瑠璃のかなたに

<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

サウジに広がる「女性の春」

サウジアラビアは女性の運転が禁止されている世界で唯一の国だそうです。チェニジアに始まったアラブ諸国の反政府活動「アラブの春」に対して、サウジアラビアの女性活動家による「女性の春」を起こしたいと願う行動にサウジ王家は、警戒を強めているそうです。
34才のコンピューター専門家マナル・アルシャリフさんはサウジアラビアの国営の石油会社サウジアラコムに就職し、会社から派遣され1年間ボストンで生活しました。ボストンでの生活は自動車の運転も自由にすることができ、旅行に行くにもいちいち父親の署名が必要な祖国でのような制約もありませんでした。ところが、祖国に変えると苦痛の日々が待っていました。「何をするにも、父の署名入りの許可証がいる」生活は一度自由の生活を味わった彼女には耐え難いものでした。彼女は行動に出ました。あるとき運転席に乗りこんで運転する自分の姿を友人にスマホで撮影してもらい、わずか8分間のドライブ中の写真をYouTubeにアップしたところ、動画は60万回再生されたそうです。数日後彼女は逮捕され、6時間拘束されました。サウジアラビアの国営の石油会社サウジアラコムには解雇され今はドバイで働いています。離婚した夫が息子を国外に出したがらないため、息子に会うために祖国に通う日々だそうです。サウジ当局のブラックリストに載り、移動中も厳しい監視の目にさらされているそうです。
今やその発言や行動は中東全域に響き渡り、ヒーローと呼ぶにふさわしい人物とされつつあるそうです。
[PR]
by pypiko | 2013-11-25 21:21 | その他

パオロとフランチェスカ

NHKラジオ、、“まいにちのイタリア語” 木金放送 続文法塾~伊語事始めテキストより引用 (講師 野里紳一郎)

パオロとフランチェスカ
時代は、まだイタリアにルネッサンス文化の華が咲く前の遠い昔、13世紀の後半のことです。ラヴェンナの領主グイード・ダ・ポレンタの娘フランチェスカは、リーミニの領主マラテスタ・ヴェッルッキオの息子ジャンチョットに嫁ぐことになります。この結婚は両家の和平のための政略結婚でした。
花婿のジャンチョットは武勇の誉れ高い人ではありましたが、その外見はむしろ醜男というべきでした。そこでマラテスタ家では正式の結婚前の見合いの席に、何と本人のジャンチョットではなく、弟のパオロを送り込んだのでした。
この弟のパオロは、兄のジャンチョットとはちがって美男でした。フランチェスカとパオロの2人はお互いをはじめて見たときから恋し、相思相愛の仲となってしまったのですが……。パオロにともなわれてリーミニの着いたフランチェスカは、本当の結婚相手が弟のパオロではなく兄のジャンチョットであることをようやく知ります。
表面ではジャンチョットとの結婚生活を送りながらも、フランチェスカとパオロはその愛を確かめ合うために密会を続けました。その先に待っていたのは悲劇でした。2人の愛は露見し、ジャンチョットに刺されたパオロの続いてフランチェスカも息絶えます。
ダンテの「新曲」地獄篇第5曲では、地獄にあってもなお軽やかに舞っているフランチェスカとパオロの2人が憐れみ深く描かれています。
その後、現在に至るまで、この物語は”Francesca da Rimini”というタイトルで、チャイコフスキーやラフマニノフ、リッカルド・ザンドナーイなどの作曲家、あるいはダンヌンツィオなどの文学者によって新たな命を吹き込まれ続けているのです。

[PR]
by pypiko | 2013-11-22 17:17 | その他

ソチ冬期五輪のトーチリレー

L’argomento d’oggi è dalla versione giapponese del periodico settimanale Newsweek del 19 novembre di Stati Uniti.
Sicome l’articoro accluso una grande foto era breve , io ho tradotto questo testo parlora per parlora dalla giaponese nel’ italiano.
Il titolo è “L’ autorità della Russia fu arrivato all'universo?”
Dopo che il razzo americano Spece Shuttle aveva lasciato il posto nel 2011, il Soyuz della Russia ha divenuto l’ unico razzo che può mandare gli astronauti nella Stazione Spaziale Internazionale ISS.
La struttura di base del Soyuz non cambierà per 40 anni di più, ma un incidente fatale del Soyuz non è mai accaduto durante questo tempo.
La settimana scorsa il soyuz con Koichi Wakata era riusito ad agganciarsi ad ISS senza nessun problema.
Ma in questo ovviarmente c’era non solo missione spaziale ma anche c’era l’artro missione importante.
Il simbolo olimpico formale e il disegno dei giochi olimpici invernali di Sochi che è aprito a febbraio l’anno prossimo è disegnato sul scafo.
La torcia di fuoco sacra dei Giochi olimpici di Inverno è stata portata nell'interna della nave.
La torcia di fuoco sacra è stato consegnato ai due astronauti senza accendere nell’intorno di ISS.
La torcia è ritornato alla terra dopo quattro giorni.
La distanza di spostamento della torcia di fuoco sacra ha gia raggiunto i 65,000 km piu lungi in storia.
Il rompighiaccio nucleare con la torcia di fuoco sacra era gia arrivato al Polo Nordo. Anche questo mese la capsula per immergersi con la torcia dovrebbe arrivare al fondo del Lago Baikal.
Sembra che il prestigio nazionale sia applicato anche alla torcia di fuoco sacra.
[PR]
by pypiko | 2013-11-22 17:11 | 語学

ソチ五輪の聖火リレーは

11月19日号アメリカの週刊誌ニューズウイーク(日本語版)よりの記事です。
興味深かったのでそのまま引用してみました。

宇宙に届いた? ロシアの権威
2011年にアメリカのスペースシャトルが引退して以降、ロシアのソユーズは国際宇宙ステーション(ISS)に宇宙飛行士を送れる唯一の宇宙船になった。
基本構造が40年以上変わっておらず、その間死亡事故の起きていない信頼性の高い宇宙船だ。先週も若田光一を乗せて打ち上げられISSへのドッキングにも無事成功した。
だがこれが単なる宇宙ミッションではないことは一目瞭然。
船体には来年2月に開幕を控えたソチ冬季五輪の公式ロゴやデザインが描かれている。船内には冬季五輪の聖火トーチも持ち込まれた。ISS内でロシア飛行士2人に渡され点火できないものの史上初の宇宙遊泳を果たすこととなった。トーチは4日間の宇宙滞在後地球へ帰還した。先月7日にスタートしたソチ五輪の聖火リレーは史上最長の6万5000キロに及ぶ。すでに原子力砕氷船に乗って北極点に到達したほか、今月には世界で最も深いバイカル湖の湖底の潜る。
宇宙に極地に山頂に湖底・・・開会式までトライアスロン並みのハードな移動が続く。聖火には、国家の威信という重い負荷もかかっている。

[PR]
by pypiko | 2013-11-14 15:27 | その他

伊作文 金芽米

Oggi per la famiglia dell’ agricoltore diventa difficile continuare a coltivere il riso.
Perchè la colture del riso è lavoro infrutuoso.
Il soggetto del programma al TV “ La porta del sogno” che recentemente è stato transmesso al TV per me era molto interessante.
Sig. Keiji Saika che ha 79 anni è un presidente di un piccolo società privata “ Toyoraisu”.
Sviluppando il buon riso, lui sta impegnandosi per la ripresa economica il vigore dell'agricoltura di riso.
Sig. Saika passò il periodo della povertà massima del Giappone dopoguerra da adolescente.
Cambiato a suo flatello maggiore che era entrato all’università lui aiutò suo padre alla proffessione di famiglia. Suo padre aveva una negozio del riso dove faceva imbiancatura del riso.
Il tempo deciso per un cambiamento nella propria vita è venuto negli anni -70.
Quando lui ha visitato la isola di Awaj si è sorpreso del colore del mare inquinato. Il mare era ocraceo. Lui ha saputo che la fonte di inquinamento fosse ll’acqua scorpa dal riso al tempo della lavata che veniva al mare attraverso il fiume.
Lui ha pensato che la responsabilità della cosa fosse al suo stesse. Lui ha dedicato 15 anni per completare il riso pulito che non bisogna di lavare sperando di riguadagnare il bel mare della città natale.
Poì quello che Signor Saika ha affrontato era lo sviluppo del riso con valore aggiunto “Kinmemai”.
Si sa che il riso non decorticato è buono per salute. Ma alla gente non piace molto per gusto.

Il riso pulito rimuove la porzione che fa bene per salute di superficie.
Ha finalmente trovato un buon sistema procedendo a tentoni per rimanere un strato sottile di un centesimo dalla pura di riso che a fino oggi era stata esclusa.
Era provato dall'ultima ricerca che questo portione è molto di valore.
Questa porzione si chiama il strato di Akofunn(亞糊粉層).
Come la caratteristica del riso Kinmemai è menzionato una cosa che è delizioso, una cosa che il valore nutritivo è alto, una cosa che c'è l’effetto immune, una cosa che c'è l'effetto di dieta ecc.
In ordine che il strato di Akofunn può assorbire molto acqua, il riso bollito che è fatto da Kinmemai può aumentare il volume di più del quello da riso raffinato.
Per esempio, si prende 216 calorie da 150 g di riso bollito da Kimemai, invece 252 calorie quello da 150 g di riso raffinato.
È il sogno di sig.Saika che si vende il riso Kinnmemai al mondo, anima agricoltura di riso, mantiene il campo di riso.
[PR]
by pypiko | 2013-11-11 21:39 | 語学

金芽米(きんめまい)

日本の農家はTPP等の影響で関税の引き下げによってますます利益が上がらなくなることが見込まれ、苦境に立たされることが予想されます。中でも米作り農家の老齢化による田んぼの放置は深刻です。田んぼが消失することによる、生態系のへ影響なども叫ばれています。そんな中で良質な米を開発することによって米づくりの農業の活気を取り戻そうと取り組んでいる人の話題です。
先日放送されたテレビ番組、夢の扉の“金芽米”についての話題は興味深く思いました。
金芽米の開発者は無洗米の開発の親でもある、東洋ライス社長の雑賀慶二さん(79才 )です。
雑賀さんは戦後の日本の極貧期を多感なティーンエイジーとして過ごした人です。
大学へ進学した兄の代わって、大学進学をあきらめ、家業の精米屋の跡を継ぎました。天気は70年代半ば、淡路島へ出かけた時、美しいはずの海が黄土色になっているのを目にした時です。この原因が米のとぎ汁が原因であると知り、責任は精米屋あると考えました。精米後のお米の表面には、粘着力の強い、肌糠が残っていてこれを取り除く方法を開発することでした。暗中模索する中で少年時代の記憶が蘇りました。ガムがズボンにくっついてはぎ取ることができなかったとき、ズボンにくっついたガムの上にガムをくっつけて剥がした経験です。筒状の円筒の壁に粘着性の物質を塗りつけてお米を回す事によって肌糠を取り除く方法です。故郷の綺麗な海を取り戻したいと誓って無洗米を完成させるまでに15年を要しました。

雑賀さんが次ぎに取り組んだのが金芽米の開発です。
玄米は健康に良いということが知られています。精米すると表面の健康に良いとされる部分が取り去られてしまいます。
ブドウの皮をめくるとおいしさの元となる部分が皮とともに捨てられてしまいます。
雑賀さんが考えた事は本当に良いとされる皮側に残っている部分をできるだけ残して精米することでした。すなわち玄米の表面から100分の1ミリの亞糊粉層を残す事に成功したのです。
最近の研究により亞糊粉層がお宝である事が証明されました。
おいしいことの他にさまざまな栄養素が含まれていること、免疫力をますこと、また人々を惹きつける特徴の一つは亞糊粉層には摂取カロリーを減らしダイエット効果のあることです。
亞糊粉層はたくさんの水を吸うため、できあがったご飯はかさを増すので同じ量を食べても満足感が得られ摂取カロリーは減少することになります。
たとえば出来上がったご飯150グラムは普通のご飯が252カロリーであるのに対して、金芽米のご飯ごはん150グラムでは216カロリーです。
次ぎに雑賀さんが目指すのは、この金芽米を国内の米農家に広め、海外の米摂取国に売り出し、農家の危機を救うことです。
[PR]
by pypiko | 2013-11-10 09:31 | その他

伊作文 ローマと地中海の歴史 野蛮とマナー(第一回) 

Il tema del corso della storia mondiale che ora prendo nel centro curturale di Chyunici è il cultura di alimentazione dell’antichità di Roma ed il Mediteraneo.
Questo tema conciste di cunque puntate con una volta al mese.
La prima puntata che ho ultimamente ricevuto era sulla buona maniere e l’atto barbaro sotto almentazione.
Oggi voglio parlare sul sostanza del lezione di ottobre.
Nel Giudaismo tutta la vita era la cosa di Dio. Era stato consderato che gli uomini e le animali furono stati dati provvisoriamente la luminità di vita da Dio.
La frase “non amassare” nei Dieci Comandamenti di Mose del Vecchio Testamento. probabilmente non solo è per la gente, ma anche per l’animale.
I greci non mangiano quasi mai carne, particolarmente la vacca che è usata per lavoro aguricolo era nella tendenza ad evitare di mangiare.
Nella vecchia legge di Atene l’assasino di vacca era severmente stato punito come l’assasino di uomo.
Quindi l’occasione di mangiare la vacca si trovava solamente dopo che lo propongano ai dei come sacrificio.
Dopo avere offerto ai dei un sacrificio, la festa è stata tenuta.
L’esecuzione della festa, chi lo fanno erano stati considerati come uomini civilizzati.
Se anche Roma era influenzata dalla Grecia sui vari lati, quello che uomini possono mangiare era la carne per cui hanno finito la cerimonia di dedicazione ai dei.
Con lo sviluppo di agricoltura, il cane è stato trasposto al pane di grano e il sangue è stato trasposto al vino.
Nel banchetto chiamato Συμπόσιον in cui scambiano argomenti individualmente bevendo il vino che prima era proposto ai dei.
Anch nella cerrimonia e festa per deificare Διόνυσος, di solito prima il vino era stato offrito ai dei, poì fanno allegre e rumore bevendo il vino.
La gente della classe superiore poteva la cerimonia di dedicazione per lo scopo individuale, ma la gente della classe inferiore lo non poteva. Per questo naturalmente la differenza tra due classe è avvenuto.
Una delle grandi ragioni che i Cristiani di quelli giorni sono stati oppressi era per quello che rifiutavano di proporre il sacrificio ai dei.
Invece i Cristiani criticano l’atto di offrire il sacrificio co sangue.
Paulo dice che, quello che loro offrono è non a Dio, al cattivo spirito.
Però il relizione ebrica e il Cristianesimo, nonnostante entrambi dedichino il pane e il vino al Dio, però tra le due religioni c’e decisamente un punto diverso .
Gli allievi di Gesù che erano scappati poco prima della sua esecuzione. La gente che ha saputo che Gesù era ritornato la vita avrebbero sentito la colpa nel loro atto.
Loro hanno diversamente pensato per superare la loro colpa.
Le loro spiegazioni erano una stiracchiatura per dare un significato ad esecuzione di Gesù. Pòi questi pensioni erano diventati proprio la dottrina di Cristo che chi credono sono salvati.
Nel Testamento Nuovo è scritto che Gesù ha offerito se stesso con il sangue per compensare la colpa a quelli che lo credono.
Nonnostante entrambi dedichino il pane e il vino al Dio, tra la religione ebraica e la religione cristiana c’e decisamente un punto diverso.
Gesù da solo è gia diventato il sacrificia.
Perciò altri gente non bisognano di dedicare e pagare.
Questa cosa gli è ricevuto.
Così il cristianesimo si è gradualmente allargato tra la gente povera.
[PR]
by pypiko | 2013-11-05 06:43 | 語学

ローマと地中海の歴史

中日文化センターの10月講座より
ローマと地中海の歴史――野蛮とマナー(第一回)
オリエントでは、ビール、パン、肉、乳製品など食物の種類ごとに、それぞれの職人が神殿へ直に召し抱えられて料理をおこなうことになっていました。
神殿には神々の宮廷が備え付けられ、奉献の際に神官・王族・臣下たちが宮廷に座って、儀式に伴う宴会を行われていました。神々に近づき得るものとそうでない者という身分差が存在していました。
ユダヤ教では命は神だけのものであり、人間や動物は一時的な命の輝きを神からもらうだけにすぎないと考えられていました。
『旧約聖書』の「モーセの十戒」にある「汝殺すなかれ」という文章も、おそらくこうした意味が含まれています
肉を食べるには、ただ動物を殺すだけでなく、生贄として神に捧げると同時に、動物の血
も神へ捧げる必要がありました。
ギリシア人はあまり肉を食べず、たとえば牛は、農作業に使うこともあって、食べるのをさける傾向にありました。
アテナイの古い法律では、牛殺しを人殺しと同様に厳しく罰しており、もし牛を食べるのであれば、神々へ犠牲に捧げた場合でした。
犠牲を捧げた後に宴会を行いますが、宴会の実行こそが文明人の証と見なされていました。
アテナイ最大の祝祭だったパンアテナイア祭では、実行係への指名は名誉であり、犠牲の動物を調達してその肉を市民に分け与える事になっていました。
ローマは様々な側面でギリシアの影響を受けていますが、奉献についても同様で人間が食べてもよいのは、神々への奉献の儀式を済ませた肉でした。
ただし徐々に味わうために肉を食べるようになっていきました。

農耕が一般化してしばらく経つと、動物の肉や血を農作物に基づくものに置き換えようとする動きが広まっていきました。すなわち小麦からできるパンとブドウから作られるワインがそれです。
個人同士で酒を飲みながら議論を交わすシュポシオンという饗宴をおこなわれていて、饗宴を始める前に、神々へワインを捧げていました。
ワインの神でもあるディオニッソスを祀るための儀式と祝祭でも、ワインを捧げて人々が浮かれ騒ぐのが常でした。
初期のキリスト教徒のなかには、ディオニッソスとイエスを同じように崇めようとした者もいました。パウロは小アジアの信者に「主の杯と悪魔の杯から同時に飲んではいけない」と戒めの手紙を送っています。
ディオニッソス神とワインの関係にイエスが重なっていたことの暗示と考えられます。

当然のこと、出費のかかる奉献は、身分の高い王や貴族、神官が中心となって行うことになります。
上流階級の人間は、個人的な目的のためにも奉献の儀式を行うようになりますが、貧しい下層民には、個人的な奉献は出来ないという格差が生じます。

当時のキリスト教徒が弾圧された大きな理由の一つは、神々に犠牲を捧げることを拒んだことでした。
逆にキリスト教徒は、血を伴う生贄を捧げる行為をおぞましいものとして批判するようになっていきます。
パウロは「彼らのささげるものは(動物の肉)は神にではなく悪霊に捧げられている」と述べています。
ただし、同じようにパンとワインを捧げるユダヤ教とキリスト教は決定的に異なる点があります。それこそが、キリスト教を古代地中海世界で決定的な勝利者の地位に押し上げた要因の一つとなります。
イエスの弟子たちは、処刑直前にイエスを見捨てて逃げてしまったため、自分の行為に後ろめたさを覚えたはずです。処刑後に蘇ったイエスが、自分たちの罪を償ってくれたと考えてその後ろめたさを乗り越えようとしたらしく、『新約聖書』にも、イエスは「その血によって信じる者にとり罪を償う供え物」とあります。
そうした説明はもともと弟子たちがイエスの刑死に意味を持たせるために後から考え出した理由にすぎなかったのに、それこそが、イエスの教えを信じていることで救いが得られる、というキリスト教の教義へとつながっていきます。それだけで終わらずに、キリスト教は古代地中海世界の奉献の儀式と結びつけていくことになります。当時、犠牲に捧げるのは一般的に牛や羊などの動物であり、祭壇にその動物の肉を捧げて血をかけるのが通例でした。儀式の度に動物を殺すので、おいそれと犠牲を捧げられない貧民は、神々の恩恵も得られないことになってしまいます。
これに対してキリスト教は、捧げ物は一度でよくイエスの犠牲)、しかも無料であるとされました。 自費で神々へ犠牲を捧げることが出来なかった貧民にとって、イエスを崇めれば神の救いにすがることができると諭されました。財産がなくても信仰ができて救いを得られるという点で、キリスト教は下層民にも受容されていき、広く勢力を拡大していくことになります。
[PR]
by pypiko | 2013-11-03 20:38 | その他