瑠璃のかなたに

<   2017年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

伊作文 ラテン語読本 3-3

Latino3-3
Gli ebrei usavano latino, greco ed ebraico.
Quando nella terra ebraico che era sotto la supervisione di Pontes Pilato, Christ morì, greco, latino ed ebraico furono stati scritti sulla sua croce.
Pilato era Re ebraico. Ma tra queste lingue, latino occupava la posizione di numero 1, perchè era la lingua dei Romani. Ll poeta di Roma Virgilio chiamava Romani “dominatori e tribù che indossano una Toga”.
Anche per noi oggi lingua latino ancora è utile, perchè questa lingua è ben noto.
Frencia, italia, spagna sono lingue le cui origini sono latino. Anche inglese hanno molte parole condotte da latino.
Quindi si potrebbe dire che ancora si usa il latino, cioè non si può chiamare questa lingua morta. Latino è ancora vivo e prospero in conversazioni e in lingua scritta.
[PR]
by pypiko | 2017-02-26 13:30 | 語学

伊作文 ラテン語読本 3-2

Latino3-2
A quel tempo molte razze umane si trovavano nel stesse Impero.
Ogni persona aveva ogni parola.
I Romani diero a tutte persone non solo la pace ma anche la sola lingua.
I Romani costrinsero a imparare alle altre razze la lingua dei Romani, perchè i Romani li aveva vinto.
Così galli, arabi cominciarono a comprendersi fra di loro usando latino.
Egiziani, spagnori, ebrei e tante tribù orientali gia potevano parlare anche il greco.
Quindi molti di loro riconoscevano queste due lingue.
Così si può viaggiare facilmente in tutte regioni nell’Impero romano.
[PR]
by pypiko | 2017-02-26 13:27 | 語学

伊作文 ラテン語読本 3-1

3-1
Dopo la vittoria di Romani, Augustus affidato la pace nel mondo, chiuse la porta di Tempio di Dio Yanus secondo l’usanza di Roma, perchè la porta era sempre aperta per lungo tempo.
Romani non erano abituati a questo.
Tutti le guerre finì, in tutto l’impero romano la pace fu distributa.
[PR]
by pypiko | 2017-02-26 13:26 | 語学

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本 4

4ダイダルス
ダイダルスは工芸品製作の巨匠であった。全ギリシア中で有名であった。彼は神殿を立てた。そして神の素晴らしく美しい像を作っていた。当時姉妹の息子を殺したために裁判官によって有罪と宣告され、クレタ島へ送られた。長い間、ダイダルスは囚われの身のまま息子のイカルスと共にそこにとどめ置かれていた。
ついに翼が完成したとき、ダイダルスは息子のイカルスに言った。
「我々は牢獄に阻まれているように海に阻まれている。我々は船を持っていない。しかし技術によって道は開かれるであろう。もしお前が父の忠告に従うならば、空の安全は保証されるであろう。」
それからダイダルスは二人の背に翼をロウで固定した。直ちにイカルスは空へ舞い上がった。やがて太陽の近くを飛んでいたのでロウが溶け出して、少年は海へ墜落した。そして無謀さゆえにその罪を死で支払うこととなった。
一方ダイダルスは無事にイタリアへ飛んだ。その後神殿を建てアポロンのために祭壇を作った。
[PR]
by pypiko | 2017-02-23 14:09 | その他

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本 3-3

ラテン語つづき
ユダヤ人たちはラテン語、ギリシア語のみならず、ヘブライ語も使っていた。
ユダヤ人の土地でポンテス・ピラトーの監視下でキリストが死んだとき、十字架にはギリシア語、ラテン語、ヘブライ語が書かれていた。ピラトーはユダヤの王である。しかしこれらの言語のうち、ラテン語が第一番の地位を占めていた。
それがローマ人の言葉であったからである。このローマ人を詩人ベルギリウスは“支配者にしてトガをまとった種族と呼んだ。
我々にとっても、また今日ラテン語は有用な言語である。何故ならその言語はよく知られているからである。ラテン語を起源に持つ言語、特にフランス語、イタリア語、スペイン語のほか英語もまたラテン語から導かれた言葉が非常に多い。従って未だにラテン語を使っていると言える。それ故、この言語を死語と呼ぶことはできない。ラテン語は会話においても書物においても未だ生きて栄えている。
[PR]
by pypiko | 2017-02-23 14:04

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本 3-2

ラテン語つづき
当時一つの帝国の中には多くの民衆がいた。彼らのすべてはそれぞれ彼らの言葉を持っていた。これらのすべてにローマ人は平和だけでなく一つの言語を与えた。なぜならローマ人は戦争に勝ったのであるからローマ人の言語であるラテン語を学ぶことを彼らに学ぶことを強制した。
このようにしてガリア人、スペイン人、アラブ人はやがてお互いにラテン語で話したり、読んだりすることを学んだ。エジプト人、シリア人、ユダヤ人そしてその他の東方の種族にはギリシア語も知られていた。従って彼らにはこれら二つの言語が認識されていた。従ってローマ帝国のすべての属州の中で容易に旅行することが出来た。
アウグストゥスはローマにのみならず全世界に平和を委ねられた勝利の後ヤーヌス神の神殿の門を閉じた。ローマ人はこれをすることに慣れていなかった。すべての戦争が終了しすべてのローマ帝国の中で平和がもたらせられるのでなければならなかったからである。
[PR]
by pypiko | 2017-02-23 10:48 | その他

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本 3-1

ラテン語
アウグストゥスはローマにのみならず全世界に平和を委ねられた勝利の後ヤーヌス神の神殿の門を閉じた。ローマ人はこれをすることに慣れていなかった。すべての戦争が終了しすべてのローマ帝国の中で平和がもたらせられるのでなければならなかったからである。
[PR]
by pypiko | 2017-02-23 10:46 | その他

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本2-3

ローマの町つづき
インスラの間は道が狭く市民とあらゆる人種で満ち溢れていた。夜にはガラガラと音を立てる乗り物のため市民は」眠れないほどであったと言われている。
[PR]
by pypiko | 2017-02-23 10:38 | その他

伊作文 内視鏡的手術

Operazione endoscopica
A partire al vomito come proiettile del primo giorno, 3 giorni della fine dell'anno scorso e 3 giorni dil’inizio di quest'anno, sono passata senza avere mangiato nulla.
Dopo questo poco a poco potevo mangiare di più. Siccome io faccio vedere ogni due mesi al specialista di pancreas fegato malattia di Nagoya City University sono andata al ospidale al giorno di prossimo prenotazione il 11 gennaio.
Ho ricevuto l’esami di Gastroscopio e CT ed il i calcoli del tubo biliare sono scoperti.
La mia operazione endoscopica per estrarre calcole era previsto il 7 febbraio.
Io sono entrata in ospidale il 6 febbraio.
È stato fatto in anestesia generale.
Dopo il primo boccaglio in bocca che mi era stato messo in bocca, perdevo la conoscenza durante la operazione.
Io parlerò sul processo di operazione. Primo attraverso il boccaglio l’endoscopica è introdotta in bocca. Poi si fa avanzarlo stomaco, duedeno, fino all’ entrata di tubo biliare.
Poi nel tubo di endoscopica si fa entrare il catetere, se il catetere è arrivato all’ entrata vedendo il imazine di endoscopica fa attraversare entrata da cui fa entrare in tubo biliare.
Il punto di catetere è fatto perchè possa prendere calcola. La calcola afferrata è tirata a duedeno. Poi la calcola tirata è automaticamete evacuata con feci.
Ma dove il dotto biliare apre nel duedeno, il muscolo costrittore chiamato capezzolo circonda la entrata come anello. La uscita è stretta da questa capezzolo, questa cosa ostacola scarici di calcora.
Per questo la incisione dello sfintere papillare è stato fatta.
La mia operazione endoscopica paura avere mettre circa 2 ore. Durante la operazione mi stavo di fuori conoscenza.
Quando sono trasportata dal tavolo operatorio al stretcher per spostarmi nella camera d’ospedare sono appena ripresa i sensi.
Sul operazione endoscopica pensavo leggero. Ma per 2 giorni seguito operazione ero dura per me. Io sentavo intollerabilimente un pesantezza nel ventre. E avevo un capogiro provocato ogni cambio posizione. Io non ho potuto mangiare nulla per 2 giorni.
Ma al terzo giorno tutti sintomo brutto ha scappato.
Io ho domandato uscire dall’ ospedale al giorno successivo al mio medico perchè io ho voluto assistare alla classe italiano. Questo giorno era sabato. Io sono uscito mattina e pomeriggio ero alla clase itarliano.
Ammesso lunedì all'ospedale sono uscita dalla ospedale del sabato della stessa settimana.
Io potevo ricevere la lezione di Italiano senza assenza.
[PR]
by pypiko | 2017-02-18 21:43 | 語学

内視鏡的手術

初日の噴水状の嘔吐に始まって、昨年末の3日間と今年の年初めの3日間、約1週間の間全く食事を受け付けずほぼ絶食状態でした。少しずつ食事がとれるようになってきたので、お正月明けの11日まで待って定期的に見ていただいている名古屋市立大学で膵肝疾患専門のH先生の診察日に受診しました。胃カメラとCT検査を受け、胆管結石が発見され手術を受けることになりました。入院が2月6日になり2月7日に内視鏡手術が予定されました。
全身麻酔のもとで行なわれました。先ずマウスピースを口にくわえたあと術中の記憶がありません。手術は内視鏡の管が胃、十二指腸、膵管入口まで挿入され内視鏡の管の中を通してカテーテルが入れられ結石をキャッチし取り除いて十二指腸に落とされ自然に排泄されるのを待つそうです。ただし胆管が十二指腸に開くところに乳頭という括約筋がありこれが締め付けている状態なので出口が狭くなっていたそうです。私の場合胆嚢の中にはまだ小さな結石が残っているので乳頭括約筋切開術が施行され結石も自然排泄が期待されるそうです。
ところでこの複雑な手術の全行程は2時間ぐらいかかったそうですが、私には全身麻酔のもとで行われたので気が付いたら手術台から病室に移動するためのストレッチャーに移されるところで、アッという間の出来事でした。でもその後が大変でした。腹部の重苦しい感じと体位の移動ごとに感じるめまいなどで術後の2日間は絶食を余儀なくされました。3日目に自覚症状は嘘のようになくなり術後4日目に退院することが出来ました。
月曜日に入院し同じ週の土曜日の朝に退院。毎週土曜日に受講している土曜日の午後のイタリア語講座にも休まず出席することが出来ました。
今後はなるべく食べないようにしていたお肉も食べられるのではないかと期待しています。
[PR]
by pypiko | 2017-02-15 09:17 | その他