瑠璃のかなたに

<   2017年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本 2-1

ローマの町
ローマは7つの丘の上に建てられた。丘の中で最も高い丘はカピトリウムの丘だった。カピトリウムの丘の高い部分には城砦があった。他には最高神ゼウスの神殿があった。そこでローマの皇帝たちが凱旋式を行った。町の中央、カピトリウムの近くには今日でも我々が目にすることが出来る広々とした場所があり、それはローマ人の広場でそこへ市民たちは商取引や他の行事のために集まっていた。
広場には永遠の火がウエスターの巫女によって守られるようにウエスター女神の神殿があった。そして神祇長官の家があって、そこにはユリウス・カエサルが住んでいた。バシリカ(公会堂)もあった。この建物は大勢の市民を収容することが出来た。長い年月の後ローマ人たちはキリスト教を受け入れ、バシリカは教会の使用に変えられた。
[PR]
by pypiko | 2017-01-30 12:02 | その他

伊作文 ラテン語読本 1-ⅲ

1-ⅲ
Cervo che si trova vicino a fonte
Il cervo, stando in piedi alla riva di fonte, stava fissando la propria figura riflessa in aqua.
Si lodava per suoi rami delle corna grandiosi e diceva male delle sue gambe magre.
A questo momento sentì un cane abbaiare molto vicino e si sorprese.
Il cervo sorpreso cominciò a fuggire. Il cane subito cominciò a seguire il corvo fuggente.
Ma il cervo fuggiva per il campo verso il bosco senza sforzo.
Al fine il cervo giunse fino a bosco.
Ma nel bosco i rami delle sue corna impediscono di andare avanti di piu.
Allora la cane lo catturò con detti.
A questo momento a poco prima di morire, disse lodando gambe veloce,. "Scusi gamba! Lei erano meraviliosi. É la corne che hanno rovinato me ".

.
[PR]
by pypiko | 2017-01-29 13:55 | 語学

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本 1-ⅲ

1-ⅲ
泉のほとりの鹿
鹿が自分の姿を水に映して見つめていた。
自分の枝の多い角をほめていたがあまりに細い脚をとがめていた。
鹿はすぐ近くで犬の吠えるのを聞いて驚いた。
犬は逃げていく鹿を後から追いかける。
しかし鹿は野原を難なく走って逃げる。
森へと逃げ込んだ。
しかしやがて枝の多い角がどこででも邪魔をする。
やがて犬が歯で彼を捕まえる。
その時鹿は死に瀕して自分の誤りに気づいた。
そして脚をほめて言った。「足の速い脚よ。私を破滅させたのは角だ」。
[PR]
by pypiko | 2017-01-29 13:53 | その他

伊作文 ラテン語読本 1-ⅰ

1-1
Toro e Musca
Un piccolo musca
si sedeva sul corna di un toro. E disse.
“Se io ti peso troppo, volerò via”. Ecco il toro disse:
“Dove sei? Non ti sento affatto”.


1―2
Amicizia del lupo
Un asino si ammalò. Suo figlio lo curava. A quel punto un lupo venne e toccò la porta.
Poi disse.
“Sono un amico di tuo padre. Arpi la porta, mio ascino di bambino! Sono venuto per visitare tuo padre”.
Il figlio lo vide da uno spiraglio della porta e disse.
“Sento certo la voce di amico di padra ma vedo la gola di lupo”

.
[PR]
by pypiko | 2017-01-22 10:42 | 語学

松平千秋、国原吉之助共著 「ラテン語読本」より 1-ⅰ

1イソップ物語から
ⅰハエと牡牛
牡牛の角に小さなハエが止まっていた。ハエが牛に向かって言う。
「もし君に私が重たいならば私は飛び去るであろう」。
牛が答える。
「お前はどこにいるのか。私にはまったく感じない」。

ⅱオオカミの友情
ロバが病気になった。彼の息子が手厚く看病していた。そこへオオカミがやってきた。そして戸をたたいて「私はお前のお父さんの友達だ。戸を開けなさい。私の子ロバよ。お前のお父さんを見舞いたい」。息子は戸の隙間からオオカミを見た。そして答えた。「友達の声だが、
私にはオオカミの喉が見えている」。
[PR]
by pypiko | 2017-01-22 10:39 | 語学

ラテン語の独習

約一年かけて田中秀央著「初等ラテン語読本」を読了、二番目に読み始めたのは松平千秋、国原吉之助共著「ラテン語読本」です。クイズを解く感覚で取り組んでいるラテン語の独学、暗記力に劣る自分にとっては相性のいい余暇の楽しみ方です。
イタリア語講座で相変わらずウンベルト・エコウの「薔薇の名前」を教材にしていただいているので、この本にはラテン語が所々に出てくるのでラテン語の知識が役立っています。
[PR]
by pypiko | 2017-01-22 10:14 | その他

伊作文 初等ラテン語読本より(34-20)

Ulisse intendè lasciare l’isola il giorno dopo il più presto possibile.
Avendo pensato questa cosa, il sentimento di Circe verso Ulisse cambiò dall’odio all’amore e per un po’ tampo ogni giorno Circe lo trattò gentilmante. Pòi cominciò a convincere a stare da lei di più.
Ma Ulisse non poteva abbandonare la speranza per vedere la sua patrio anche dopo avere trascorso un anno a casa di Circe.
Così raccolse i suoi e gli parlò il suo penciero.
Ma quando era andato sulla costa di vedere la condizione della nave, sappe che la nave distrutta dalla tempesta era diventato inutile per la navigazione.
Avendo saputo questa cosa, ordinò ai suoi di raccogliere tutte le cose necessrie per riparare la nave.
Vedendo Ulisse cercare di lasciare l’isola, Circe soffriva moltissimo.
Ma Ulisse non pensava che partire affrettamente perchè il viaggio non fosse impedito per molti anni.ancora. Fino a raggiunggere la sua patria, Ulisse doveva imbattersi in molti pericoli. Ma io non posso scrivere tutte le cose, perchè non c’è più spazio per questo.
[PR]
by pypiko | 2017-01-15 07:31 | 語学

伊作文 初等ラテン語読本より(34-19)

Ma appena Ulisse aveva visto che Circe tremava di paura, domandò di farli ritornare in forma come prima. Perchè era imparato da Mercuria che loro era trasformato nella figura di maiale.
Allora Circe, essendo sorpreso da questo, giurò di fare tutto quello che lui ordinasse in ginocchio avanti di lui.
E Circe ordinò ai suoi uomini di portare gli maiali verso porcile .
Loro entrarono nel porcile con segno di Circe. Quando si accorsero del loro capo, il loro dolore era tanto grande che non potè spiegare che cosa era successo a loro.
E Circe gli spalmò un certo genele di olio a ogni corpo. Allora loro ritornarono alla originalia forma in breve tempo.
Poi Ulisse riconobbe gli suoi con grande piacere. E mandò messaggio alla nave in cui aspettavano gli suoi rimasti con paura.
Così anchè loro andassero alla casa di Circe, dove si riunirono molto saddidfatti.
[PR]
by pypiko | 2017-01-08 11:45 | 語学

田中秀央著 初等ラテン語読本より 34-20

次の昼間にオデッセウスは出来るだけ早く島を立ち去ることを考えた。
しかしキルケはこのことを知って憎悪から愛情の気持ちに変わって少しの間の日々親切にもてなし彼にもっとここに留まるように説得し始めた。
しかしオデッセウスは丸一年キルケの家で過ごした後も、故郷を見る望みを捨てきれずにいた。
かくして彼は仲間を彼のもとに集めてかれの心の内を話した。
しかし彼が下見のために海岸に下りた時、彼の船は嵐で打ち砕かれて航海のためにはほとんど無用のものとなっていることを知った。
このことを知って仲間たちに船の修理に役立つあらゆるものを調達することを命じた。皆は大いに勤勉さを発揮してこのことのために3日以内に仕事を成し遂げることを目標に働いた。
一方キルケは彼が出発のために努力していることを見て大いに苦しんだ。
しかしオデッセウスはこれから先も何年も航海を妨げられることのないように急いで出発することを考えていた。
彼が故郷に達するために多くの危険がオセッセウスを襲った。しかしそれらをすべて書き入れることはこの場ではながくなるのでやめておこう。

おわり
[PR]
by pypiko | 2017-01-06 10:28 | オデッセウス