瑠璃のかなたに

<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

日本の医学

テレビ番組「世界ふしぎ発見」で日本の医学が世界に先駆けて発達してきたことについて学びました。2012年山中伸弥がヒトips細胞を作製することに成功しノーベル賞を受賞しすでに一部は医学的に実用化されています。

野口英世は黄熱病、梅毒の研究で世界的な業績を残し、ノーベル賞を期待されながら、自身も黄熱病で死亡しています。

日本の近代の医学の発達の礎はすでに江戸時代に開花しているといいます。

華岡青洲が全身麻酔で乳がんの手術に成功したのは1804年で西洋の麻酔手術の成功に先んじること40年でした。

江戸時代にすでに入れ歯が木で作られ蜜蝋で正確に仕上げられ上あごに吸い付く形で装着

されるものが出来ていました。西洋で入れ歯が使い始められたのは日本に遅れること200年でした。

また江戸時代に骨盤の中に胎児を入れた女性の体の模型が作られ、またクジラのひげで作られた難産の時に胎児を引っ張り出す器具が同時に作成され助産婦の練習のために使われていました。

現在最先端の医学では患者さんの体内の状態をありのままに再現させる3Dプリンターが応用されています。例えば肝臓がんの患者さんを3Dプリンターにかけ患者さんの肝臓を大きさ、柔らかさ、がんの位置、血管の走行などありのままに再現された模型が作られています。

この模型を使って未経験の医師の手術の練習用に使われたり、実際に手術室に持ち込んで手術者のそばに置き患部へのアプローチの参考に使われたりすることが出来ます。

現在の国民皆保険の芽生えがすでに江戸時代に見られるそうです。                       

江戸時代西洋人が見た日本の印象を伝える記述に日本人の7~8割に天然痘の痘痕が見られたとあります。それほど天然痘の罹患率が高かったようです。

ジェンナーの種痘が日本に伝わり緒方洪庵が大阪の船場の富裕層から寄付を募り貧民に無料で接種を始めました。緒方洪庵の弟子の手塚良庵(手塚治虫の曽祖父)がこれを江戸に広めたあと全国に広まったそうです。手塚良庵は手塚治虫の「陽だまりの樹」の登場人物にもなっているそうです。

この皆が平等に医療を受けられる「医は仁術なり」の思想が今につながって国民皆保険につながったともいわれます。


[PR]
by pypiko | 2014-04-30 22:18

百花百草のチューリップフェヤー

文化の道の百花百草で毎年チューリップフェヤーが行われています。今年は4月5日(土)から26日(土)まででした。その期間中は庭園いっぱいに咲きほこったチューリップを見ながら演奏会を鑑賞することが出来る趣向です。コンサートホールは庭園に向かった側は、全面が大きなガラス窓です。リーダーの別所美枝子さんはご自身がピア二ストであり、シャンソン歌手ですが、3人の女性スタッフで百花百草の運営をされています。チューリップの栽培、演奏家との交渉、チュウリップフェヤーの企画など別所さんの手腕によるものです。

私は義弟夫婦を誘って4月23日に見に行きました。演目は11時から女性コーラス、14時からシャンソン・ド・マダムでした。いずれも趣味で長年それぞれの音楽のジャンルに携わってきた純粋の音楽愛好家の方たちです。特に3人のメンバーでシャンソン歴30年近くになるといわれるシャンソン・ド・マダムの聴衆を引き込む話術と歌唱力は魅力的でした。

お昼休みは時間がたっぷりあったので近くの喫茶店でサンドウッチとコーヒーをいただき、まだ時間があったので百花百草の近くを散策して午後のコンサートに間に合って戻りました。夜はお料理の上手な義妹が新筍が手に入ったのでということでお誘いいただき、お宅に伺い、筍の入ったちらし寿司をご馳走になりました。楽しい一日でした。
翌日、さっそく私も、新筍を買い求めて、ふき、蓮根、人参、こんにゃく入りの五目御飯を作りました。このところ凝縮して、春を満喫することが出来た思いです。

 


[PR]
by pypiko | 2014-04-27 20:47 | その他

伊作文 植物由来の新素材

Io ho guardato un programma al TV in cui hanno parlato sul materiale nuovo dal pianta. Chi l’ha sviluppato è un professore della Kyoto università Hiroyuki Yano.

Da bambino gli piaceva l’albero. Quando aveva 28 anni, lui fece il violino che suona bene ed è stato apprezzato dai molti specialisti.

Però lui non era contento. Quando aveva vedendo l’’albero tollerare il tifone flessibilmente ha pensato che l’unomo pottesse usare l’albero per lo scopo miliore.

Lui ha cambiato lo scopo dello studio nel sviluppo di materiale da pianta più forte di ferro.

Ma la cellulosa derivata da una pianta non èd esaurito perché non solo dal’albero ma anche dal'erbaccia e la foglia si può derivare cellulosa.  Queste risorse si trovano in Giapopne abastanza.

Prima si fa i possibili piccoli pezzi da pianta poì si raccorta soltamento nanofibre tra questi.

Il nano del nanofiber vuole dire la minima unità di lunghezza.

Se si presume la circonferenza di Linea di Yamanote di Tokio come il diametro di sezione traversale di capello, 10 nanometers sono dell’ampiezza delle finestre di un treno che corre sul binario.

Da questa cosa, è immaginato, che la nanofibera preso da cellulosa è molto molto piccolo.

La sostanza da pianta fatto in questo modo sembro essre 5 volte più forte di ferro e essere un mezzo di ferro per il peso.

C’era qualche società che ha rivolto gli occhi su questo punto ed aveva offrito la partecipazione in suo progetto.

Per esempio, sono NTT, Pioniere, Hitachi , Mitsubishi, Romu, l'Università di Kyoto ecc.

Mitubishi Chemical società ha domonato di cambiare questo materiale di pianta al materiale trasparente.

Professore Yano ha tentato di rispondere a questa domanda, ma non poteva facilmente riuscire.

Quindi ha cercato ricercatori giovani per questa ricerca. Allora 11 giovani sono venuti da lui.

Nel questo lavolo lui ha fatto liberalmente ricercare ai ricercatoli giovani,  Lui stesso si è dedicato a sostenderli di lato.

Dopo molto fallimento, alla fine loro si sono riusciti di ricevere materiale trasparente.

Si dice che hanno la possibilità che il materiale nuovo da pianta cambi Giappone al grande paese di risorse .

Come quello che aspettano da questi materiali si può dare qualche esempio come prissimo.

  

: Cioè il corpo di aeroplane, il vetro infrangibile, il display a cristallo liquid, ed altri come applicazione a cibo il ramen che non diviene colla, la pelle di gyouza che non si rompe, il gelato infusibile ecc.

 



[PR]
by pypiko | 2014-04-23 21:47

植物由来の新素材

先週、夢の扉というテレビ番組でのテーマは、植物由来の鉄より強い新素材についてでした。開発者は京都大学生存圏研究所 教授の矢野浩之さんです。

小さい頃より木に関心があり木材より何かを作る仕事にかかわることを夢見ていたそうです。矢野さんは28歳ごろ音のよいバイオリンを作り、そのバイオリンは名器として当時反響を呼んだそうです。しかし台風にもしなやかに耐える木の姿を見て木の本来の目的は他にあると思うようになったそうです。

これが鉄よりも強い素材を作ることに研究の目的を変えることになったきっかけでした。

プラスティックの原料の石油はいつか枯渇する。植物由来のセルロースは雑草でも葉っぱでもよいので枯渇することはない。植物素材は日本を資源大国にする可能性を秘めているといいます。

矢野さんの夢は今や現実のものとなりつつあるそうです。

方法はセルロースをできるだけ細かくしナノファイバーだけを集めます。

ナノファイバーのナノとは最少の長さの単位です。例えば一本の髪の毛の断面の直径を東京の山の手線の直径としますと10ナノメートルはその上を走る列車の窓の幅ぐらいだといいます。このことからセルロースから取り出すナノファイバーがいかに小さいかが想像されます。

このセルロース由来のナノファイバーを集め強力に圧縮しシートを作り、そのシートを何層にも重ね合わせたのち圧迫して一体化させることによって厚みのある素材を作る方法です。この方法で作られた素材は鉄よりも強いことが証明されました。

植物素材と鋼鉄との比較したデーターでは重さは植物側が鉄の半分、強度は植物側が鉄の5倍だったそうです。この点に目を付けた企業が開発プロジェクトに参画することを申し出ているそうです。例えばNTT、パイオニア、日立製作所、三菱化学、ローム、京都大学などです。

三菱化学の提案は透明な素材の開発が出来れば応用範囲が格段に増えるのではというものでした。

矢野教授はこの提案にこたえようと試みますがなかなか結果につながらないので共同研究者を募ります。若い世代の研究者に自由な発想を促し、側面からそれを支えることに徹し、透明な植物素材の開発に成功させます。

このようにして生まれた植物由来の新素材は今や日本を資源大国に変える可能性が持たれています。

応用される領域としては飛行機の機体、ガラスに代わる未来型ディスプレイなどのほかに

食べ物への応用としてはラーメンを伸びにくくする、餃子の皮を壊れにくくする、アイスクリームを溶けにくくするなども考えられています。 



[PR]
by pypiko | 2014-04-20 08:18 | その他

伊作文 ヘンリー ストークスの本を読んで

Io friquento una lezione dell'italiano in Asahi Centro Culturale al decimo piano di Maruei Skairu ogni sabato. Primo la lezione di solito io vado alla libreria di Maruzen che si trova al quinto piano di grande magazzino di Maruei accanto all'edificio Maruei Sukairu.
Il sabato scorso io ha trovato qui un libro da Henry Stokes che è un reporter britannico.  Il titolo del libro è  " La falsità del senso degli Alleati vittoriosi ".  Io ho finito do leggerlo in due giorni.
Oggi espongono molti libri in cui scrittono brutto sulla Corea in scaffale di ogni libreria. 

Sull’internet secondo un’artcolo si dice che l’economia della Corea va per crollare e secondo l’altro articolo si dice che l’economia della Corea va benissimo.

Sull’problema della prostitute per la truppa o il massacro di Nanchino o il pregare al tempio di Yasukuni per pregare il popolo che non sa la verità non pùo giudicare. 

È ovvio che un temporale della critica sorge da tutto il mondo se si parla che non c'era Massacro di Nanchino.
Ma non sembrò esserci Massacro di Nanchino secondo Henrry Stokes.
È detto che 
gli Alleati hanno usato la propaganda che un cinese ha inventato per mostrare al mondo come il Giappone era barb aro.

Al tempo io ho letto la storica giaponese sistematicamente. Pòi ricevevo che il fatto giapponese di allora era molto vergognoso.
Nonostante Henry Stokes fosse corrispondente della guerra parla come difficile è guardare tutta tendenza della guerra.
In generale a
nche se il combattimento violento era fatto in un luogo la vita ordinaria era fatta vicino a qui in un altro luogo.
Alla prima il numero di persone morte sul Massacro di Nanchino era riportato di essere molto piccolo, ma poi a usare il rumore cinese, la parte degli Alleati ha fatto pubblicità al mondo come propaganda che il Giappone era barbaro. 
Si dice che gli occidentali all'unisono hanno fatto una storia inventata perché la mente della discriminazione razziale degli occidentali diminuisse il Giappone. 

Quindi lui conclude che era il giappone che aveva contribuito per liberarsi dalla discriminazione razziale dell'superiorità di bianco.

  


[PR]
by pypiko | 2014-04-15 20:53 | 語学

ヘンリー ストークス著 「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」から

私は毎週土曜日丸栄スカイルの10階にある朝日文化センターでイタリア語のレッスンを受講中です。

授業の前に隣のビル丸栄デパートの5階にある丸善の本屋へ行き、本を物色するのが最近の習慣です。

先週はヘンリー・s・ストークス著 「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」を見つけました。2日間で一息に読み終えました。

今、韓国を罵倒するような内容の本が本屋のベストセラーを並べる本棚にあふれています。

インターネットでは一方では韓国経済は崩壊に向かっているという記事が見られるかと思うと他方では韓国経済の好調ぶり示す記事もみられます。ことの真意がつかめないままいらいらは募るばかりです。

慰安婦問題にしろ、南京大虐殺にしろ、靖国神社参拝問題にしろ、問題の深層が一般国民に明確にされていない状態でどう判断するべきか判断のしようがないのが現状のようです。

南京大虐殺はなかったと発言すると世界中から非難の大嵐が巻き起こることは明白です。ストークス氏の言葉を借りれば、南京大虐殺はなかったそうです。これは中国のプロパガンダに連合国側が相乗りして日本を悪玉に仕立て上げるためのプロパガンダだったといいます。

私も最近になって日本の歴史書を読みあっさた結果、取得した私ながらの歴史の読み解きでは日本人の残虐な行為をこころならずも受け入れざるを得ませんでした。ストークス氏は朝鮮戦争に従軍して自分が新聞記者であるにも関わらず、戦争の全体像を把握することがいかに難しいかを述べています。局地で激戦が行われていても少し離れたの地点では全く日常と変わりない生活が営まれていて正確な現地の実情は容易に知りえないといいます。南京大虐殺についても当初は死者の数も非常に少く報告されていたそうです。いうなれば南京大虐殺は日本人がいかに野蛮な民族であるかのプロパガンダに使うために好都合な材料だったのだそうです。これは欧米人が白人優位の人種差別の精神が日本人を貶めるために一致団結して作られた虚構だといいます。それでも結局は白人優位の人種差別をなくすのに一番貢献したのは敗戦国となったものの間違いなく日本であったと言い切っています。日本の大東亜戦争での奮闘がなかったならば世界の白人優位の支配地図は少なからず残っていただろうといいます。

アメリカの人種差別も旧態依然のままでオバマ大統領の誕生しなかったともいっています。

全く無知なわたしには目からうろこの論文でした。

 

 


[PR]
by pypiko | 2014-04-14 15:53 | その他

伊作文 遺伝する資質

Io ho letto in una rivista un articolo sulla difficoltà nel giudizio di assassino.
Secondo il progresso della scienza si è saputo che ci sia qualche genealogia da cui molti colpevoli sono usciti.

Questo vuol dire che molte delle persone che commettono un omicidio hanno DNA sociale ereditario. La persona normale può fermare l’ira ad un certo punto ma la persona con quel DNA non può fermarla fino al tempo di finire col ammazare.
Oggi è 
discusso un nuovo problema se quella persona deve essere condannato a morte come omicida.

Più scienza svilluppa, più diventa difficile di giudicare la gente.

A proposito tra la gente chi è ottimista chi è pessimista. Io sono quest'ultima.

Questa mia natura è venuta da antenato perciò ultimamente io ho deciso di ricevere questa cosa con rassegnazione perchè non sono responsabile di questa cosa.

Se parlo in modo esagerato io vivo con preoccupazione continuata.

Secondo il suvillupo di scienza ricente che questo fenomena sembra venire da quelo che una certa sostanza secreto nel cerevello domina i sentimenti. Questo fenomeno procede indipendamente dalla volontà.
Nel mio caso il sentimento di depressione scompare da passaggio del tempo senza misura speciale, presto o tardi.
Io ero depresso da mattina di domenica scorsa.  Quindi per dimenticare le preocupazioni  sono andata a guardare il planetario.
Il tema di questo mese del planetario era "un pianeta rosso" cioè una storia di Marte.
Dopo avere guardato, mi sono sembrato avere viaggiato al cosmo su un veicolo chiamato la terra ed ero capace riguadagnare un brillante sentimento.



[PR]
by pypiko | 2014-04-10 23:11 | 語学

遺伝子にかかわる問題

最近の科学では犯罪を起こす人が多発する家系があり遺伝子がかかわっている例があることが証明されているそうです。対人関係において怒りが生じ喧嘩にいたった際、普通の人はある時点で怒りを抑えることが出来るのに対して、怒りが際限なく増強し制御できないところまで行きつき殺人にまで突き進んでしまうというような遺伝的を持った人がいるそうです。このような人には特殊な遺伝子を受け継いでいることが科学的に実証された例があるそうです。このような人を殺人者として裁くべきかどうかという問題が浮上しているそうです。この種の人の罪を軽減しなければならないとすると科学が進めば進むほど人を厳罰に処することが困難になります。

一方、人には何事も楽天的に考える明るい性格の人、反対に何事も悲観的に考える陰気な性格の人があります。私は後者です。どうも負の遺伝子を受け継いでいるようです。大げさに言えば、いつも、いつも悩み事で押しつぶされそうになって生きています。これは私の意志に関係なく脳の中である化学物質が発生し私の感情を支配しているためだと考えられます。その証拠に時がたてば晴れやかに回復するからです。

日曜日の今日も朝からどうしようもなく気が滅入っていました。気分転換を狙ってプラネタリウムを見に行きました。プラネタリウムの今月のテーマは「赤い惑星」すなわち火星のお話でした。見終わった後は、地球という乗り物に乗って大宇宙を旅してきたかのように、晴れやかな気分を取り戻すことが出来ました。

プラネタリウムの今年度の月別テーマは次の通りです。

4月 「赤い星」

5月 「星座をめぐる星」

6月 「宇宙は銀河でできている」

7月 「ハンディツールで星さがし」

8月 「来た十字から南十字」

9月 「皆既日食」

10月 「天を測る」

11月 「アンドロメダ物語」

12月 「星がまたたく」

1月 「太陽系の果て」

2月 「赤い星・青い星」

3月 「ガリレオが見た宇宙」

 


[PR]
by pypiko | 2014-04-06 22:10 | その他

伊作文 忘れ物

Il 20 Marzo lapia piaveva dalla mattina. Come al solito dopo il pranzo sono andata alla biblioteca.  Qui ho studiato la preparazione per la lezione di sabato prossimo per 2 ore.  Quando sono uscito dalla bibliotica,la piaggia scrosciva. Arrivato alla fermata di Turumai un autobus è subito venuto non c’era il tempo per richiudere l’ombrello bagnato di piaggio. Io sono sceso alla fermata seguente di Tokodori 3 tyoume dall’autobus ho notato di avere dimenticato una borsa. Per richiudere l’ombrello bagnato ho messo la borsa di lato e sono scesa dall’autobus senza tenersi la borsa.

Come così quello che avevo dimenticato la mia borsa, era a causa  dell'ombrello bagnato.  Appena dopo tornata a casa ho telefonato al uficio dell’autobus. Ho potuto informare all’impiegato ditaliamente sul tempo di autobus che ho preso, il colore e il materiale di borsa, il contenuto nella borsa. Soltanto avevo dimenticato di dire di trovarsi un elettrodizionario nella borsa. Secondo l’impiegato il mio oggetto è lasciato all’uficio di Naruo Shako per le feste consecutive dal 21 al 23 Marzo. Cioè il 20 è il giorno dell'eqinozio primavera,   il 21 e il 22 sono sabato e domenica in cui il ufizio non funziona.  Quindì lunedi prossimo il 24 Marzo è portata al ufizio di Sakae.  Dopo 4 giorni ho deciso di andare all’uficio di Sakae perchè Naruo Shako è troppo lontano da mia casa. Lui ha detto, se vado al Sakae al 24 Marzo, di andare dopo 5 e mezzo ore per prenderlo senz'altro.

All’uficio di Sakae un impiegato cercava la mia borsa più per 30 minuto. Io avevo paura che non ci fosse la mia borsa. Dopo il tempo lungo la mia borsa si è trovato, io ero molto contenta.

La ragione era quello che l’eletrodizionario era nella borsa.

L’oggetto dimenticato con l0’apparecchio elettrico sembra mettersi nel altro luogo.

L’impiegato è scusato di avermi fatto asppetarmi per lungo. Per questo ho detto che c'era la mia colpa perchè io non ho detto che c'era l’eletrodizionario.

In ogni caso il contento della borsa è molto importante per me invece per altro vale nulla.

Cioe il contento sono il testo di italiano, il portapenne, gli occhiali, l’eletrodizionario, il libro che leggo ecc.


[PR]
by pypiko | 2014-04-03 22:49 | 語学