瑠璃のかなたに

<   2014年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

大古事記展に行って来ました

今、奈良県立美術館で大古事記展が催されています。期間は平成26年10月18日から12月14日までです。私は高校卒業まで奈良県に住んでいましたので、高校時代の友人2人を誘って11月26日大古事記展を見に行くことにしました。

友人の一人は奈良市に住んでおられるので道案内はお任せできます。近鉄奈良駅の前行基像の前に10時に待ち合わせることにしました。奈良県立美術館は駅から5,6分の所にあるそうです。

私のするべきことは時間に間に合いように近鉄奈良駅に到着することだけです。

インターネットで調べると名古屋発8時12分京都着8時48分着の新幹線のぞみ5号で京都まで行き京都発9時奈良着9時35分の近鉄で奈良まで行くルートが最適のようでした。問題は京都での中継ぎ時間が12分しかないことでした。心配なので新幹線と近鉄の切符を2週間も前にあらかじめ購入しておきました。万が一新幹線が遅れた場合予定通りにいかないのではと心配でしたが、新幹線は定刻に運航する方にかけて見ました。予定通り当日はすべて順調に事が運びました。行基像の前で3人とも約束の時間に集合することが出来、再開を喜び合いました。

奈良県立美術館への道すがら奈良の町を彩る絵のように美しい紅葉がそこここに見られました。生憎の雨でしたがそれでもそれなりの風情がありました。

大古事記展を1時間半ほどかけて見学しました。友人が1時に予約をしてくださったレストランは大和路という和食専門のレストランでした。お昼の食事のために大和路という和食のレストランの予約の時間1時です。1時までたっぷり時間があるのでその時間を利用して興福寺の阿修羅像を見に行くことにしました。

悪魔のような像を想像していた私には繊細な心の動きを表した少年の像であったことは意外でした。

それでも、その繊細さにはとても感動させられました。

レストランで1時間半ほどかけて、個部屋で3人でおしゃべりをしながら食事をとりました。また来年の再開を約束して3時発の京都行の近鉄電車で奈良を離れました。

参考までに、インターネットなどで調べてみました。阿修羅像はもと興福寺西金堂(さいこんどう)に釈迦三尊、梵天・帝釈天、四天王、十大弟子像などとともに安置されていた八部衆のうちの1体だそうです。この堂は光明皇后が前年の1月に亡くなった母橘三千代の一周忌に間に合うように創建したものだそうです。

像は脱乾漆造りだそうです。 脱乾漆造りとは原型の上に麻布を幾重にも渋でおおい固めて成形し、乾燥させた後、中の原型を取り去る方法だとか、張子の虎のようなものでしょうか。





[PR]
by pypiko | 2014-11-27 15:05 | その他

八咫烏

古事記の構成

  1. 上つ巻(序・神話)
  2. 中つ巻(初代から十五代天皇まで)
  3. 下つ巻(第十六代から三十三代天皇まで)

朝日文化センターの古事記入門講座は上つ巻(序・神話)が終わり中つ巻(初代から十五代天皇まで)が始まりました。

初代天皇神武天皇の東征についての詳しい物語で始まっています。

神武天皇カムヤマトイワレ彦の命は兄のイツセの命とともに九州の土地を離れ天下を治めるにふさわしい土地を求め東に向かいます。瀬戸内海を通って紀伊半島の西岸より上陸を試みたもののナガスネビコの率いる軍との戦いで兄のイツセの命が手に傷を負います。神の皇子が日に向かって敵に対したことが誤りであったと考えて紀伊半島の南端を通って熊野より上陸することにします。途中でイツキの命は亡くなります。一行は熊野に上陸してほどなく神の化身のクマに遭遇して失神させられてしまいます。この時天照大神と高木神の使いで熊野の高倉下が一振りの太刀をもって駆けつけます。これにより神の化身の魔力が消え失せ一行は目覚めます。これより先は天より遣わされる八咫烏の導きによって進むように伝えます。一行はいろいろな困難に遭遇しながらも大和地で国作りを始まることとなります。

八咫烏の(あた)は長さの単位で、親指と中指を広げた長さ(約18センチメートル)のことであり、八咫は144cmとなりますが、ここでいう八咫は単に「大きい」という意味で、古事記、日本書紀でも八咫烏は3本足の烏との記載はなく単に大きいカラスと考えられていました。後世に中国朝鮮の伝承の鳥「三足烏(さんそくう)」と同一視され、三本足になったともいわれています。

現代では、八咫烏は主に日本サッカー協会のシンボルマークに使われています。軍事方面においても、大日本帝国時代の戦前より、八咫烏は金鵄や等と共に広く意匠として用いられていたそうです。


[PR]
by pypiko | 2014-11-24 12:18 | その他

伊作文 薬の副作用?

Da un po’ di tempo fa io sentivo che per me era dificile camminare in linea di diritto sul marciapiede. Quando io ero lavata i capelli da parrucchiere, ero curata da dentista, secondo il cambiamento svelto di posizione da muvimento di sedia sul cui mi ero fatta sdariare io avevo spesso un capogiro.

Io pensavo da sola che questo fossi del sindrome di Meniere.

Il 6 Agosto era molto caldo. La mattina come di solito dopo avere attivamente fatto lavoli di casa volendo ginnastica io mi sono rapidamente sdraiata sul pavimento con la posizione sul dorso. Alloratutto ad un tratto il sofftto è comminciato a girare su me.

Questo giorno era il giorno che avevo prenotato per visitare il medico del ospedale dell’università civica di Nagoya.

Questo medico è di specializzato in fegato e pancreas. Da quando io avevo pancreatite è il mio medico personale.

Oggi io non ho malattia di pancreas ma ho la pressione alta e ho il numero alto di cholesterol con analisi del sangue. Per questo io vado all’ ospitale una volta ogni due mesi.

Questo giorno ci sono andata con tassi che ho chiamata a casa.

Di solito al prima io ho ricevuto l’esame di sangue e ho devuto aspettare finchè il mio
turno venisse.

Duante il tempo di aspettare per me era molto duro.

Io ho ricevuto i medicamenti soliti della pressione alta e del hyperlipidemia e il medicamenti per

gastroenteritis e nausea per questa volta.

Al quel giorno io non ho potuto mangiare quasi niente, Io ho pensato che questo era stata dal caldo di estate.

Il 8 ottobre la mattina appena quando io mi ero alzata dal letto in piede io mi sono sentita girare la testa e sono caduta verso parete. Allora ho sbattuto forte la testa contro la parete di cemento armato.

Io ho continuato immediatamente raffreddare un reparto di colpo della testa col ghiaccio per circa una ora.

Anche questo giorno era della prenotazione del medico solito di fegato e pancreas del ospedale dell’università civica di Nagoya. Anche questa volta ci sono andata con tassi che ho chiamato a casa.

Il medico ha domandato;“Lei è venuta qui camminando da sola?” Io ho risposto; “si”. Come di solito io ho preso il medicamento solito e sono ritornata a casa senza essere esaminata per il colpo di testa.

Io pensavo che perché non c'era il sintomo della commozione cerebrale non ci sarebbe emorragia cerebrale seria.

Dopo questo rotornata a casa io ho notato che nello spiegazione di uno di medicamenti il capogiro e il barcollare erano scritti come effetti collaterali.

Da quando io ho smetto il medicamento adesso io non ho più questo fenomeno.

Per quello che ho mal di luogo di colpo ancora oggi passato più di un mese mi un po’ preoccupo.



[PR]
by pypiko | 2014-11-20 20:30 | 語学

眩暈の原因は薬の副作用?

少し前から歩行時に歩道の格子模様の上をまっすぐに歩くのが難しいようなふらつきを感じていましたし、美容院の洗髪台や歯医者さんの処置台で横になった状態から急に起こされると軽いめまいを覚えることがしばしばありました。自分ではメニエル症候群かと思っていました。

8月6日、夏の真っ盛りでした。朝ストレッチ体操を始めようとして仰向けに横になるとすぐに、天井がぐるぐる回るような眩暈を感じました。この日は、2か月に一回の割合で高血圧と高脂血症の経過を見てもらう目的で名市大の内科(肝膵科)に受診の予約がとれていたので、ふらふらの状態でしたがタクシーを呼んで名市大へ行きました。いつものとおり、診察前に受けた血液検査を受け、結果が出るまで待って、順番通り長い待ち時間のあと診察を受けました。かなりつらい待ち時間でした。いつもの高血圧と高脂血症の薬と今回の症状のために胃腸炎と吐き気止めの薬が処方されました。その日は一日食欲がなく、むかつきがあって食事がとれない状態でしたが水分だけはできるだけとるようにしてなるべく安静にして過ごしていました。一過性だったので夏バテだったのかと自分で判断しました。

10月8日朝いつもの通り5時半ごろ暗がりの中、ベットから起き上がって2,3歩、歩き始めると急にめまいがして後ろ向きに倒れ、鉄筋コンクリート製の壁に強く後頭部を打ちつけてしまいました。すぐに氷で打撲部を冷やし続けました。この日も名市大の受診予約の日でした。やはりタクシーを家まで呼んでいつもの内科(肝膵科)の先生に見てもらいました。

先生の「ここまでは歩いてきたのでしょう」との質問に「はい」と答えたせいか、特に頭部打撲に対しては検査を受けずに帰りました。私自身は「脳震盪の症状がなかったので重大な脳出血はないだろうと」と思っていましたし「しばらく様子を見て、あとから出てくるような神経症状なら症状が出てからでも脳神経科を受診すればいいわ」と思いながら1月以上たった今では、もういい脳出血に関しては大丈夫だろうと思っています。ただ打ったところがいまだに痛いのがほんの少し心配なところです。

10月8日名市大受診の翌日、いつも処方されていた薬の説明書に2種類の降圧剤の1つに副作用として、めまいとふらつきが書かれてあるのに気が付きました。すぐにその薬をやめたところ翌日からめまいとふらつきがなくなりました。もう少しで薬の副作用で死ぬところでした。


[PR]
by pypiko | 2014-11-15 22:46

神功皇后の神がかり

L’imperatrice JinguKogo è posseduta da Dio.

Questo argomentoè dal libro Kojiki.

L’imperatrice JinguKogo è moglie del’imperatore Tyuai Tenno.

Una volta TyuaiTenno con Jinguu Kogo era andato in Kyushu per assoggettarlo.

Dopo che l'Imperatore Tyuai Tenno era entrtonel sacrario di Kashii di Tukusi ha suonato il koto aspettando la parola di Dioper sentire la volontà divina sullla conquista di Kyushu.

Quando l'Imperatore aveva cominciato a suonare il koto, Dio ha parlato messaggio divino attraverso la boccadell'imperatrice Jingu Kogo.

C'è un paese che si chiama Sillaghi verso ovest."Il paese ha molti tesori rari brillanti dell’oro e d’argento. Io ora intendo didarti questo paese.

L'Imperatore ha risposto così a questooracolo.

Anche se salgo sul luogo alto e vedo verso ovest,io non vedo niente paese, e solamente vedo il grande mare aperto.

Un po’ dopo Il suono del koto fermò, el'Imperatore che già è morto è stato trovato quando la luce era stataaccenduta.

Dopo che la cerimonia per frenare la rabbiadi Dio era stata tenuta, la gente aspettava un oracolo di Dio. Allora un oracolodi Dio fu dato di nuovo attraverso Jingu Kogo. Era così; "Il figlio Imperiale che c'è nel ventre dell'imperatrice dovrebbe governare tutto questo paese"

L'oracolo diede al suo gruppo diversepiccole istruzioni per andare al paese di ovest, e, secondo questo oracolo, laImperatrice Jingu ha fatto i preparativi e ha raccolto le forze armate e hamesso molte navi al porto di Hakata.

Appena quando il gruppo dell’imperatriceJinguu era partito per penisola coreana sul mare molte pesci si sono raccoltiper portare le neve sulle schiene e il gruppo è arrivato nella Penisola coreanafra poco.

Dopo avere sbarcato alla penisola coreana, Jingu Kogo ha sottomesso Shiragi e Kudara. Jingu Kogo ha dato a Shiragi il lavoro per allevare il cavallo e a Kudara il lavoroper attraversare il mare, poì il gruppo di Jinngu Kogo è ritornato in patria.

Per la strada JinguKogo si è avvisto che i figli delle altri mogli di Tyuai Tenno aspetavano il suogruppo per ucidere il figlio di Jingu Kogo.

Jingu Kogo ha messo il suo figlio sulla nave da bara, ha fattosapere a tutti che il principe era già morto.

Grazie a Jingu Kogo che aveva preso diversemisure il principe dell’imperatrice Jingu Kogo sopravvisse in sano come unprincipe del trono imperiale.

Finche ilprincipe sia divertato adulto, sia stato sul trono, Jingu Kogo si era occupatadi politica.


[PR]
by pypiko | 2014-11-14 14:32 | 語学

神功皇后の神がかり 古事記から

12第天皇 景行天皇

13第天皇 政務天皇

14第天皇 仲哀天皇 皇后 神功皇后

15第天皇 応神天皇

ある時仲哀天皇は神功皇后を同伴して熊襲を討つため筑紫に向かいました。

天皇は筑紫の香椎(かしい)の宮(福岡市)に入ると熊襲征伐について神意をうかがうため琴を弾いていました。天皇が琴を弾き始めると、神功皇后に神が乗り移り、皇后は巫女のようになってこんなお告げを口にしました。

「西の方に新羅という国がある。その国には金や銀をはじめとして、光り輝く珍しい宝物がたくさんある。私は今、その国を汝らに授けようと思う」

このお告げに天皇はこう答えました。

「高いところに登って西の方を眺めても、国土は見えず、ただ大きな海ばかりが広がっております」

天皇は神のお告げを無視し、お付のものの制止をも振り切って、琴を弾き続けました。

いつしか琴の音が止み、火を灯してみると天皇はすでに亡くなっていました。

神の怒りを鎮めるための儀式を念入りに行った後、再び神託を待つと、神功皇后に神が乗り移って、神のお告げが下されました。

「すべてこの国は皇后の腹の中にいる御子が統治すべきである」

続いて神託は西の国へ向かうにあたってのこまごまとした指示を下し、この神託にしたがって、神功皇后は軍隊を整え、多くの船を港に並べました。

神功皇后が多くに船を並べて海へ乗り出すと大小さまざまな魚が集まってきて船を背負って、一行は朝鮮半島に向かいました。朝鮮半島上陸後新羅、百済を降伏させ、以後、新羅を馬飼いの仕事に従事させ、百済を渡海の仕事に従事させることを取り決め帰路につきました。

帰路、待ち構える仲哀天皇の別の妻の子供たちが神功皇后の皇子を殺害することを目論んで一行の到着するのを持ち構えていました。

皇后は棺を載せる船(喪船)に皇子を載せ、

「皇子はすでに亡くなった」と皆のものに言いふらさせて帰還しました。

あれこれの策を講じながら、皇位を狙う皇子たちを制圧し無事に神功皇后の皇子(ホムダワケ命)が日嗣の皇子として生き延びました。

神功皇后は、ホムダワケ命が成人して応神天皇となるまで摂政を務めました。


[PR]
by pypiko | 2014-11-10 12:46 | その他

コリン・ジョイス ニッポン社会入門

・Io ho letto un libro da Colin Joyce(britannico) che è intitolato “ guida alla società di Giappone”.

Io parlo oggi sottouna parte dal questo libro che è scritto sulla lingua Giapponese.

Lui è giornalistadi 44 anni, lui è cominciato a studiare giaponese a Kobe da studente.

Per lui differenza distinzione fra “Sakka”ed “Sakkaer” sembra ancora essere difficile.

A proposito mi sono ricordata della miaamica tedesca che non era capace fare per molto tempo la distinzione di “Byoin”di parrucchiere e “Biyoin” di ospedare.

Per stranieri come si conta ogni oggeto in giapponese,per esempio i ppon ni hiki san wa, yon tou itotu etc. è un probremma. Ma questoprobremma è difficile ogni tanto per giaponesi. Si può passare questo programma nel modo in cui si canta tutti oggetticome hitotu futatu mittu.

In giaponese non c’èdistinzione fra singolare e plurale, e non c’è distinzione fra sesso maschile osesso femminile, non c’è declinazione compricatasecondo il caso.

Per cominciare se Lei ricorda alcuni paroreOisii Kirei Sugoi etc giaponesi le lodano dicendo che Lei parla bene giaponese.

Ma in Inghilterra anche se stranieri possonodire qualche parole inglese nessuno lodera loro.

Anzi loro sono gridati con stizza che cosavuoi dire.

Per lui è unpiacere studiare giaponese, perchè giapponeseha molte espressioni squisite.

Per esempio nei proverbi “perfino scimmia cade da albero”.

Dà al gatto piccola moneta d’oro.

“Tutti gli Stati Uniti hanno pianto” è lafrase che sono stati usati per propagare il film americano del livello basso.In Giapone questa frase è usata contro la cosa delusa con ironia. Anche questa frase sembra essere divertentaper lui.

É una delle caratteristiche che nella linguagiapponese ci sono molti sostantivi di una lettera.

“U no i to o no e” la frese di proprio dilui. Se si traduce in italiano, è così " il ritratto di lo stomaco e lacoda del cormorano". In ingresa a picture of a cormorant’s stomach andteil .Per dire la palore con 10 lettere in giaponese ci vuole 35 lettere iningrese.

Anche questa cosa è molto divertente perlui.

La suona dellaparola “Zunguri Mukkuri”è uno di parola più comico anche in molte lingue intutto il mondo. Anche lui dice così. Unavolta se lui ha contato il numero di onomatopea ed espressione onomatopeica disituazione sembra essreci stati 58 parole tra parole che allora lui sapeva.

Per il bambino piangente “Siku Siku” , comeper l'applauso, "Paci Paci” per fame"Peco Peco, per mal di testa “Gan Gan”etc.

Anche come si fa contrazione di parole,èmolto interessante in giaponese.

“mazakon” “Pasokon” “Sutokon””Okushon””Manshon” Baikingu” etc.

Tre espressinone giaponesepiù favorite dell’autore sono

Onyu
Uamezukai

  1. Shobupantu


[PR]
by pypiko | 2014-11-08 12:29 | 語学

「ニッポン社会」入門 (コリン・ジョウイス著 谷岡健彦訳)から

「ニッポン社会」入門 コリン・ジョイス著(イギリス人)を読みました。

特に話し言葉に関していえば、日本語は簡単だそうです。まず母音や子音が限られているので発音の面で引っかかることが少ないこと、イントネーションはできる限り抑揚をつけずに平坦に話せばいい。作者にとって、作家とサッカーの区別がいまだに厄介だそうです。そのことで思い出したことはわたしのドイツ人の友人が病院と美容院の区別が長い間できないでいたことでした。

日本語の数え方は一本、二匹、三羽、4頭、五つ・・・など対象物によって様々です。これは日本人にとってもむつかしい問題ですが、すべて一つ、二つですませることもできます。名詞には単数と複数の区別がないし、性や核の変化もない。始めに数語の単語を覚えておくだけである程度分かってもらえて「日本語お上手ですね」と言ってもらえます。

ちなみにイギリスでは英語の単語を十個かそこら話せるからと言って絶賛されることはまずないでしょう。それどころか、激しいいらだちの矛先を向けられ、「いったい何を言いたいのだ、おい」この程度の言葉を覚悟しておいてよいだろうといっています。

始めは多くの日本人は外国人がペラペラと日本語を話せるとは信じないから全く日本人のように話してはだめだそうです。「田中です。」といわれて「コリンです。」ではなく、「コリンといいます。」といわなければ通じないことがしばしばだそうです。

日本語を勉強していて楽しいのは日本語には絶妙な言い回しが数多くあることだそうです。

作者は「猫に小判」、このことわざを耳にするたびに、子供のころに勝っていたギマリーという猫を思い出すといいます。この猫はよく(おそらく、どの猫も同じだろうが)まったく関心がありませんとでも言いたげな表情を浮かべるそうです。「猿も木から落ちる」もユーモラスな表現で気に入っているそうです。

アメリカ産のレベルの低い映画の宣伝文句としてあまりにも頻繁に用いられたため皮肉を込めて使われた、「全米が泣いた」は期待外れのものという意味でつかわれていてこれも面白い表現だそうです。日本語には単音節のものが多いのも特徴の一つで、作者が作ったフレーズで「鵜の胃と尾の絵」で、A picture of a ccormorant’s stomach and tail. と35文字もかかる表現をたったの十文字でいえるのが面白く、一時、仲間に得意になって披露していたそうです。

彼は「ずんぐりむっくり」という言葉は、世界の数多くの言語の中でも最も、コミカルな音の配列の一つに数えられるのではないだろうかと言っています。

「ペラペラ」「イライラ」など作者が知っている擬声語・擬態語の数だけでも、数えてみて58のもなったそうです。泣く子は「しくしく」、拍手は「パチパチ」、お腹「ペコペコ、」頭が「ガンガン」などです。

言葉の短縮「パソコン」「マザコン」編集会議は「ストコン」「億ション」「マンション」「バイキング」など一語で表現されてしまうのにも驚きだそうです。

作者のお気に入りの日本語表現ベストスリー

  1. おニュー

  2. 上目使い

  3. 勝負パンツ

だそうです。


[PR]
by pypiko | 2014-11-03 08:43 | その他