瑠璃のかなたに

<   2016年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

田中秀央著 初級ラテン語読本より(34-7)

夜が明け、ポリフェムスは睡眠から目覚めると直ちに昨日と同じことをした。すなわち残りの男たちの中から二人をつかみ取り、彼らの肉を休みなしにむさぼり食べた。

それから岩を動かして家畜を洞窟から追い出した。

これを見てギリシア人たちは自らも洞窟から逃れることができるという大きな希望を持った。

しかし間もなくこの希望も無くなった。なんとなればポロフェムスはすべての羊が出て行ったあと、岩をもとの位置に戻した。

最後の望みも無くなって、彼らは嘆きと涙にくれるのみだった。

以前に我々が明言したように大いなる智将の男であったオデッセウスがたとえ危機にひんした状況をよく理解していたとはいえ、今では全く絶望していた。

しかし長い間、すべての知恵を絞って考え続けて、ついに次の計画を実行することにした。

洞窟に置かれてあった木材の中から大きな棒材を選んで、その先を念入りにとがらせた。

そして仲間に何をするかを説明した後、ポリフェムスの帰りを待った。


[PR]
by pypiko | 2016-09-25 16:55 | オデッセウス

伊作文 初等ラテン語読本より(34-6)

Mentre questa cosa era fatta, loro non poterono lanciare una voce per lo spavento. Anche Ulisse perdeva la speranza di essere aiutato.

Dopo quando Polypheus soddisfece la fame con pasto cosìterribile, subito dormì.

Ulisse pensò che ora fosse un’opportunità di fare una certa cosa per sopravvinire e stava trafiggendo il petto del mostro con una spada.

Allora gli improvissamente venne in mente un penciero come evadere dalla caverna se uccisse il mostro.

Notò che non ci fosse il modo di muovere la pietra grande senza il mostro.

Perchè la pietra era tale grande che non potè essere mosso anche con dieci uomini.

Davanti alla situazione disperata, Ulisse rinunciò a questo piano e ritornò ai suoi.

Tuttavia li incorraggiò intensamente, perchè non perdessero il coraggio. Perchè anche una volta era scappato da molto grande pericolo perchè non aveva dubitato grazie a Dio.


[PR]
by pypiko | 2016-09-25 16:49 | 語学

田中秀央著 初等ラテン語読本より(34-6)

そのことが行われている間、かくも大きな恐れがギリシア人の心を占領していたので、彼らは声さえも出すことができなかった。 そこであらゆる救助の望みを捨てて目前の死を待った。

ポリフェウスはかくも恐ろしい食事で飢えを満たすと横になって眠ってしまった。

オデッセウスは次のことを首尾よくやるのに絶好の機会だと考えた。すなわち剣で怪物の胸をまさにつかんとしていたのだ。

しかしそれを実行に移す前に、いかにして洞窟から脱出するかを検索することを決心した。

入口を塞いでいる岩に気付いたのだ。もしポリフェウス殺してしまったなら、自分たちにとって何の助けのもならないことを認識した。

なんとならば、その岩の大きさは実に10人の人間が集まっても動かすことができないほどであった。

そのような事態であったのでオデッセウスはこの企てをあきらめて仲間のところへ戻った。

彼は自分たちがどのような状態のあるかを理解して、自分の運命についてあきらめ始めた。

しかし彼は、仲間たちが勇気を失わないように激しく励ました。なぜなら、以前にもすでに大きな苦境にあって神が援助をもたらすであろうことを疑わなかったために大きな危険から逃れたことがあったからである。


[PR]
by pypiko | 2016-09-21 18:46 | オデッセウス

伊作文 初等ラテン語読本より(34-5)

A proposito i cyclopi erano pastori che vivevano in Sicilia particolamente su Monte Etna.

Su Monte Etna Hephaistos, cioè Dio di fuoco aveva una fucina. I Cyclope erano suoi schiavi.

Appena guardarono al mostro, pressocchè svennero.

I greci scapparono in fondo della caverna e provarono a nascondersi là.

A proposito questo gigante si chiamava Poliphemus.

Dopo lui condusse animali nella caverna, poi chiuse l’ingresso con una pietra enorme. Poi accese il fuoco nella caverna.

Poi osserva tutta la caverna con un occhio e notò che uomini stavano nella caverna. Lui gridò come segue.

"Chi siete? Mercanti o ladri?.

Contro questoUlisse rispose così.

Noi nè siamo mercanti nè ladri. Ritornando da Troia noi non abbiamo potuto seguire la rotta per causa di tempesta.

Ci faccia il favore di fare andare da qui senza fare male.

Allora Polyphemus chiese dove le navi sono gettate e dove sono trasportate.

Ulisee rispose come segue sentendo il bisogno di essereprudente. Unsere navi hanno rotto in pezzi.

Polyphemus presi due tra i suoi persone da mano senza rispondere nulla, gli tolse via le mani e piedi. E cominciò a divorarli.


[PR]
by pypiko | 2016-09-18 08:14 | 語学

田中秀央著 初等ラテン語読本より(34-5)

さて、キクロープスたちはシチリア島、特にエトナ山に住んでいた牧者だった。

エトナ山には鍛冶屋の長であり、火の発見者であったバルカヌス(つまりへパイストス神)が彼の仕事場をもっていて、キプロプースたちは彼の奴隷であった。

ところでオデッセウスたち一行は怪物を見るや否や気絶しそうになった。

ギリシア人たちは洞窟の内部に逃げ込んで、そこに身を隠すことを試みた。

さて、このキクロープスはポリフェムスと呼ばれていた。

彼は家畜を洞窟の中へ導いた。その際入口を巨大な岩で塞いだ。

それから洞窟の中で火を起こした。

その後、一つ目で全体をよく調べて、洞窟の内部に人間たちが隠れていることに気が付いたので、大声で叫んだ。

「お前たちは誰だ。商人かそれとも盗賊か」。

そのときオデッセウスはこのように答えた。

「自分は商人でもないし、略奪にやってきたものでもない。トロヤからの帰りに嵐の力で正しい航路から外れてしまった。どうか自分たちに害を加えないで再び立ち去ることをゆるしてほしい」と頼んだ。 そこでポリフェムスは、「船はどこに漂着したのか。彼らはどこへ運ばれたのか」と聞いた。

オデッセウスは十分の用心しなければならないことをよく理解したので、「自分の船は岩にぶつかって粉々に砕けてしまった」と答えた。

しかしポリフェムスは何も答えないで仲間のうちの二人を手でつかんで彼らの手足をもぎ取ってむさぼり食べ始めた。


[PR]
by pypiko | 2016-09-12 16:11 | オデッセウス

伊作文 初等ラテン語読本より(34-4)

Il giorno dopo alla mezzanotte lui ed i suoi loroavvicinarono la nave a una terra ignota.

Ulisse decise di sbarcare al luogo e ricercare la terra con12 persone di suoi compagni.

Quando erano avanzati fino a poca distanza dalla riva delmare, trovarono una grande caverna.

Loro pensarono che qualquno dovesse vivere nella caverna.

Perchè l’ingresso era fatto con la mano umana.

Senza riguardare il pericolo, loro entrarono presto nella caverna.

E trovarono una grande quantità di latte conservato in enorme vaso.

Quando si chiedevano chi vivesse in questa caverna,improvissamente sentirono un suono terribile. Rivolsero gli occhi verso l’ingresso. Allora là videro un mostro. Il suo aspetto era umano, ma la sua taglia era davvero molto enorme.

A proposito loro notarono che questo gigante aveva soltanto un occhio in mezzo alla fronte.

Capirono che questo mostro era un cyclope di cui loro sapeva no per fama famosa. 


[PR]
by pypiko | 2016-09-10 21:02 | 語学

田中秀央著 初等ラテン語読本より(34-4)

次の日の夜中に櫂を漕いで未知の土地へ船を近づけた。その際オデッセウス自身はその地方を知らなかったので仲間のうちの12人を連れて上陸しその場所を探索することにした。少しばかり海岸を離れて進むと大きな洞穴に着いた。彼らはその洞穴に誰かが住んでいると思った。なぜならその入り口は人間の手仕事で作られていることに気付いたからである。まもなく危険を顧みず、彼らは洞窟に入った。そして、そこで巨大な器に蓄えられた大量のミルクを発見した。しかし彼らがこの家に誰が住んでいると不思議に思っていると恐ろしい音がしたので入口のほうへ目を向けると恐ろしい怪物が目に入った。なるほど外観は人間であるが体の大きさは異常なほどに大きかった。さて、彼らはこの巨人が額の真ん中にただ一つの目を持っていることに気が付いて、これがすでにうわさに聞いていたキプロプスの一人であると理解した。


[PR]
by pypiko | 2016-09-04 18:13 | オデッセウス

伊作文 初等ラテン語読本より(34-3)

Già era verso la sera. Ulisse ebbe paurache loro non erano caduto in un pericolo. Dopo lui aveva aspetto fino allasettima ora e fece sbarcare altri alcuni alla terra a ricercare che cosa arasucceso a loro.

Quando loro avvivarono al villaggio nonmolto lontano dalla riva, trovarono i loro compani. Loro si erano ubriacaticome con vino.

Appena i messaggeri avevano conoscuto quelloche era accaduto, tentarono di persuadere a ritornare alla nave da sé aicompani ubriachi.

Ma loro resistavano con la fosza grilando econtinuavano a rifiutare di tornare alla nave.

Come così i messaggeri ritornarono daUlisse senza effetto.

Ulisse capì queste cose, questa volta luistesso andò al luogo con le personi che rimanevano da lui alla nave fino allafine

E lui incorraggiai loro dicendo perchè ritoorninocon sè alla nave. Ma alla fine lui dovettelegare le mani dietro la schiena e portarli alla nave.òi tutti loro poteronolasciare immediatamente il porto.




[PR]
by pypiko | 2016-09-04 08:54 | 語学

田中秀央著 初等ラテン語読本より(34-3)

しかし夕方近く、第7番目の時間まで待ったあと仲間が危険に陥ったのではないかと心配して残りの若干名を遅延の原因が何かを探らせるために陸地に送った。かくして彼らが陸地に上陸しさほど離れていない村に到着したとき、あたかも葡萄酒でのように酔いつぶれている仲間を発見した。彼らが、何が起こったかを話すや否や、使者たちは彼らに自分たちと一緒に船に戻るように説得することを試みた。しかし彼らは体を張って抵抗し、そしてしばしば声を張り上げてその場から離れようとしなかった。このように使者たちは成果の得られないままオデッセウスのもとに戻った。これらのことが判ったのでオデッセウス自身は船の残された者たちと一緒にその場に行った。そして自発的に船に戻るように励ましたけれども、効果がなかったので彼らを後ろ手に縛って、嫌がる彼らを船に連れ戻した。そして錨があげられ非常に速やかに港を離れることができた。


[PR]
by pypiko | 2016-09-04 08:50 | オデッセウス

伊作文 初等ラテン語読本より(34-2)

Quando nel luogo dove i navi avanzarono una distanza di pochi miglia dallaspiaggia di Troia,una tempesta successe improvvissamente, perciò ogni nave nonpotè seguire la rotta.

Ma ogni nave avanzò in ogni direzione.

A proposito, la nave di Ulisse prese a navigare a circamezzogiorno, ed arrivò alla spiaggia di Libia al decimo giorno.

Ulisse fece avanzare la nave all'orlo dell'acqua e lasciòsbarcare alcuni uomini tra membri per cercare la questa terra.

Loro intesero di compiere le cose ordinato da Ulisse.

Però mentre loro camminavano cercando una fonte,incontrarono certe persone il cui ricevimento riceverono. Da queste persone furonointrattenuti col cibo che si chiamò un loto. Questo cibo era preso dasorprendere seme di una certa frutta.

Dopo che assaggiarono il cibo, dimenticarono prontamente laloro patria od i compagni e si ristorarono.

Loro intesero di rimanere su questa terra per mangiare questocibo favorevole per sempre.


[PR]
by pypiko | 2016-09-04 08:47