瑠璃のかなたに

<   2013年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

古代ローマの食事事情

ローマ人の食文化
昨日受講の中日文化センターでの世界史の授業は古代ローマ人の食糧事情についてでした。
はたして「パンとサーカス」の無料配付はローマ市民を怠惰にさせ堕落させたというのは本当でしょうか。講師の比佐先生は、この問題を食糧の調達から配付までの労働力を計算によって示し、怠惰では成り立たない社会構造を説明されました。
一日二食が習慣であった人口100万のローマ市民を1年間食べさせるためには、一人につき1年間に237キロの小麦が必要だとして、23万7千トンの小麦が必要となります。外洋船の平均的な大きさは、約250トンとされていますので、23万7千トン÷250トン≒948隻となり1年間の外洋船の運行は948回を要します。オリーブ油は1年間で1人につき20リットルを消費すると仮定すれば、100万人分は1万8千トンで250トンで割ると640隻。ワインは1人につき100リットルとして100万人分は10万トン、これに輸送用の壺の6万トンを加えて16万トンを250トンで割ると640隻。全て合計して約1702隻が必要となります。地中海は冬に荒れて航海が出来ないため100日のみが航海可能であるとなると、一日につき平均約17隻の船を到着させなければなりません。荷物は一度オスティアの倉庫に保管されるので外洋船から倉庫に運び入れるのに航海シ-ズンが100日として、一日につき9万3千人分の労働力が必要となります。ティベル川を積載量平均70トンの艀船で、穀物・オリーブ・ワインの合計42万3千トンをローマに運ぶには6043艘分の艀船が必要です。ローマまでの往復は約1週間かかるので6043艘÷52週≒116艘となり、1日あたり116艘の艀船が必要です。艀船は両岸をロープを使って引っぱりながら動かすのでその分の人手が必要です。
このための労働力は奴隷ではなくローマ市民が当たっていました。奴隷はむしろ、専門的な仕事に当たらされていたため、都市に住んでいた一般の人々が働き手でした。たとえ「パンと見せ物」が無料に提供されていたとしても衣服の購入や住居費や日常雑貨のための金銭は必要でした。
ローマの食糧事情を見る限り「パンと見せ物」が人々を怠惰にしたとは言い切れないようです。
[PR]
by pypiko | 2013-05-28 16:00 | その他

伊作文 殺人ロボット

Sta cominciando ad essere avvertito che diviene impossibile per uomo controllare un robot nei recenti anni.
"Perciò, l'opinione che deve impedire sviluppo e prodotto dei robot da omicida comincia ad apparire nella società internazionale.
In Giappone, il prodotto o uso di un robot che può servire come armi è vietato dalla costituzione.
Cioè può lasciare scoprire ed distruggere la sostanza esplosiva come la miniera a cui la gente non si puo avvicinare per pericolo ma non può lasciare ucidere nemico al robot.
Perciò, la Società di Robot del Giappone non intenda collaborare alla ricerca militare del roboto con nessuno paese.
Si dice che in Corea da 2010 anno il robot è collocato nella zina demilitarizzato del confine militare con nord Corea e quando bisogna può attaccare con la conclusione del conputer dal luogo distanza.
Negli Stati Uniti il ragione che non può mancare il sviluppo del robot è pechè se può ridurre i sacrifici di un soldato anche può redurre il numero di pencionato per guerra.
Per questo Giapone corre come il primo del sviluppo di robot di forma umana ma rifiuta di fare la cooperazione per il sviluppo di robot con Corea o l'U.S. ecc.
[PR]
by pypiko | 2013-05-27 08:56 | 語学

殺人ロボット

近年、人間がロボットを制御出来なくなることが警告され始めています。「殺人ロボットの開発、製造を禁止せよ」という声が国際社会に出始めているのはそのためです。日本では憲法によって兵器となり得る殺人ロボットの製造や使用が出来ません。地雷など人が近づくと危険な爆発物を破壊処理するロボットの研究開発はしていますが敵を発見して攻撃するロボットの開発は行われていません。日本ロボット学会も、軍事研究には一切の協力はしないと言う立場だそうです。韓国では2010年から、北朝鮮との軍事国境線の非武装地帯にロボットが配備され、離れた場所から警告、攻撃の手段がとられるように仕組まれているそうです。アメリカでは殺人ロボットにより兵士の犠牲を減らせるだけではなく、膨大な額になる遺族年金なども必要がなくなるため兵士にかわるロボットの開発に力が入れられているそうです。
人型ロボット開発の最先端を行っている日本が韓国、米国などと協力にすることなく、独自の研究に留まっているのは単に平和利用のみを目指す日本の意図からのようです。
[PR]
by pypiko | 2013-05-25 09:22 | その他

伊作文 北斎

Oggi l’ukiyoe del Giappone è valutato nel mondo.
Specialmente Hokusai era valutato dagli impressioniste.
Si dice che Gogh è anche famoso come collezionista di Ukiyoe, e ne possedeva approssimativamente 500 punti.
Si dice che Gogh ha ricevuto influenza da Hokusai Katsushika.
Gogh ha riprodotto qualche Ukiyoe di Hokusai.
Anche Debussy ha usato Ukiyoe di Hokusai (神奈川沖浪裏) come pittura della copertina dello spartito del poema sinfonico “La male” pubblicata in 1905.
Questo autunno nel Museo britanno a Londra la mostra del’ukiyoe intitrato 「日本の春画 ──江戸美術における性とユーモア」si tiene. Si dice che il suo succeso è gia aspetto.
Adesso il mostra del ukiyoe di Hokusai dal biologo Siniti Fukuoka intitorato 「あっぱれ北斎! 光の王国展」si tiene dal primo gennaio al 31 maggio a Tokio.
Specialmente il biologo Shiniti Fukuoka sta osservando il colore blu di Hokusai.
Da bambino lui è affascinato con il colore blu di un insetto 「ルリイロカミキリ」e dopo che era divenuto grande è stato affascinato con il colore blu di Vermeer.
Il blu di Vermeer è di un genere di pietra lapislazzuli.
Si dice che nel 17 secolo lapislazzuli fosse più prezioso dell'oro.
Il motivo che Fukuoka ha cominciaro a avere interesse per le pitture di Hokusai sembra essere stato la dilazione di questi.
Il colore blu usato da Hokusai si chiama Bero-ai. Bero-ai è un pigmento articiale scoperto a Berlin. Per questo si dice Bero-ai in Giapone dall’ omissione di ai di Berlin.
Si dice che eccetto Giapone non c’è paese con tanti parlori per blu.
Per esempio si nasce diversi colori di blu da aizome.
Hokusai è versato nel poema di haiku, e ha lasciarto la haiku in punto di morte.
人魂(ひとだま)で  
 行く気散じや 
 夏野原   葛飾北斎
Cioè questo haiku dice cosi, “ Se sarò andato al’artro mondo, la mia anima farà passeggiata per campo estvo”.
Hokusai sembra avere fatto le opere più di 30,000 per 90 anni della sua vita.
In questo mondo deve essere troppo occuparto, perciò tale haiku sarà stato lasciato.
[PR]
by pypiko | 2013-05-22 21:27 | 語学

葛飾北斎

日本の浮世絵が世界でその価値を認められています。
特に北斎は高く評価されています。

ゴッホは浮世絵版画の収集家としても有名で、500点近く所蔵していたそうです。
葛飾北斎の絵に影響を受けた、とはゴッホ自身が言葉です。実際ゴッホの作品には浮世絵の模写(雨中の大橋、花咲く梅の木)もあれば、肖像画の背景に浮世絵版画が飾られているものも多く見受けられます。

ドビュッシーは交響詩 ラメール『海 - 管弦楽のための3つの交響的素描』の
1905年に出版されたスコアの表紙には、葛飾北斎の浮世絵である冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が使用され、これはドビュッシーの、あるいは当時のパリの東洋趣味を象徴するものとしてよく知られているそうです。

大英博物館で「春画プロジェクト」が三ヶ月間行われるそうです。
今年の秋、ロンドンの大英博物館において「日本の春画 ──江戸美術における性とユーモア」と題した一大春画展が開催されるそうです。これは全ヨーロッパで注目されていて成功が予想されているそうです。

あっぱれ北斎! 光の王国展 が2013.1.1~5.31が生物学者・福岡伸一によって企画され開催されています。

生物学者・福岡伸一は特に北斎の青色の使い方に注目しています。
彼は幼少時ルリイロカミキリの青に、成人してからはフェルメールノ青に魅せられたそうです。
フェルメールノ青の青は、ラピス・ラズリー。17世紀には金よりも貴重な鉱石だったと言われているそうです。福岡伸一が北斎の青に注目したのもその延長のようです。

北斎の作品に多く使われている青はベロ藍で、これはベルリンで18世紀合成に成功した人口顔料、ベルリン藍、略してベロ藍と言われているそうです。

日本ほど青の種類が多い国はないそうです。藍染めなどもそうです。

北斎は俳句にも通じていて、北斎の辞世の句
人魂(ひとだま)で  
 行く気散じや 
 夏野原   葛飾北斎
を残しています。 
あの世へ行ったら、人魂となって夏野の原を散策しよう。と言う意味だそうです。90年の生涯の中で描いた作品は3万点以上の作品を残している北斎はさぞやこの世ではいそがし過ぎた事でしょう。
[PR]
by pypiko | 2013-05-21 08:51 | その他

伊作文 中日新聞の記事から

Due esempi dagli articoli del giornale Chunichi Shimbun
Dall’articolo di Chunichi Shimbun al 5 maggio.
①Izumo Taisha è stato spesso distrutto ed ogni volta è stato ricostruito dal periodo Asuka. Dal 1744 del periodo Edo ogni 60 anni è riparato su vasta scala e la riparazione di questo anno è della 29 volta.
Invece Ise Jingu il prima costruzione era nel periodo di Jito Tenno. Eccetto che è stato sospeso per circa 120 anni per la durata della guerra del periodo di Muromachi e dopo la fine della seconda Guerra mondiale per 4 anni è stato prorongato è ricostruito ogni 20 anni. La ricostruzione di questo anno è della 62 volta.

c0173201_14392196.jpg



②Dall’articolo di Chunichi Shimbun al 6 maggio.
La Galleria di Nissan che si trovava nella piazza di Kurisutaru nella sotterraneo di Nagoya Sakae è stata chiusa al 6 maggio.
Questa galleria è stata aperta quando il centro di sotterraneo in Nagoya è stato fatto al 1965.
Questa galleria era famosa anche per il luogo di appuntamento. Perciò il scomparire di questa galleria sembra essere peccato per tante personi.
Fino a oggi per lungo io non ho capito come nel tale luogo nel sotterraneo entrassero o usirassero la machina. Io ho appena definito la problema dal artocoro del giornale Chunichi Shimbun del 6 maggio.
Ciòe sembre essere così, a mezzanotte quando non c’è la gente transportavano spingendo la machine nuova 200 metri per il passaggio del sotterraneo dal parcheggio sotterraneo del grande magazzino Maruei nel Galleria.

c0173201_14384927.jpg

[PR]
by pypiko | 2013-05-13 21:33 | 語学

日産ギャラリー

名古屋「サカエチカ」にあった日産ギャラリーが5月6日閉鎖されました。1965年地下街開幕以来クリスタル広場のメインのランドマークを誇っていた場所だけに惜しまれつつの引退です。はたしてこんなところにどうして車の出し入れが出来たのか長年の疑問でしたが閉幕日の5月6日に記載された中日新聞の記事で納得しました。 ギャラリーには、通行人がいなくなった夜間、約200メートル離れた丸栄の地下駐車場から人が押して新車を搬入していた由です。

c0173201_6271235.jpg

[PR]
by pypiko | 2013-05-12 06:28 | その他

映画 「リンカーン」

今日は映画「リンカーン」をミッドランドスクエアシネマへ見に行来ました。
監督スチルバークはリンカーンを英雄としてだけではなく、夫、父として苦悩し、欠点も持つ、普通人としてのリンカーンの実像にもせまることを目指したそうです。
1809年~1865年を生きたリンカーンが活躍した南北戦争は1861年~1865年で日本の歴史に重ね合わせるとペリーの浦賀来航1853年、明治維新 1868年と日本でも時代の大きなうねりのあった時期と重なります。
これまでのスチルバーク映画に見られる奇抜さを極力おさえた、奥深い人間の心の動きを視聴者に訴えかける作品に仕上がっていると思いました。それだけに実績のある俳優、女優陣を登場させています。
映画「リンカーン」は第八五回アカデミー賞作品であり、ダニエル・デイ=ルイスは史上初の3度目となる主演男優賞獲得だそうです。
私としては最近見たミュージカル映画「レミゼラブル」の方が重厚で、臨場感があり、感動を呼ぶ作品に仕上がっていて、こちらの方がアカデミー賞にふさわしいのではと思いました。リンカーンはアメリカでもっとも人気の高い大統領だそうで、アカデミー賞はアメリカの賞なので「リンカーン」が選ばれたのは当然といえば当然でしょう。
[PR]
by pypiko | 2013-05-06 22:01 | その他

出雲大社

朝日文化センター企画の6月4日~5日一泊二日の出雲への旅に申し込みました。少し高めの旅費ですので、以前のビザンチンへの旅のように催行可能人数に達しないため取りやめになるかも知れません。迷った末に充実した旅行になるのではと思い切って申し込みました。古事記を習い始めた時期ですので絶好のチャンスだと考えたためです。
2013年5月5日の中日新聞の一面に大きく記事が掲載されていました。
出雲大社の社殿は飛鳥時代以降、何度も倒壊し、本殿の建て替え、修理が繰り返され、江戸時代の1744年以降、大修理の目安を60年に一度とされ今年29回目になるそうです。それに対して伊勢神宮は飛鳥時代の持統天皇の代を第一回とし、以後室町時代の戦乱の時期に120年以上途絶えた他、敗戦後占領軍の意向で中止され、4年間延期された以外、20年に一度建て替えられ続け、今年62回目の立て替えの時期に当たるそうです。

c0173201_1549175.jpg



c0173201_15494753.jpg

[PR]
by pypiko | 2013-05-05 15:49 | その他

展覧会 中国王朝の至宝

4月24日~6月23日まで名古屋市博物館で日中国交化40周年[特別展]中国王朝の至宝と銘打って展示会が行われています。ゴールデンウイークの中日の今日、5月3日思い立って行って来ました。複雑な中国の歴史を理解するのに良い展示の仕方がとられているのに感心しました。私は今、日本史にはまりかけているので日本史に多大の影響を及ぼしている中国史はさけて通るわけにはいきません。中国は黄河流域の夏、殷の文化、長江流域の蜀の文化を初めとして多くの王国がくっついたり離れたり、新たに流入したりしながら長い歴史を編んできたのがおぼろげながら理解出来てきたところです。弥生時代の稲作が長江流域に端を発している事にあらためて、なるほどという思いにさせられました。一人っ子政策をかいくぐって戸籍に入れられていない人々を計算に入れると中国の人口は13億どころかもっともっとすごい数にもなるとも言われています。中国の負の部分ばかりが目立つのは敗者の負け惜しみでもあるように思います。展示会を見ての感想はやはり中国は過去にも偉大であったと同様に未来の展望も計り知れないものだと思いました。
[PR]
by pypiko | 2013-05-03 22:54 | その他