瑠璃のかなたに

大村雄治・古川晴風・有田潤共著 やさしいラテン語読本 9 

ケレスとペルセポネ 6
それからペルセポネはメルクリウスと黄泉をでていった。
メルクリウスは丈夫な馬を駆り立てて高い山と広い野原を勇んで走った。
ついにペルセポネは金色の髪の女神の社をみた。
乙女はうれしげに、はずむ言葉で女神の名を呼んだ。
ケレスは大喜びで社から飛び出してきて、可愛い娘になんどもくちづけをした。
突然、牧場に草が、ブドウ畑にブドウの房が茂ってきた。なぜならケレスとペルセポネがもう泣いていなかったから。
他の神々も喜んだ。農夫たちが社にたくさんの贈り物を運んできて祭壇に犠牲獣をほおったからである。
[PR]
# by pypiko | 2017-10-22 19:36 | その他

伊作文 やさしいラテン語読本 8

Ceres e Persephone 5
Pòi Ceres uscì dalla capanna dell’agricoltore.
Ma i membri della famiglia piansero e anche Tryptoteres pianse perché ora non poté dormire sulle gambe della dea.
Al mattino presto, l’agricoltore, riunito gli uomini del vilaggio, raccontò le parole e le azioni della dea .
Gli uomini e le donne portarono molte pietre a questo luogo e costruirono un grande tempio.
Sull’altale di questo tempio offerivano sacrifaci e adoravano la dea.
La dea contenta del dono del popolo visse a lungo nel tempio.
D'altra parte, sugli altari degli altri dei non c’erano nè frutta, nè uva, nè rosa.
L’erba di pascolo non più aveva fiori e il grano di campo non più dava frutti.
Così, Giove disse alla dea. "Plutone tiene tua figlia.”
Adesso Persephone è la Regina dell’inferno.
Ma Mercurius andrà rapidamente all’inferno, la riprenderà e la porterà nel tuo tempio."
Quindi Mercurius presto andò nell’inferno.
Persephone sedeva su un divano con suo marito.
Lei era triste, perchè voleva vedere sempre la cara dea.
Era contenta d’aver visto Mercurius.
Lei disse. "Lo vedremo di nuovo la mia cara dea. Ceres ritroverà sua figlia. "
Quindi Plutone pregò Persephone con parola dolce; "E voi, Persephone se si ricorda di me Plutone ti sarei sempre grato.
Ancora una volta sarai Regina dell’ inferio.
Ora il ciero è blu, ma fra poco il ciero sarà freddo, ed il vento del campo anche sarà freddo.
Allora vorresti vedere tuo marito e il interno del tuo paese. Oh carina. addio la Regina. "
[PR]
# by pypiko | 2017-10-22 12:40 | 語学

大村雄治・古川晴風・有田潤共著 やさしいラテン語読本 8

ケレスとペルセポネ 5
そうしてケレスは農夫の小屋を出て行った。
けれども家族のものは涙を流し、またトリプトテレスも、もう女神の膝で眠れなかったので泣いた。
朝方、農夫はあたりの男女を呼び集め、女神の言行を物語った。
男や女はたくさんの石を運んできて、大きな社を築いた。
社殿の祭壇で彼らは犠牲獣をほうり女神をあがめた。
人々の贈り物に女神は喜び、長らく社に住んだ。
一方、他の神々の祭壇には果実もぶどうもバラもなかった。
もう牧場の草の草も畑の果実も花をつけなかった、ケレスが娘のことでまだ泣いていたから。
かくてユピテルは女神に言った。「プルトがおまえの娘を持っているのだ。
ペルセポネは黄泉の女王なのだ。
けれどもメリクリウスが黄泉へいそいで行って、少女をお前の社まですばやくつれてくるであろう。」
それからメリクリウスは黄泉は急いでいった。
ペルセポネは夫とともに長椅子に座っていた。
彼女はみじめであった。なつかしい女神にずっと会いたがっていたから。
彼女はメルクリウスを見て喜んだ。
彼女は言った。「ふたたびなつかしい女神に私は会えるでしょう。ふたたびケレスは娘を取り戻すことでしょう。」
するとプルトはやさしい言葉で女神に懇願した。「おお、ペルセポネおまえがわしを覚えていてくれれば、プルトはいつでもありがたく思うであろう。ふたたびおまえは黄泉の妃となるがよい。
今は空は青く牧場は楽しいがやがて空は冷たくなり風も畑も冷たくなるであろう。
その時お前はふたたびお前の夫と黄泉の国が恋しくなるだろうよ。おお可愛い女王よ、ごきげんよう。」
[PR]
# by pypiko | 2017-10-15 08:43 | その他

伊作文 やさしいラテン語読本 7

Cerere e Persefone 4
Una volta la luna e le stelle brillavano nel cielo.
Ovunque sulla terra, l’uomo e la donna rilassavano la mente dormendo.
Tuttavia, Metania non riusciva a dormire. Stava tranquillamente guardando la dea e il ragazzo.
Ceres stava presso la culla del bambino e stava recitando la parola di un Dio misterioso.
Poì tenendo il ragazzo nella sua ginocchia camminò verso il forno.
Allora cosa accadde? Tryptolemus giaceva tra le fiamme nel forno.
Mentre Metania tremando si avvicinò al forno gridando "Oh mio figlio".
Poi la dea arrabbiata afferrò il bambino dal fuoco e gettò sul pavimento e disse a Metania. "Tu, sei una donna peccaminosa stupida.
Tryptolemus non potè dovenire Dio. Perchè lui è il figlio della donna stupida.
Tuttavia, perché si trovava nelle ginocchia della dea, diventerà grande uomo.
Io e mia figlia lo educheremo per quello scopo.
Lui diventerà maestro di aguicultore per insegnare a coltivare grano e vino. "
[PR]
# by pypiko | 2017-10-15 06:51 | 語学

大村雄治・古川晴風・有田潤共著 やさしいラテン語読本 7

ケレスとペルセポネ4
ある時、月と星が空に輝いていた。
地上のいたるところ、男も女も眠りによって心をやすめていた。
けれどもメタニアは眠れなかった。彼女はそっと女神と男の子を眺めていた。
ケレスはこどものゆりかごのそばにいて、不思議な神のことばをとなえていた。
それから少年を膝に抱き、そして炉の方へ歩いて行った。
どうだろう! トリプトレムスは炉の炎の中に横たわっていた。
メタニアはおののきながら「おお、わが子よ」と叫んで炉へ近づいた。
すると女神は怒って子供を炎からつまみ出すと床に投げてメタニアに言った、「おお、おまえはおろかな罪深い女であった。
トリプトレムスはおろかな女の息子だから、神になれぬであろう。
けれども女神の膝によこたわっていたのだから、偉大な人間になるであろう。
私と私の娘ペルセポネがトリプトレムスにものを教え育てるであろう。
彼は農夫の教師になるであろう。穀物と葡萄酒を農夫どもに教えるであろうから。」
[PR]
# by pypiko | 2017-10-10 08:31 | その他