瑠璃のかなたに

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本 17

ファエドロスのイソップ物語
散逸されていたイソップ物語(紀元前6世紀ごろの作品)が後年ファドロス(紀元1世紀前半の人)によって集められた。他に他の作者による小咄や逸話とともに約130編が集められている。ここではそのうちの4作品が紹介されている。


川を渡って肉を運ぶ犬
他者のものを求めるものは自分のものも失う。
犬が川を泳いで肉を運んでいるときに、水面に自分の姿を見た。今やもう一つの餌食が、他者によって運ばれているものと考えて奪い取りたくなった。今や彼は貪欲さゆえに、持っていた餌食を落とした上にさらに求めていたものに触れることさえできなかった。


狐の悲劇に寄せて
狐は偶然に悲劇の仮面を見た。
なんと見事な外見であることよ。しかしこれは脳を持っていない。
この言葉は運命の女神が、名誉と栄光を与えた人間に対して当てつけて言われたものである。


人間の欠点について
ゼウスは我々に二つの頭蛇袋を持たせた。背中には自分の欠点を満たした袋を背負わせ、胸の前には他人の困難を満たした頭蛇袋をつるさせた。このため我々は自分の不幸を見ることが出来ない。すなわち他人が罪を犯すとたちまち我々自身が検察官となる。


引き裂かれた蛙と牡牛
無力なものが強力なものをまねたがっている間に死んだ。
ある時、蛙が牧草地で牡牛にあった。
牡牛の大きな体格に嫉妬して、蛙はしわの寄った外皮を膨らませて、蛙は牡牛に向かって、彼らが生まれた時、これよりも大きかったかどうかとたずねた。
牡牛たちはもっと大きかったと答えた。蛙はさらに外皮を膨らませて同様にたずねた。
彼らはもっと大きかったと答えた。
怒った蛙はより大きくなることを望んでさらに膨らませた。ついに蛙は外皮が破裂して死んだ。
[PR]
# by pypiko | 2017-06-29 18:23 | その他

伊作文 ラテン語読本 16

Umorismo romano

Nausica è venuta da Enius, poeta romano.
Quando alla porta Nausica aveva chiesto un incontro con Enius ascoltò la domestica dire che il padrone non stesse a doma secondo il ordine di padrone. Ma Nausica sentiva che Enius aveva stato a casa.
Dopo alcuni giorni quando Enius venne da Nausica, Nausica gridò; Nausica non sta a casa.”
Allora Enius disse; “Perché dici che io non conosco la tua voce?”
Allora Nausica disse;
“ Quando ti avevo visitato ho creduto la paroa della sua domestica che tu non stesse a casa. Ma ora non credi a me?”


Quando un uomo aveva detto che sua moglie si era appersa un ramo di fico il suo amico disse; “Mi dà il ramo. Vorrei riprodurla per metodo di talea.”


Un uomo tra la stessa famiglia di Catolu disse; “ Catulus è cativo oratore.”
Catolus dopo un discorso, perchè pensò di avere guadagnato la compassione, chiese seduto accanto a lui. “ Io ho sustitato la compassione al publico.” Allora questo uomo disse;
“ Il tuo dicorso ha fatto ispirare a tutti la grande comassione.” E aggiunse; “ penso che nessuno sia tanto duro a cui il tuo dicroso non fa ispirare la compassione.”
[PR]
# by pypiko | 2017-06-13 14:56 | 語学

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本 16

ローマのユーモア

ナシカがローマの詩人エニウスのところへやって来た。玄関のところで会見を願ったところ、女中が主人の命令で主人の不在を告げるのを聞いて、主人は在宅であるのを感じた。 
幾日もたたない少しあとでエニウスがナシカのもとへやって来た時、彼は戸口のところでナシカとの面会を求めたとき、ナシカは家にいないと叫んだ。その時エニウスは「なぜだ。私がお前の声を知らないというのか」と言った。
「私はあなたをたずねたとき、あなたの女中があなたは家にいないというのを信じた。あなたは私を信じないのか」

自分の妻をさがしていたある人が「妻はジクの木にぶら下がっていた」言ったとき、彼の親しい友人が「どうかお願いだから、その枝を挿し木するから(再生させることを暗示しているのか?)」といった。

同族の間である人がカトールスは演説が下手くそだといった。カトールスは結論において自分は同情心を引き起こしたと考えたので演説の後で彼のそばに座って尋ねた。
「自分は聴衆に憐憫を起こさせたようであったか」と尋ねた。
すると彼は「いや全く、大変な憐憫を起こさせたとも」と答えた。そして付け加えていった「誰も憐憫に値すると思わないほど心無い人はいない」と。
[PR]
# by pypiko | 2017-06-13 14:52 | その他

伊作文 ラテン語読本 15

15 Cesar
Dopo la guerra civile Cesar fu eletto dittatore, poì stava diventando sempre più gonfio.
Anche se i senatori avviconarono da lui, sedeva ricevendoli senza stare in piedi..
Quando un senatore aveva suggerito a stare in piedi, si voltò verso a lui con viso arrabbiato.
Ma una volta Antonius di suo collega di avvicinarono Caesar mise la corona come segno di re sul sedio dorata di Caesar davanti al podio. Per tutti altri eta l’atto dispiacevole.
Da qui un complotto fu tramato da più di 60 uomini con Cassius e Bruto come leader.
Il 15 marzo, quando Caesar venne al Senato, qualche persone lo circondarono seduto fingendo di avere un impegno.
A questo punto uno tra loro avvicinò Caesar più vicino come per pregare qualcosa e staccò la toga dalle sue spalle.
Mentre Caesar gridava “Questo è certamente la violenza”, Cassius ferì Caesar un’po sotto della gola.
Dopo Caesar aveva preso braccio di Cassius e lo aveva punto con proprio stilo, cercò di fuggire. A questo tempo lui ricevè ancora un’ altra ferita.
Conosciuto questa cosa, Caesar sfoderà suo pugnare, lo puntò dappertutto a se stesso e avvolse la testa nella toga. Poì fu pugnalati con 35 pugnalate.
Caesar era un più alto uomo della media da occhi neri e la testa calva. Particolamente la sua testa calva era oggetto di ridicolo.
Per Caesar bruttezza di questa testa era dispiacevole.
Quindi tra i onori che erano dati a lui, gli piaceva più di tutti il diritto di mettere la corona d’alloro sulla testa , dato da Senato e cittadini.
Che lui si moderava nel bere vino, era saputo anche dai nemici.
Dunque Catone diceva semple, “Caesar complotta per rovesciare lo stato senza vino.
Caesar era familiare con i militari e l'equitazione.
Lui faceva incredebilmente sforzi in tutti le cose.
Quando i militari marciavano in formazione di batteglia lui avanzava più spesso in piedi in testa. E in pieno sole e in piaggia camminava senza il cappello. Lui avanzò molto lunga distanza con la incredibile verocità.
Era tanto veloce da sorpassare il suo messenger che era inviato da lui per primo. Quando il fiume ostacolò la strada, attraversò il fiume nuotando ed aggrappando il sacco di pelle gonfrata .
[PR]
# by pypiko | 2017-06-04 12:24 | 語学

松平千秋 国原吉之助共著 ラテン語読本 15

15 カエサル
内戦が終わってカエサルは独裁官に選ばれ、ますます傲慢になり始めた。元老院の議員たちがやってきても、座ったまま応対した。そしてある議員が立つように促すと怒った顔でそのものの方を振り向いた。
しかしカエサルの仲間であり、執行官職において同僚であったアントニウスは演壇の前のカエサルの黄金の椅子に王のしるしとしての王冠を置いた。
それ故にカシウスとブルータスを指導者として60人以上の男たちによって陰謀が企てられた。
3月15日カエサルが元老院にやってきたとき数人が用事を口実に座っているカエサルを取り囲んだ。そのうち共謀者の一人が何かを懇願しようとするかのようにより近くに近づいた。そして彼の肩からトーガをつかみ取った。
それから「たしかにそれは暴力だ」と叫んでいるカエサルをカシウスが彼の喉のすこし下を傷つけた。カエサルはカシウスの腕をつかんで鉄筆で刺したあと、跳んで逃げよとしたときもう一つの傷を受けた。これに気付いたとき、自分自身の短剣を抜いていたるところを刺し、トーガで頭を包み、その後35の刺し傷で刺殺された。
カエサルは背が高く、目が黒く、禿げ頭であったのでたびたび笑いの的になっていた。カエサルはこの頭の醜悪さを不快に思っていた。そのためすべての名誉のうち、元老院と市民により決議された月桂冠を被る権利を喜んで利用した。彼がワインを節制していたことは敵たちでさえ否定していなかった。それゆえカトーは常に言っていた。「カエサルは国家を転覆させることをしらふで計画している」と。
カエサルは軍隊と乗馬に精通していた。信じることが出来ないほど努力家であった。行軍隊形の時に馬にのって、より頻繁に徒歩で先頭に立って進んだ。日照りでも雨の時でも頭の被り物はとりさっていた。非常に長い道のりを信じられない速度で進んだ。しばしば自分のもとから派遣された伝令を追い越すほどであった。川に阻まれた際には泳いで渡るか膨らんだ革袋につかまって渡った。
[PR]
# by pypiko | 2017-06-04 12:15 | その他