瑠璃のかなたに

<   2017年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

伊作文 ラテン語読本 14

14 Cicerone
Cicerone è nato alla famiglia di cavaliere alla città di tribù Volsci, Alpine. Uno dei suoi nonni aveva una verruca sulla punta del naso. Questo verruca era simile al cece. Da questa cosa Cicerone era dato come nome del suo clan.
Quando certa persone parlò male su questo, Cicerone disse. “Ti do attentazione. Perchè tu perda il bagliore del tuo nome nobile.”
Da bambino Cicerone era brillante tale da dirigere verso la casa da scuora circondato di amici come re.
Poichè i suoi genitori erano ubriachi della sua reputazione, visitavano spesso la scuora per vedere il loro figlio.
Tuttavia queste cose facevano provare tanti dispiaceri alle persone grezze e ignoranti. Loro rimproverò severamente atto di compagni di Cicerone.
Cicerone aveva il senso dell’umorismo. Restava calma quando nemici lo insultavano chiamando il clown del console.
Il genero di Cicerone era un uomo piccolo. Quando lo quardava camminare neco la sua spada lunga, lui desse; Chi legata con spada la mia famiglia ?
La moglia di certo uomo spesso ripeteva fingendo più giovane dell’ eta vera; “se sia almeno 30 anni fa”.
Sentito queste parole Cicerone disse; “già la sento dire queste parole per 20 anni”.
Quando uno dei due consoli morì l’ultimo giorno di dicenbre, Caesar annunciò che nominò Caninius console per le ultimo ore di questo anno.
Poì quando molte persone era in fretta per dare congrazioni a caninius, Cicerone disse; ci arriviamo in fretta, prima che Caninius lasci il posto.
Cicerone scrisse su Caninius; “Caninius era di un natura molto prudente. Non dormì mai mentre si trova nel posto di console”.
[PR]
by pypiko | 2017-05-28 07:23 | 語学

伊作文 ラテン語読本 13

13 Archimede
Archimede, che era stato catturato in Sicilia, difendeva Sicilia per lungo usando i sorprendenti armi di suo invenzione.
Il generale romano Marcello aveva diffidato siciliani dal fare la violenza a Archimede.
Una volta, quando Archimede disegnava le forme sulla piaggia, per sacceggiare un soldato romano stava per invadare in casa di Archimede.
Archimede chiese, “chi sei?” Allora il soldato era così nervoso da non potere dire niente. Allora Archimede gli disse. “Se non hai niente da dire, non turbare il mio cerchio.”
Quindi, Archimede fu ucciso da un sordato ignoto.
[PR]
by pypiko | 2017-05-22 21:01 | 語学

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本 14

14 キケロ
M.T.キケロはヴォルチ族の町アルピニの騎士の家系の生まれである。彼の祖父の一人には鼻の先に疣があった。その疣はエジプト豆の粒(キケル)に似ていた。
そのことから氏族名キケロがつけられていた。
そのことがある者たちによって悪口のために向けられたときキケロは言った。「私は君に注意を与えよう。君の名前が非常に高貴な名前の輝きに負けることのないように」。
キケロは学校から帰るときに同胞たちが彼を王であるかのようにとり囲んで彼の家へ向かったほどに輝いていた。
それどころか彼の名声に酔いしれて彼の両親は彼を見るためにしばしば学校を訪れていた。
しかしながらこのことは粗野で無教養な人々に苦々しい思いを抱かせた。彼らはキケロを取り巻く学友たちをひどく叱責した。
キケロは機知にとんだユーモアを愛するものであった。敵たちから執政官級の道化師だと呼ばれるのにも慣れているほどであった。
キケロの婿はキケロの家系のものであったが小柄な人物であった。彼が長い剣を帯びているのを見てキケロは言った。「誰が私の家柄を剣で縛り付けているのか?」と
ある人妻が実年齢よりも若いふりをして、せめて30年前だったらとたびたび繰り返していた。この言葉を聞いてキケロは「この言葉を聞いてもう20年目だ(もう20年間この言葉を聞いている)」といった。
カエサルは二人のうち一人の執政官が十二月の最後の日に死んだとき最後の何時間かの間カニニウスが執政官となったことを発表した。
そこでこれまでの習慣で多くのものがカニニウスに祝辞を述べるために急いでいた時にキケロは言った。「急いでいきましょう。彼が執政官の職を離れる前に」。
キケロはカニニウスについて書いた。「彼はすごく用心深い性格であった。彼は全執政官であった間眠ることはなかった」と。
[PR]
by pypiko | 2017-05-21 21:21 | その他

伊作文 ラテン語読本 12

12 Diogene
Diogene sentì Platone definire il uomo come il seguente.
Cioè: Il uomo è animale da due piedi senza penna.
Un allievo di Platone piaceva questa definizione, allora Diogene disse:
Guarda. Ecco, questo è uomo che Platone dice.
Mentre Alexander soggiornava a Corinto, andò da Diogene con un suo amoco.
Quando stette davanti a lui, salutò e pòi chese di dire il suo necessario.
Contro questo Diogenes disse a Alexander.
"Ce sarebbe uno solo. Lontanare un’ poco dietro dal sole.
Ascoltando questo, Alexander disse.
Allora, Alexander disse: Se no fossi Alexander, vorrei essre Diogenes.
Diogene andava in giro con lume.
Lui disse alla gente che chiedeva che cosa facesse.
"Ero ricercando una persona."
Poi Diogene disse, come criticare il sistema del Stato, “Nel Stato non c’è un uomo giusto per nome di uomo.
[PR]
by pypiko | 2017-05-21 21:09 | 語学

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本 13

13アルキメデス
シチリアに捕らえられていたアルキメデスは驚くべき戦術用機械を使って長い間シチリアを守っていた。ローマの将軍マルチェスはアルキメデスに暴力を振るわないようにシチリア人に警告していた。ある時アルキメデスが砂の上に図形を描いている間に略奪するために家に押し入ろうとしたローマの兵士に、「お前は誰だ」尋ねると兵士は緊張のあまり何も答えなかった。そこでアルキメデスはその兵士に言った。「もし何でもないなら、私の円を乱さないでくれ」といった。それ故、誰であるかわからない兵士に殺された。
[PR]
by pypiko | 2017-05-14 09:04 | その他

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本12

12 ディオゲネス
ディオゲネスはプラトンがこのように定義しているのを聞いた。
「人間は翅のない二本足の動物である」と。
プラトンの弟子がこの定義を気に入ったので、ディオゲネスが雄鶏をプラトンの学校へ持ち込んで言った。
「ほら見ろ。これがプラトンの言う人間だ」と。
アレクサンダーはコリントに滞在中、ディオゲネスを知るために仲間とともに彼のもとへ出発した。アレクサンダーは彼の前であいさつをして、その後何か必要なものを言うように要求した。
しかしディオゲネスはアレクサンダーに言った。「一つお願いがあります。少しだけ太陽から後ろに下がってください」と。
このこと聞かされてアレクサンダーは言った。
「もしアレクサンダーでなかったら、ディオゲネスでありたいものだ」と。
灯したランプを持ち歩いているディオゲネスは広場でとても明るい光を持って何かを探している人のように散歩していた。
何をしているのかと尋ねた人達に彼は言った。「私は人を探している」。
こう言って国家の体制を非難して続けた「人間の名にふさわしいものはほとんどいない」と。
[PR]
by pypiko | 2017-05-13 05:17 | その他

伊作文 ラテン語読本 11

Bias era uno dei 7 saggi della Grecia.
Una volta, navigava con i uomini cattivi.
Mentre navigava la sua nave fu sorpresa dalla tempesta di vento contrario.
Loro chiamarono dei.
A quel tempo, Bias gli disse. “ Zitto. Perchè li non se accorano quello che noi navigiamo."
I nemici avevano occupato la partia di Bias Priene.
Li fuggitivi eravano per fuggire portando molte cose da lì.
Ecco quando loro avevano consigliato a Bias di fare lo stesso, lui rispose come così.
"Io gia facio così, perché voi portate tutte le mie cose per me.
[PR]
by pypiko | 2017-05-07 06:36 | 語学

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本 11

ビアースはギリシアの七賢人であった。
ある時、邪悪な人間たちと同じ船で航海をしていた。
逆風の嵐で船は沖で波に投げられ、ゆすぶられたときに、彼らは神々を呼んだ。
その時、ビアースは言った。「だまれ。お前たちがここで航海をしていることを神々が気付かれないように。」
ビアースの祖国プリエネを敵が占領していた。
今、他の逃亡者たちは彼らのものから多くのものを持ち逃げしようとしていた。
そこで彼も同じことをするように忠告されたとき、彼はこたえた。
「私は実際そうしているのだ、なぜなら私のもののすべてを(つまりお前たちもこの船もひっくるめて)私が運んでいるのだ」と。
[PR]
by pypiko | 2017-05-05 17:14 | その他