生産は複雑でコストがかかるため外国の製法が主流になってから忘れられてしまったそうです。近年古代の製法が研究の結果解明され、古代の藻塩が復活し静かなブームを引き起こしているそうです。ちょっと味見をさせていただきました。美味でした。
健康にも良いとか。そのためこの時代の天皇は身長2メートル以上、寿命が優に100歳を超えることができたとか。これは眉唾としても健康食であることには異論を挟む余地がなく、科学的にも実証されているそうです。
[PR]
by pypiko | 2013-02-21 09:58 | その他

ムーンラッシュ

2月15日放送のテレビ番組 コズミックフロントから

日本の月探査機かぐやがハイビジョンカメラで月を500回周遊し月の精密な立体地図を作成し続いて各国の月への探索機が送り込まれるようになってきました。アメリカ、中国、インド、など各国が月へ探査機を送り込む試みが始まりました。ムーンラッシュの到来です。
かぐやのデーターからいろいろな新事実が明らかになってきました。

月の誕生について
ジャイアント・インパクト説
46億年前地球に火星サイズの天体が衝突、地球の一部がもぎ取られてその破片が地球の周りを周り始める。それらが徐々に集まって大きな固まりとなる。初めは地球の半径の4~5倍の位置に月があり大変近かった。地球の自転は一日が9時間と早かったが月が地球から次第に離れるにつれ地球の自転は遅くなり地軸が安定していった。
生命の誕生は地球と月が絶妙な位置関係におさまったお陰である。
月はいつも地球に同じ面を向けている。これは3億年前に兎模様の位置に隕石が衝突し、この部分が出来たことによって、地球に向ける月の面が決まったと考えられる。
月は2週間ずつ昼と夜を繰り返している。夜はー160度で月に長期滞在するためには月の夜の時間帯を乗り切る対策が必要である。
かぐやのデーターから月の南極近くに320日以上太陽の当たる地点が見つけられた。月に着陸するためにの好位置である。
月に水が大量に存在することも分かった。
かぐやの画像の解明から溶岩流の跡と見られる先に黒い穴がありここから溶岩流が月の内部へ流れ込んで流れの先に巨大な空洞を作っていると考えられる。ここを長期滞在の基地にすれば宇宙船から身を守ることが容易になると考えられる。
以上のことから月が将来的にはさらに遠くの宇宙へ旅立つための足がかりになる。
また月には利用価値の高い貴重な資源もある。

月全体を発電機にする考えもある。月の砂のケイ素から太陽光パネルを作って月の周囲に400メートルの間隔で取り付ける。これによる電気で地球全体の電力をまかなう構想は日本の民間レベルのものである。

アメリカ民間企業による賞金レースが打ち出されている。
ミッション
賞金額 200万ドル
①月面を500メートル以上走行
②指定された高画質の映像を地球に送ること
ボーナス 100万ドル
①アポロが残した機材を撮影すること +50万
②月に2週間滞在すること +50万
[PR]
by pypiko | 2013-02-18 18:24 | その他

伊作文 身辺のこと

Sono passati quattro anni e dieci mesi dopo che il marito era morto , ed adesso mi sono abituata anche alla vita da solo.
Ma di tanto in tanto ci sono anche le cose disturbate.
Per esempio, io chi sono debole, non posso spesso aprire il coperchio del bottiglia di plastica con l’acqua a mani nude.
Quando sono a casa, posso facilmente aprire il coperchio del bottiglia con lo strumento.
Ma quando andavo fuori, un tempo, chiedevo di aprirlo alla gente sconosciuta che si trovava lì per caso vicino a me.
Ma ultimamente l’idea che la donna vecchia di aspetto misero è odiata dal giovane mi ha fatto perdere corraggio di chiedere qualcosa alla gente sconosciente.
Quindi adesso intendo di fare qualsiasi cosa da sola tanto quanto possibile.
Si dice che anche la scimmia pensa e ripensa di fare la soluzione davanti alla difficoltà. Man mano che divengono vecchi, hanno la tendenza a fare aiutare cosa dificile al’altro.
Una volta sono riuscita a aprire il coperchio del bottiglia di plastica con le mani con i guanti di gomma.
l'altro volta sono riuscita a aprire il coperchio del bottiglia con il fazzoletto umido.
Al tempo di viaggiare in Italia, siccome non ho pottuto aprire il coperchio del bottiglia di plastica con l’acqua ad ogni modo, ho tagliato la parte del collo di bottiglia con forbici ed ho potuto bere l’acqua.
Il altro esempio era come seguente.
Il diametro del coperchio della bottiglia di vetro con il miele era circa 7 cm perciò il coperchio è troppo grande per la mia mano. Per questo non ho efficientemente potuto usare la forza delle miei mani.
Al questo tempo sono riuscita ad aprire il coperchio con le mani con guanti di pelle.
Siccome questi guanti erano sottili e stretti, ho potuto efficientemente usare tutta la forza delle miei mani per questo.
Adesso io faccio quasi tutti da solo. Per esempio scambio da sola anche la lampadina che si è fulminata.
[PR]
by pypiko | 2013-02-11 10:04 | 語学

伊作文 名古屋の中心街(栄)の再開発構想

Sul giornale Chunichi Shimbun del quattro febbraio ho letto l’ articolo titolato “Daitec, ristrurazione di quartiere di Sakae”.
Si dice che il gruppo di Daitec acquisti l’edificio con Maruzen e ex-Meidi-ya, e intende la ristruzione di questa area.
Il contratto d’affitto di Meidi-ya scade al maggio nel 2014. Quindi per realizzare il piano devono aspettare almeno fino a 2015.
Da una parte il lato del gruppo di Daitec pensa che Meidi-ya deva entrare l’edificio nuovo e là continuare affari anche dopo la riscostruzione.
Dall’altro parte il lato di Meidi-ya dice che voglia decidere in vista della la condizione di contratto dopo ricostruzione.
Fin ora Il gruppo di Daitec ha esperienza di avere aperto una libreria grande Mana Hause o una sala dei cncerti di jazz.
Si dice che il gruppo di Daitec è un gruppo di impresa che ha comincitato con trattare il sviluppo del software e gradualmente si è esteso la mano nelle altre sezioni.
Adesso i dettagli del piano sono indecisi.
A dire grosso modo il piano è così.
Cioè la sottoterra ed le basse piani del edificio è usato in commercio per mangiare e bevere, ed un'istituzione di servizio, e le alte piani sono create come condomini.
Sembra che Sig.Hori fondatore di gruppo pensi di divenire un pioniere di ristrutturazione di Sakae.
Per questo il suo slogan è seguito “ cambiamo Sakae in Città allegra” .
[PR]
by pypiko | 2013-02-08 08:18 | 語学

名古屋の中心 栄の再開発を狙うダイテック

今朝(2月4日)の中日新聞にダイテック「明治屋、丸善一帯を再開発」の記事が掲載されていました。
ダイテックグループが旧丸善、明治屋のビルを買収し、ここを中心に栄地区の再開発に乗り出すそうです。明治屋の賃貸借契約は2014年5月までのため2015年以降の着手が予定されているそうです。ダイテックグループ側の意向としては明治屋は「再開発後に営業部分で営業してもらえばいい。話し合いたい」と、明治屋は「移転は白紙。立て替えた後の再入居は、条件が合えば検討したいが未定」だそうです。
ダイテックグループはこれまでに大型書店「ナナハウス」、ジャズライブハウス「ブルーノート」などの開業の経験をもっています。ソフトウエアー開発を手がけ、次第に他部門に手を広げた企業グループだそうです。
再開発計画の詳細は未定だそうですが、地下と低層階を商業、飲食、サービス施設にし、高層階を分譲マンションにする案を検討中だそうです。
グループ創業者堀誠氏は「栄、より楽しい場所に」をキャッチフレーズに栄の再開発の旗手になる意向のようです。「名駅と違い、栄はごちゃごちゃした感じが魅力。人が集まり、楽しい場所にしたい」と語っています。
[PR]
by pypiko | 2013-02-03 18:19 | その他