瑠璃のかなたに

やさしいラテン語読本 41

41 ミューズとセミ

ギリシャの山々の間に。いろいろな花のいっぱいある、あらゆるものがよく実る一つの谷があった。

山々からの冷たい水が流れ下り、緑の野を通っていた。

たくさんの羊たち、馬と牛の群れがの山に遊んでいた。

谷は緑の山々でまわりを取り囲まれていて、山々が白い雪で覆われる冬にも、生き生きとした燕が軒端に巣を作る春にも、旅人は誰一人そこに入ってこなかった。

こうして住民は外界のことを知らず、安楽幸福に暮らしていて、何の心配もなかった。


[PR]
# by pypiko | 2018-06-07 19:26 | その他

伊作文 やさしいラテン語読本 40

40 Corpi di serpenti

Durante la prima guerra punica( 264-241aC) una voltal’esertito romano mese un campo sulla riva del fiume Bagrada africano e sconfiggevale truppe nemiche in diverse battaglie grazie il morale di soldati.

Tuttavia, dopo pochi giorni apparve un enorme serpente eimpedì alle truppe romane di usare il fiume.

Prima isoldati attaccarono il serpente con frecce e lance dalla fortezza, poi ilconsul Regulus inviò un grande esercito.

Il serpent tese molti sordati in enorme bocca e ne spezzòmolti con la coda tortuosa. I sordati rimasti fuggirono verso il campo per iltroppo spavento.

Il giorno successivo l'intero esercito fu messo sul campodi battaglia.

Era una lunga e intensa battaglia.

(36.576metri)Alla fine la catapuruta fu avvicinata. Ilserpente fu ucciso con molte ferite dalle pietre.

Quindi il sangue del mostro si versò nel fiume vicino. El'intera area vicina era macchiata di veleno.

Quindi l'esercito romano mosse il campo al altro posto.

Portarono la pelle delle centoventi piede (36.576metri) aRoma.

Era dedicato al tempio romano.


[PR]
# by pypiko | 2018-06-05 22:03 | 語学

やさしいラテン語読本 40

40 蛇の軍団

第一次ポニエ戦争の際、ある時ローマ軍はアフリカのバグラダ川のほとりに陣を布き、兵士の高い士気のおかげで幾たびかの戦闘で敵軍を破った。

ところが数日後の巨大な蛇が現れ、軍隊が川を利用するのを妨げた。

兵士たちは、はじめ堡塁から矢と槍で蛇を攻撃しうだ、そのあとでコンスルのレグルスが大軍を差し向けた。

蛇は巨大は口で多数の兵士をくわえ、曲がりくねった尾で多数をうちくだいた、残った兵士は恐ろしさのあまり直ちに陣営の方へ逃げた。

翌日全軍が戦場に投入された。

長い激しい戦いが行われた。

彼らはついに投石機と弩砲を接近させた。蛇は石でたくさんの傷を受けて殺された。

そうすると怪物の血が近くの川に流れ込んだ。そしてあたり一帯が毒気で汚された。

それでローマ軍は陣地を移動した。

百二十フィート(36.576メートル)の皮を彼らはローマに運んだ。

それをローマの神殿に奉納したのだった。


[PR]
# by pypiko | 2018-06-05 22:01 | その他

伊作文 やさしいラテン語読本 39

39 Cyros, Croesus,Solon 3

La mattinaseguente gli schiavi fecero un rogo grande e ci misero Croesus.

A quel tempo,Croesus pensò al suo disastro, fece una faccia triste, sollevò una vocelamentosa dal profondo del suo cuore e ricordò le parole di Solon.

"Pensavo alungo che fossi più felice di qualsiasi altro. Ma non esiste una persona cosìpovera. Devo ricevere una pena di arroganza e follia. "

Cyros ascoltò leparole di Croesus e vidi la sua faccia triste, disse provando una tristezza. Anch'iosono un umo. Oggi sono felice ma non è detto che si faccia sempre bene. Forsechiederò i benefici degli dei immortali. "

Libereròprigioniero da catene e fiamme.

Ma gli schiavi eranoestendendo le torce con il fuoco al rogo. Poì subito la fiamma circondò il rogocon Croesus.

Quando era pensatoche il suo morte si avvicinasse sollevò le mani verso il cielo.

Allora all'improvvisoApollo fece piovere dal cielo limpido e la pioggia si versò sul rogo.

Poi Cyros liberòil prigioniero e lo fece un caro amico per molti anni.


[PR]
# by pypiko | 2018-05-27 07:38 | 語学

やさしいラテン語読本 39                         

39 キュロス クロエスス ソロン 3

朝になると奴隷たちは巨大な火刑台を作り、クロエススをそこへ乗せた。

その時クロエススは自分の災禍を考え悲しげな顔をして心の底から嘆きの声を上げソロンの言葉を思い出していた。

「わしは自分がいかなる人よりも幸せであると長年考えていた。

しかし今、これほど哀れなものはいない。

傲慢と愚かさの罰を受けねばならぬ。」

キュロスはクロエススの言葉を聞き、悲しげな顔を見た時、哀れに思って言った。

「わたしも人間である

今日は幸せであるがたぶんいつもうまくいくとは限らない。

たぶん私は不死の神々の恩恵を求めることとなるであろう。」

囚人を鎖と焔から解放しよう。」

しかしすでに奴隷たちは火のついた松明を梁木に差し伸べた。炎は火刑台をほとんど取り巻いていた。

最後の迫ったクロエススは天に向かって手を差し伸ばした。

突然アポロが澄み渡った空から雨を降らせ雨水を火刑台に降り注いだ。

こうしてキュロスは囚人を解放し長い年月クロエススを親友としたのであった。


[PR]
# by pypiko | 2018-05-21 19:39