瑠璃のかなたに

大村雄治・古川清風・有田潤共著 やさしいラテン語読本 37

37 クロイソス  デルポイの神託 ソロン 1

かつてリュディアで、富裕のために全民族に名の知られたクロイソス王が治めていた。

リュディアはペルシャに隣り合ったアジアの一地域である。

またエーゲ海のかなたの遠くないところにギリシャ人が住んでいた。

クロイソスはギリシャの神々を崇め、またしばしばデルフィの神殿に非常に貴重な贈り物、金銀、その他の宝物を献じた。というのはどんな王よりも裕福であったからである。

それ故ギリシャ人はクロイソスを愛し、旅人はしばしばリュディアの海岸へ航行した。

たまたま旅人に交じって、最高の賢者ソロンがクロイソスの客となってやって来た。

彼は、彼の祖国のどの市民よりも賢かった。

彼がクロイソスの富と豪華で美しいすべてのものを称賛したとき、クロイソスは言った。「客人よ、あなたは私を誰よりも幸せなものと呼ばれないのか? 私はあなたの国のどの市民よりも私は幸せではないのか?」しかしソロンは答えた、「クロエソスよ。今日のところは、」あなたは確かに幸せです。しかし、いつかはおそらくひどい悩みに苦しめられるでしょう。

私は誰でも生きている人のことを、幸せな人とは呼びません。」


[PR]
# by pypiko | 2018-04-30 18:28 | その他

伊作文 やさしいラテン語読本 36

36 Esercito romano

L'esercitocartaginese mise in fuga l'esercito romano che combatté con Hannibale sul LagoTrasimeno.

Quasi tutti igiovani romani che parteciparono alla battaglia furono uccisi dall'esercitocartaginese.

Solo pochi erano indenni.

Nessuno deiromani che rimanevano a Roma pensavano che i soldati che partecipavavo allabattaglia non potessero tornare.

Molte persone cheascoltarono la sopravvivenza dei loro figli non furono convinti della notizia adcausa dei loro piacere inaspettato, di cui arcuni, non appena ebbero ascortati,se ne moririno per il troppo piacere.

Le storie di quelledue madri sono famose.

Una madre cheaccolse suo figlio senza incidenti morì alla porta tenendo suo figlio alle braccia.

L'altra madre chefu stata fatta sapere la morte dei suo figlio per sbaglio, avendo appenaguardato suo figlio emise il suo respiro nel luogo stesso.


[PR]
# by pypiko | 2018-04-30 18:00 | 語学

伊作文 やさしいラテン語読本 35

35 Iphigenia 5
Dopo avere detto così procedé verso l’altare e versando il sangue diede la sua vita per Grecia.
Quando i soldati greci guardarono la fanciulla coraggiosa con il cuore della misericordia e dell'amore, nessuno riuscì a trattenere le lacrime, tutti alzarono una voce addolorata.
Dopo che i greci calmarono la volontà di Diana con il sangue della ragazza, le loro navi salparono verso la costa asiatica gonfiando le velle bianchi con vento favorevole.
Ma fu inutile avere assediato Troya per anni.
Alla fine, con l'aiuto degli dei immortali, bruciarono la città e riportarono una grande quantità di bottino nel paese.
Anche Menelao riportò Helena nel proprio palazzo reale di Sparta.
[PR]
# by pypiko | 2018-04-22 19:11 | 語学

大村雄治・西川清風・有田潤共著 やさしいラテン語読本35

35 イピゲニア5
そういうと彼女ははればれとした顔で祭壇に進み血を流して命を落とした。
ギリシャ兵たちは憐れみと愛の心を込めて勇敢な乙女を見たとき、誰一人涙をおさえることが出来ず、全員深い嘆きの声を上げた。
かくてギリシャはディアネの神意を乙女の血でなだめるや白い帆に順風をはらませてアジアの海岸へ向けて出帆して行った。
そこで何年もの間トロヤを包囲したが無駄だった。
けれどもついに不死なる神々の援助により都を焼き払い多大の戦利品を故国に持ち帰った。
メネラウスもヘレナをスパルタの王宮へ連れ戻したのであった。
[PR]
# by pypiko | 2018-04-22 19:07 | その他

大村雄治・ 古川晴風・有田潤共著 やさしいラテン語読本34

34 イピゲニア 4
かくてイピゲニアは希望にあふれギリシャ軍の陣営にやって来た。
彼女は王をみるや懐かしい父(王)にかけよって首に白い腕を巻き付けた。
しかし王のかなしげな顔を見て言った、「父上様どうして悲しげ顔をしてあなたの娘をお迎えのなるのです。
娘をご覧になりたくないのですか?」
するとアガメヌノンは娘にすべてを話した。
イピゲニアは神託の恐ろしい答えを聞くや全身がぞっとして震えた。
彼女は地にひれ伏して父の膝と手を握り締めた。
涙ながらに許しを請うた。
「若者の一団が私を夫の家まで連れて行くことはないのですね?」
可愛いい子供を見ることも赤ん坊を抱くこともなく私は乙女のままで黄泉の神々のところへ下りていくのですね?」
けれども運命が確固として動かしがたいものであると考えた時、彼女は死ぬ心を固め気丈で高貴な娘であることを示した。
彼女は言った、「私が退けるのは死ではなく臆病です。
私は黄泉の国の神々のもとへ進んで下りてまいります。私の死によってギリシャ兵と祖国ギリシャをお守り致しましょう。
黄泉の国へ下りていくのは乙女のままでもなければ可愛い子供たちなしでもありません。ハデスが私を妻となさるでしょう。私にはギリシャ兵と祖国ギリシャが子供となることでしょう。
かくて黄泉の人々も地上の人々も私の最上の栄誉をお与えになるでしょう。進んで祖国のために命を捨てに行くのですから。
[PR]
# by pypiko | 2018-04-12 19:13 | その他